捨てる物を決める【片付けのコツ②】


こんにちは!

立石美津子です!

 

今日は第2回、「捨てる物」です。

片づけのコツ第1回コラムはコチラ→探し物で寿命が縮まる?!

 

 

捨てる物

 

■捨てる物リスト

×予備のボタン・端切れ

×ポイントカード

×景品

×紙袋、ひも類

×使わない調味料、キッチン用品

×子どもの作品

 

 

■ボタン

新しい服を買うと予備のボタンが付いてきますよね。

万が一、取れてしまったとき用

 

 

でもボタンが取れてしまい、失くしてしまったことってありますか?

縫製が悪く取れかかっても、ボタンがヒモ1本でぶら下がっている段階で、たいてい親切な誰かがこう教えてくれます。

 

「ボタンが取れかかっているよ」

 

だから予備のボタンが登場する場はほとんどありません。

 

 

それから端切れも付いてきます。

 

「犬に噛まれて洋服がちぎれた」

「道で転んで服が破けた」

 

こんな体験を一生のうちでする人って一体どれくらいいるんでしょう?ほとんどないのでは?

 

だったらボタン、端切れは思い切って捨てましょう。

「いつか何かに使うかも?」と思ったあなた。「いいえ、絶対に使うことはありませんよ」

 

それから、私は「ボタンと端切れ代に100円かかっているんだったら、それを外して洋服代100円値引きしてよ!」と思ってしまいます。

 

 

テレビショッピングで「30分以内にお電話くださった方にはもれなくもう1品プレゼント」なんて言われると「プレゼントいらないから金額下げてよ」とテレビ画面のおじさんに向かって叫んでいます。

 

 

 

■ポイントカード

 

お店の必死の営業戦略、ポイントカードやスタンプカードを発行している店って多いですよね。

 

でも!

 

今度、いつ行くかわからないポイントカードをまず作らないことです。

 

 

滅多に行かない湘南のパン屋さん。今度いつ寄る予定ですか?1年後?5年後?

ひょっとしたら一生行かないかもしれません。

10年後に行っても店は潰れていたり、繁盛して青山や六本木に移転しているかもしれません。

 

 

それよりも、使わないポイントカードを大事に取っておくことで次の事態に陥ります!

 

①財布内にいらないカードがどっさりツメツメ、可愛い財布も肥満児状態!レジの精算でカードを探すのに時間がかかり、後ろの人に迷惑をかけている。

②財布がパンパンになり、壊れる。5000円で買った新しい財布。僅かに溜まったポイントより新調した財布代の方が高かったりする。

 

③カバンが重くなり、肩が凝る。疲れる。

 

 

100円で1円のポイント

10000円買っても100円溜まるだけ・・・

 

週に2~3回行くスーパーだったら「塵も積もれば山となる」で有効です。

でも、滅多に行かない店のカードは最初から作らなことですね。

 

 

 

■景品

 

無料だからと取り合えず何でももらってくる人っていますよね。

そして景品類で家が溢れる。

 

紙袋、もったいないからと大事に保管

少量ならばいいのですが家が狭いのに「紙袋屋さん」を開店出来るくらい大量にとっておく人は危険

 

「紙袋そんなにとってなにをする」

どっかの標語みたい・・・

 

景品がガラクタにならないように。

 

「それを取っておいて将来、何に使うか?」を考えて「捨てる・取っておく」の仕分けをするとよいですよ。

 

 

 

■キッチン用品

 

不要なキッチン用品

料理しない人のキッチンは綺麗です。

でも、料理好きの人はキッチンが汚くなることがあります。

 

でも、プロでもない限り滅多に使わない調味料、キッチン用品を買い込むのは考えた方がいいかも?

コンロの火は三か所しかないのに、こんなに沢山の鍋やフライパン、出番はどれくらいあるのでしょう?

 

 

狭い台所が益々狭くなります。

 

 

■子どもの作品

 

ママの顔、パパの顔、木工品などなど幼稚園、保育園、学校で沢山の作品を作ります。そして、年度末にどっさり持ち帰ってきます。

子どもが複数いると「作品×子ども数」で大変なことになってしまいます。

全て取っておくのはどうでしょうか?取り出して眺めることって実際ありますか?

これぞというものだけを保管しておきましょう。

後は写真に撮って残す方法もあります。

 

成績表や卒業証書は捨てない方がいいかもしれませんね。

でも、参加賞的な誰でもイベントに参加すればもらえる「価値が低い表彰状類」は思い切って処分してしまいましょう。

 

 

いらないものを大事にとっていると、探し物をする時間が無駄になります。

 

そして、不用品が家の一角を占めていると「いらない物に家賃払っている」ことになります。

 

よく考えると凄―――――く勿体ないですよね。

 

 

次回は片づけのコツ(どうしたら綺麗になるか)です。

楽しみにしていてくださいね!

 

片づけのコツ第1回コラムはコチラ

探し物で寿命が縮まる?!


 

立石美津子 プロフィール

32歳で学習塾を起業。現在は保育園、幼稚園で指導しながら執筆・講演活動に奔走。自らは自閉症・アレルギー児の子育て中。著書に『小学校に入る前に親がやってはいけない115のこと』『読み書き算数ができる子にするために親がやってはいけない104のこと』『心と頭がすくすく育つ読み聞かせ』『はずれ先生にあたった時に読む本』『1人でできる子が育つ テキトー母さんのすすめ』等

 


★ママそらFacebookページ
http://www.facebook.com/mamasola1

★ママそらサポーターグループ
http://www.facebook.com/groups/mamasola.supporters/

★ママそらへのお問合わせ・仕事依頼・取材依頼はこちらから↓
https://24auto.biz/mamasola/touroku/otoiawase.htm

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

立石 美津子

投稿者プロフィール

幼児教育専門家・作家・講演家
32歳で学習塾を起業。現在は保育園、幼稚園で指導しながら執筆・講演活動に奔走。自らは自閉症・アレルギー児の子育て中。著書に『小学校に入る前に親がやってはいけない115のこと』『読み書き算数ができる子にするために親がやってはいけない104のこと』『心と頭がすくすく育つ読み聞かせ』『はずれ先生にあたった時に読む本』『1人でできる子が育つ テキトー母さんのすすめ』等

この著者の最新の記事

関連記事

ママそらオリジナル&コラボアイテム

minau

Career Design OSAKA

woman-career-design わかものキャリア・デザイン

注目記事

  1. 12688079_963968327016196_6435026725906075980_n

    ママとキッズの意見が詰まった子ども用レトルトカレーが新登場!

    【ママそら PR企画】 ボンカレーから、大人が食べても満足する子ども用レトルトカレーが誕生! …

最近の投稿

  1. 高島マチ子ちゃん画像

    2017-6-27

    【コスメユーザーズボイス】 本当はどうなの?ママのリアルな使用感インタビュー Vol.2 高島マチ子さん ~7つの無添加宣言で安心の配合成分 HADAEMI保湿フェイスクリーム~

    【ママそら美容健康事業部 PR企画】 ママそら美容健康事業部長のモデル佳衣こと、奧谷昌…
  2. みこちゃん

    2017-6-27

    永井貴博さん ママそら 「今日の輝くパパ」No.55

    「奥さんとこどもの笑顔の瞬間を1秒でも長くつくりたい!」 今日の輝くパパは、永井貴博さ…
  3. 2017-6-26

    八重樫華代さん ママそら「今日の輝くママ」No.726

    「私自身としての時間を楽しめる空間も確保するようにしています。」 今日の輝くママは、八重樫…

ママそらTwitter

ページ上部へ戻る