リスニングママプロジェクト<東京都>ママそら「子育て応援企画」NO.008


42730968_2034065413326901_7642440973728874496_n

「地域のつながりとは別に、こんな仲間づくりも、一生ものの財産になりますよ。」

「ひとりひとりの気持を大事にしながら自分らしく生きていける未来のために、活動しています。」
ママが抱える小さな声を大切に寄り添い、ママが自分らしく生きていける未来のために活動を続けておられるリスニングママ・プロジェクトさんの素敵なメッセージをぜひご覧ください☆

【活動名】
リスニングママ・プロジェクト

【主な活動場所】
オンライン(世界からアクセス可能) 時々地域のイベントやサークル、PTAでの講演もしています。

【活動している主な曜日や時間】
今は日本時間の午前中と、夜21時台が多いです。海外からの参加者が増えたらいろんな時間帯で活動できる予定です。

【活動内容】
メインは1対1での「おはなしデー」。インターネットの無料通話を利用して、20分間お話を聴きます。
妊婦さんから小学生までの子育てをしているママのための、なんでも話せる時間を提供しています。
聴き手は同じ子育て中のママが傾聴のトレーニングを受けてボランティアで活動しています。
それ以外には「子どもの話を聴くコツ」や「怒りのヒミツ」など、コミュニケーションやココロにまつわる講座や、お話会なども開催しています。

【活動を始めた時期】2011年5月13日
2011年3月の東日本大震災の後

【活動を始めたきっかけ】
それまで私はリアルでママどうしが交流できる場づくりをしていたのですが、震災直後は、余震や放射能の心配から、小さな子を連れて出かけるのを控える空気がありました。
もともと育児中の孤立感をなんとかしたくて場づくりをしていたので、このままではみんなが密室の中で孤独に不安なまま子どもと過ごすことになると思うといたたまれなかったのです。
家にいながら、誰か大人と話ができる方法は?そうだ、インターネットの無料通話ならPCやスマホで出かけずにお話ができる!そう思いついて、SNSで「お話聴きますよ」という呼びかけをしました。

実際にお話聴いてみると、不安を誰にも言えてなかったり、実家や近くのママ友との安全への感覚の違いでモヤモヤしていたり、子どもの外遊びで迷っていたりと様々な声があがり、そして20分話すと、どの方も元気を取り戻していかれるのが印象的でした。

震災の影響が収まった後も、オンラインの通話には、大きな可能性があると思い、活動を広げる決意をして、ボランティアで聴き手をやってくれる仲間を募りました。海外駐在や転勤、子どもの病気など、自分の気持を気兼ねなく大人と話せる場の必要性は高いのです。

2019年1月現在で、聴き手は10名ほどに増え、着実に活動を広げてきています。

50982539_314547352521585_8053001622017540096_n

【最近あった嬉しい出来事】
口コミで活動を広げてきましたが、時々新聞やTV、WEBメディアなどに取り上げられるとぐっと利用が増えます。
この1月にNHKの『すくすく子育て』で活動を紹介していただいた後、新規の利用者さんがたくさんアクセスしてくださって、メンバー全員本当に喜んでいます。
また、数年前にPTAで「子どもの話を聴くコツ」講座に参加してくださった方が、今年の聴き手養成講座の説明会に申し込んで下さるなど、続けていて循環ができてきた、という手ごたえを感じています。
image (1)

【メッセージ・目標】
「なんでも話せる場」と言われても、「特に話すほどのことはない」と思われるかもしれません。
でもね、話しだしてみると、どんどん出てくる方、多いのですよ。
そして「こんなに話したいことあったんだ」と発見したり「こんなにスッキリするなんて!」と驚かれたり。

私たちは、相談の窓口ではないので、本当に、話し手さんが話したいことを丁寧に聴いていくだけなんです。
そうすると、元々ご本人が持っているその人の力を引き出されてくるんです。そのお手伝いをしていると聴き手も元気が引き出されてくる。話し手も聴き手もお互いにエンパワーされるとても幸せな時間です。
「こんな風に話を聴いてもらったのは初めて!」という感想もいただきます。どうぞ、気軽に、試してみていただけたら嬉しいです!

そして、聴き手として一緒に活動してくれる仲間も大歓迎。パートナーの転勤があっても、変わらない所属と役割があることで本当に助けられた、とあるメンバーは言っています。

地域のつながりとは別に、こんな仲間づくりも、一生ものの財産になりますよ。
アメリカ、オーストラリア、香港、宮城、兵庫、鹿児島、、、たくさんの地域に仲間がいることで、子育ての視野も広がります。

46756149_2121274271272681_1891378703804399616_n

また、聴き方を身に着けたことで、自分自身の子育てやパートナーシップがものすごく良くなってる!という声も。

私たちの目標は、この聴き方ができる人がたくさんになって、誰もが聴いてもらえる場があって、リスニングママ・プロジェクトがいらなくなる社会を目指しています。
聴く力が当たり前。
聴いてもらえる場が当たり前。
そんな中で子どもたちが、ひとりひとりの気持を大事にしながら自分らしく生きていける未来のために、活動しています。

【連絡先・URL】
公式HP https://lis-mom.jimdo.com/
お問合せ https://ssl.form-mailer.jp/fms/4668fe60452219

ライター:東京支部 辻 亜耶(2019.3.18)


★コメントや「いいね!」でママ達の応援もよろしくお願いいたします^^

★ママそらFacebookページ
http://www.facebook.com/mamasola1

★ママそらサポーター募集中!
http://www.facebook.com/groups/mamasola.supporters/

★ママそら東京Facebookページ
http://facebook.com/mamasola.tokyo

★ママそら東京 サポーター募集中!
https://www.facebook.com/groups/mamasolatokyo/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
亜耶辻

亜耶辻ママそら東京支部

投稿者プロフィール

ママそら東京支部
il sole GaO マネージャー
中学生男児、小学生男児、3歳女児の三児のママ

ママだって、ゆっくりランチやお茶がしたい!
ママだって、ゆっくりおしゃべりしたい!
そんな子育て期のママの願いを叶える親子カフェを2009年、東京杉並区にOPEN!
銀座で腕をふるったシェフの本格イタリアンが楽しめるほか、子連れで参加できるコンサートやおけいこ講座を月20講座以上開催。
食物アレルギー対応において、企業との商品開発や講習会の開催などにも取り組む。
日々、親子さんの笑顔に元気を頂いています。
お母さんの笑顔が家庭を地域を社会をも明るく照らしていけるエネルギーに!
そんなお手伝いをさせて頂きたいと思います^^

il sole GaO FBページ
https://www.facebook.com/ilsoleGao/

この著者の最新の記事

関連記事

私らしい生き方・働き方 LIVLA

LIVLA

minau

Career Design OSAKA

woman-career-design

注目記事

  1. 12688079_963968327016196_6435026725906075980_n

    ママとキッズの意見が詰まった子ども用レトルトカレーが新登場!

    【ママそら PR企画】 ボンカレーから、大人が食べても満足する子ども用レトルトカレーが誕生! …

最近の投稿

  1. 61916171_881701302190189_106851167052496896_n

    2019-6-19

    ゆきの直子さん<奈良県>ママそら「今日の輝くママ」No.1083

    「本音で生きること。自分のしたいことを意識しながら生きています。」 今日の輝くママは保…
  2. 2019-6-18

    濱田加恵さん<高知県>ママそら「今日の輝くママ」No.1082

    「当たり前の生活ができること、感情を表出できる家族がいることは素晴らしいことです。」 今日…
  3. 2019-6-17

    Hug-me〜はぐくみ〜<高知県>ママそら「子育て応援企画」No.14

    「発達の障害(でこぼこ)があるなしにかかわらず、すべての子供達が生き生きと暮らせる世界を目指して…

ママそらTwitter

過去の投稿

ページ上部へ戻る