注目のベジブロス☆タカコ・ナカムラ式基礎知識 ~べジブロスとは?~



みなさんこんにちは。
新しい野菜の食べ方「ベジブロス」のレシピ本を発売したタカコ・ナカムラです。
野菜の栄養について、そしてベジブロスについて、タカコ・ナカムラ式基礎知識を、今回から5回にわたってコラムを書かせていただきます。
 
…………………………………………………………………

ベジブロスとは、○○のだし!

 
ベジブロス、みなさんご存じですか?
野菜の今まで捨てていた部分皮や種やヘタなどをグツグツ煮込んで作る、「野菜のだし」なのですが、野菜の抗酸化成分の「フィトケミカル」がたっぷり含まれていることから、「はなまるマーケット」「NHK ゆうどきネットワーク」などのテレビでも紹介され、注目を集める野菜の食べ方です。
 
「ベジ」はベジタブルのベジ。そして「ブロス」とは「だし」という意味があります。
つまりベジブロスとは簡単に言うと「野菜のだし」なんですね。
 
野菜の皮や種などを使うので、単なる節約料理と思われることも多いのですが、イエイエ、そんな認識だともったいない! その味わいとパワーが、本当にすごいんです。
 
味わいですが、「野菜のだし」なので、全体的にまろやかで、ふんわりしたうまみが特徴。カツオだしなどと違い、和・洋・中、どんな料理にも合うのが特徴です。お味噌汁からカレー、リゾット、うどんなどまで、本当に驚くほどいろんな料理とマッチして、深くて優しいうまみを生み出してくれます。
 
野菜が嫌いなお子さんでも、「ベジブロスなら食べてくれた!」といううれしい報告もいただいていますのでぜひお試しください。
 

 

ベジブロスの作り方

 
作り方は簡単。
 
<1>
好きな野菜の切れ端(皮とか、へたとか、根っことか)をジップロックなどの保存袋に料理のたびに溜めます。玉ねぎの皮が入ると色も味もよくなります。大根などのアブラナ科の野菜は独特の香りがするので好みが分かれます。好みでない方は、アブラナ科は避けてもいいでしょう。
 
<2>
両手一杯分くらい「切れ端」が溜まったら、1.3リットルのお水に、小さじ1杯の料理酒野菜の「切れ端」を入れて、コトコト煮込みます。強火で煮立たせてしまうと野菜が煮崩れてしまうので、弱火で20~30分煮込みます。
 
<3>
火を止めて濾したら完成!です。出来上がったベジブロスは冷蔵庫なら2~3日保存も可。冷凍保存も可能です。
 
あとはお好みで料理に利用しましょう。
旬の野菜を使って、いろんな材料で作ってみてください。これからの季節なら、夏野菜のトマトのヘタや、トウモロコシの芯なども使えます。
野菜の種類などによって、都度少しずつ味わいが変わるのも、ベジブロスならではの魅力ですよ。
 
次回は「野菜の栄養」について解説します。
 
<取材・文 間有希>
 
…………………………………………………………………
注目のレシピブック
「ベジブロスをはじめよう。」
角川マガジンズ
著/タカコ・ナカムラ ホールフードスクール 医学監修/白澤卓二
ベジブロスの基本から、合わせる野菜の種類、おいしさを引き出すレシピまで網羅した充実の内容。野菜の栄養についても、四季別に51種の野菜について、詳しく解説しています。

Amazon書籍購入はこちら↑
 
タカコ・ナカムラ プロフィール
テレビや雑誌などでも活躍する料理家
山口県山陽小野田市で割烹料理やを営む家に生まれる。桜沢里真氏にマクロビオティックを学び、アメリカに遊学。ブラウンライス・カフェ、KanbutsuCafeなどのプロデュースを経て、現在、食と暮らしと環境を丸ごと学ぶ「タカコ・ナカムラWholeFoodスクール」主宰。ベジブロスは20年以上前から実践しており、野菜の新しい食べ方として注目を集めている。

 
タカコ・ナカムラ ホールフードスクール
体と心にやさしい、をテーマにした、オーガニック野菜を中心とした、無添加、無農薬の自然素材の料理教室。ベジブロスのことも学べるWhole Food基礎コースや塩麹&甘酒入門講座などの多数のコースが。
http://wholefoodschool.com/
 
…………………………………………………………………
★ママそらFacebookページ
http://www.facebook.com/mamasola1
 
★ママそらサポーター募集中!
http://www.facebook.com/groups/mamasola.supporters/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

黄野 いづみママそらディレクター

投稿者プロフィール

株式会社ママそら ディレクター
株式会社LIVLA 取締役
ピープルビヨンド株式会社 取締役
16歳で単身アメリカへ留学。学習院大学に入学・卒業し、その後に再度渡米。テレビ局や日系メディア会社にてインターンとなる。帰国後は出版社で、約10年間、広告営業や企画編集ライターなどに従事するとともに、プロジェクトマネージャー、チームリーダーを経験する。出産を機に独立。
「子どもの輝く未来のために、子どもの心を育み親子でHAPPY に!」をコンセプトに、木製玩具、アートグッズの輸入販売や心を育む遊びの提案を行っている。海外生活の経験を活かし、楽しみながら英語に触れることのできる遊びも紹介。グローバル時代を生きる子どものために、豊かな感性や表現力、発信力、人間力を育むプロジェクトに取り組んでいる。
株式会社ママそらでは創業時からディレクターを務め、複数のプロジェクトの統括やスタッフ管理・育成に携わるとともに、ライター育成も行っている。
HP  http://www.twinklekidsstar.com
Facebookページ https://www.facebook.com/kidsstarjapan

この著者の最新の記事

関連記事

私らしい生き方・働き方 LIVLA

LIVLA

minau

Career Design OSAKA

woman-career-design

注目記事

  1. 12688079_963968327016196_6435026725906075980_n

    ママとキッズの意見が詰まった子ども用レトルトカレーが新登場!

    【ママそら PR企画】 ボンカレーから、大人が食べても満足する子ども用レトルトカレーが誕生! …

最近の投稿

  1. EE6F61B3-46C2-4676-BAC8-7C4AB718EE1C

    2019-10-23

    若林りつ子さん<三重県>ママそら「今日の輝くママ」NO.1138

    「子どもがいるからできないことではなく、子どもがいるからできることに注目していくこと。」 …
  2. 74293125_379077399641423_6019604567530930176_n

    2019-10-23

    岩見香織さん<京都府>ママそら「今日の輝くママ」No.1137

    「自分の持っているものを活かすこと。」 今日の輝くママは日本マタニティパートナーズ協会…
  3. 2019-10-22

    小川真穂さん<ドイツ>ママそら「今日の輝くママ」No.1136

    「足りないものを数えるより、今あるものを見つけて子供と一緒に楽しみたい」 今日の輝くマ…

ママそらTwitter

過去の投稿

ページ上部へ戻る