永岡よしみさん ママそら「今日の輝くママ」No.636


「胸を張って大好きだと言える仕事に出会えた。」

今日の輝くママは永岡よしみさん。疲れているときには疲れている、と言い合える関係を大切にしたい。そんな家族との関係を大切に育んでいるよしみさんからメッセージをお届けします。

【名前】永岡よしみ(ながおか よしみ)

【お住まい】三重県四日市

【子ども】長女9歳 次女7歳

【職業】
整理収納アドバイザー 〜Bring happiness〜代表

【最近嬉しかったこと】
お客様から「あんなに嫌いだった片付けが楽しくなった」という言葉を頂き、子どものお友だちが遊びに来て「◯◯ちゃんのお家って何か気持ちいい!」と言ってもらえたこと。子どもが学校に行くのが楽しいと言って笑顔で帰ってくることが嬉しく、たまらなく幸せです。

【輝くママの秘訣】
胸を張って大好きだと言える仕事に出会えたことです。そして、仕事を応援してくれる家族と毎日笑って過ごすしています。プライベートや仕事を通じてたくさんの出会いがあり、いつも素敵な方たちに囲まれて生活できて幸せを感じています。

【住んでいる街の好きな所】
家の前に広がる田畑、目線をあげると見える山々。そんな家から見える四季折々の表情が贅沢でたまらなく大好きです。

【全国のママ&プレママへのメッセージ】
私自身は、とにかく頑張りすぎないことを大切にしています。子どもにはたくさんの方々と触れ合って欲しいと考えているので、地域の人の手を借りながら、疲れているときは、家族にどんどん甘えながら生活するようにしています。
その分、たくさんの会話やスキンシップをとるように心がけ「自分にとって、家族にとって大切なことは何か?」を考えたときに私は家事を完璧にこなすことよりも会話やスキンシップ、疲れているときには疲れている!と言い合える関係を大切にしたいと考えています。家族が幸せになるにはお母さんが笑顔でいれることが1番だと思っています。皆さんの笑顔がきっと家族の笑顔です。

【活動・今後の目標】
〜Bring happiness〜では、居心地のいい住空間、大好きだと思える空間作りのお手伝いをしています。自宅はもちろん、職場、店舗などをセミナーや実作業を通して、居心地のいい空間を提案しています。自宅であればお母さんが頑張らなくても片付く家。お子さんが自分でお片付けができる空間。忘れ物が無くなる収納方法。私も以前は、そうでしたがそれは、出来ないんじゃなくて方法を知らないだけです。


小さい頃から本当にお片付けが苦手で、結婚しても母になってもお片付けができなかった私が、整理収納と出会ったことで、心も身体も楽になり、親子関係、夫婦関係もどんどん良好になりました。もと汚部屋の私だからこそできる”おもいやり”の詰まった整理収納をもっとたくさんの人に伝え、1人でも多くの人を笑顔にしていきたいです。

Bring happiness facebookページ
https://m.facebook.com/1904923536399887/posts?locale2=ja_JP

ライター:三重支部 岡田聖子(2016.12.22)


コメントや「いいね!」でママ達の応援もよろしくお願いいたします^^
★ママそらFacebookページ
http://www.facebook.com/mamasola1
★ママそらサポーター募集中!
http://www.facebook.com/groups/mamasola.supporters/
★ママそらみえfacebookページ
http://www.facebook.com/mamasolamie
★ママそらみえサポーター募集中!サポーターだけの情報もお届けします!
http://www.facebook.com/groups/mamasola.mie/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
岡田 聖子

岡田 聖子ママそらみえ支部代表

投稿者プロフィール

三重県鈴鹿市在住。1児の母。ママそら三重支部代表。NPO法人shining代表理事。ゆめのたね放送局パーソナリティ。介護支援専門員。
古代遺跡が大好きでバックパーカーしていた時にタイの孤児院で知り合ったタイ人の親友がスマトラ沖地震で被災し、音信不通となる。彼女と約束した「子育て支援に情熱を注ぐ」を決意する。
老人保健施設で働く傍ら、忙しいママが子育てをしながら輝けるよう2014年6月NPO法人shiningを同じ志を持った仲間と設立。
2015年、出産後より心のよりどころとしていた、ママそらにかかわってみたいと、ママそら100人プロジェクト5期生として学ぶことを決意。
2016年4月よりママそら三重支部代表となる。三重から全国に、全国から三重にママの繋がりを作っていく。
今後の目標は、ママが安心してくつろげ、地域の人々が気軽に交流できる、第3のおうちを作ることに力を注ぐ。そして、書と三重の伝統文化をコラボした商品を全国に発信すること!

この著者の最新の記事

関連記事

ママそらオリジナル&コラボアイテム

minau

Career Design OSAKA

woman-career-design わかものキャリア・デザイン

注目記事

  1. 12688079_963968327016196_6435026725906075980_n

    ママとキッズの意見が詰まった子ども用レトルトカレーが新登場!

    【ママそら PR企画】 ボンカレーから、大人が食べても満足する子ども用レトルトカレーが誕生! …

最近の投稿

  1. 2017-4-23

    文化放送 ママの声がニュース番組に!音源公開と追加アンケート回答大募集 ニュース番組制作に関わりませんか?

    文化放送(AM 1134kHz / FM 91.6MHz)毎週月曜~金曜の朝7:00~9:00生放送…
  2. 20170419_082517

    2017-4-21

    市橋直久さん ママそら「今日の輝くパパ」No.51

    「パパ友たちとたまに楽しく飲んだり、学校行事を手伝ったり、それだけでも、コミュニティが生まれ、社会に…
  3. 17361720_1224669967648591_1540620026717368193_n

    2017-4-20

    氷室真理子さん ママそら「今日の輝くママ」No.695

    「今しかできない事を全身で楽しむ♡」 今日の輝くママは氷室真理子さん。幼少時期の好奇心旺盛…

ママそらTwitter

ページ上部へ戻る