カブトムシと5歳児とママの成長記録


ママの試練!?虫嫌いを克服

ママそら代表の奥田です。
いつかは来るだろうと思っていた、虫の飼育。

田舎育ちで昔は虫が平気だったのですが、大人になってからすっかり無理に。
部屋を決めるときも「虫がこない10階以上」を条件にしていたら。。

息子も虫が苦手に。
ハエや小さな蛾にもキャーキャーいう。。

これは男らしさにかけるなーと、一緒に克服することを決意したのです。

カブトムシと息子

2015年7月上旬。福岡にある母の家の近くの 川へ遊びに行ったときのこと。
カブトムシ発見〜

息子、初めてのカブトムシに興味を持ちながらも顔が引きつっています。
案の定、触れない。

カゴも持ってきていなかったので、この子は近くにいたカブトムシを探していた男の子に譲りました。

カブトムシを買う

カブトムシを触れなかった息子ですが、ずーーっと気になっていたようで、カブトムシが欲しいと言いだしました。

飼うって大変だよなー世話もしなきゃいけないし、脱走でもしたら。。といろいろ考えましたが、虫嫌い克服のチャンス。
(カブトムシと虫を一緒にするなーと言われそうですが、私の中では一緒なのです。)

ちゃんと自分でお世話をすることを約束して、ホームセンターへ。
私のおばあちゃんの家は八女の山奥にあって、窓をあけているとカブトムシが入ってきたことも(もちろん他の虫も)。だからカブトムシを買うことにちょっと抵抗もありましたが、買うほうが手っ取り早い。

カゴや土など一式買い揃えました。

レックスと名付け、奥田家の一員に。
息子もじーーっと観察したり、そっと触ってみたりと可愛がっていました。
IMG_4947.JPG

あ、カブトムシって鳴くんですね。
キューーキューーって。
可愛いんです♡

メスを入れたら。。

なんとなく元気がないレックス。
一匹で寂しいのかなーとメスのカブトムシも飼うことに。

メスをジェニファーと名付け、レックスとジェニファーの生活がスタート。

すると急に元気になったレックス。
そして一緒にして3分後には交尾をしていました。

それには私も息子も唖然。
「ジェニファーが痛いって言ってるよー」
息子はケンカしているのではと心配。

子孫を残すために当然のことなのでしょうが。。
あまりにも強引なレックスにジェニファーが嫌がっているようにも見え、もっと紳士的に接してくれたら。。と思ったものです。
出会って3分ってねぇ。。

卵がうまれたー!生命の神秘

交尾して1週間くらいたったころでしょうか。
ジェニファーが食欲旺盛になった後、土に潜りしばらく出てこないなーと思ったら、土の上に白い粒。
卵が産まれていたんですー!!
カブトムシ卵

なんだかすごーーく感動。
ママになったんだねーとますますジェニファーが愛おしく。
卵を別のカゴに移すときに(これは夫がしてくれた)たくさん卵が見つかり、私よりたくさん子孫を残しているジェニファーを尊敬。

孫が生まれる時ってもっともっと感動するんだろうなーと、妄想も広がりました♡

2匹は天国へ

9月中旬。
産卵を終えたジェニファーが先に亡くなり、その後を追うようにレックスも天国へ。

カブトムシの寿命って短いんですよね。
成虫になって2ヶ月が平均なんだとか。

動かなくなっている姿を見て、息子も死んでいると分ったようです。
「おじいちゃんのお空にいったの?」って。

春におじいちゃんを看取ってから死というものを理解してきています。
しっかり手を合わせていました。

毎日声をかけて可愛がっていたのでいなくなって寂しくなりました。

成長する新しい命

卵はいつの間にか幼虫へ。
うようよいるのです。
15匹はいるかと。

最初はうひゃーーー気持ち悪いよーーー!!と思っていたのですが、これも毎日見てると不思議と可愛く見えてくるものです。

息子も「赤ちゃん元気ー??」と毎日話しかけています。

成虫になるのが楽しみだなー

カブトムシと過ごした夏。
出会いと別れ。そして新しい命。
虫の克服以上に得たものは大きかったのでした。

息子も私もカブトムシの飼育を通して一回り成長できたかな。
レックス、ジェニファー、ありがとう♡♡

残してくれた子どもたち、息子と一緒に大切に育てるからねー!!!

2015年9月22日
奥田絵美


2015年10月28日追加

冬眠前かな。
随分巨大化しています。。
気持ち悪いよ~
でも成長が嬉しいです♡♡

立派なカブトムシになってね~

カブトムシ幼虫


2016年5月29日追加

さなぎになったーーーー!!
カブトムシの形になってきています。
すごーーーーーい!!
不思議ーーーー!!
感動ーーーーー♡♡
もうすぐだね♡♡

さなぎ2

さなぎ

2016年6月12日追加
羽化の瞬間!!

2016年6月18日
立派なカブトムシ♡

20160618

が20匹!!!!!笑

カブトムシ2016

カブトムシと子どもの成長

虫嫌いを克服しただけではなく、責任感や親心も育んでくれました。

2017年夏 孫誕生!!

レックスとジェニファーの孫が誕生しました!
息子も一番最初の超ビビってた写真と比べるとかなり成長ー!!

カブトムシ2017カブトムシ20172

繋がる命

2017年10月29日現在、20匹の幼虫と共に暮らしています。
レックスとジェニファーのひ孫世代。
もう1匹ずつ名前をつけてもわからないので、オスは全部レックス、メスは全部ジェニファーです。笑

「レックスとジェニファーがいなかったら、この子達いないんだよねー、パパとママがいなかったら僕も生まれてないの?」

3年飼育したことで繋がる命についても学んでくれたようです。

まとめ カブトムシと5歳児とママの成長記録

カブトムシの飼育、最初は私もあまり気乗りしなかったのですし、息子の虫嫌いを克服するためにという思いからだったのですが、思っていた以上に奥が深い。

育てることの意味、成長する喜び、命の大切さ、命をつなぐことをレックスとジェニファーからたくさんのことを学ばせてもらい、親子共に成長させてもらいました。

エサ代・マット代・コバエとの闘い(笑)など大変なこともありましたが、それ以上に得られることが多かったです。

ママそらこども未来館の館長である松田博士も言っていたのですがITが当たり前になった今の時代、生き物を飼うことが心や感性の成長に繋がると仰っていました。まさにそうだなーと実感。

もしお子さんがカブトムシ飼いたいー!!と言い出した場合、ぜひトライしてみてください。

来年はカブトムシをネットで売るというビジネスを学ばせようかと思いましたが、かわいい子達は大切にしてくれる方に譲りたいのでそれはやめます。笑
2018年夏、またたくさんカブトムシが誕生する予定ですので、欲しい方はお譲りします♡

以上、カブトムシと5歳児の成長記録でした!!
おしまい♡

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
奥田絵美

奥田絵美ママそら代表

投稿者プロフィール

夫の転勤により孤独で不安な子育てを経験したことから「不安なママを救いたい」とママコミュニティ「ママそら」を設立、半年後に法人化。

「ソーシャルメディア・ラジオ・リアルイベント」の3つを軸に、育児支援・就業支援を行う。北海道から沖縄まで9つの支部を展開中。3年で2万人のコミュニティに成長。

ママのスキルや経験を生かした商品開発・マーケティングなどで大手企業とコラボレーションをしたり、行政と就業支援を行うなど活動の場を広げている。

現在、毎週土曜日にレインボータウンFM「ママそらモーニングcafe」に総合MCとして出演。2015年6月にママの仕事選びのバイブルとなる「新しいママの働き方」(アチーブメント出版)を出版。

この著者の最新の記事

関連記事

ママそらオリジナル&コラボアイテム

minau

Career Design OSAKA

woman-career-design

注目記事

  1. 12688079_963968327016196_6435026725906075980_n

    ママとキッズの意見が詰まった子ども用レトルトカレーが新登場!

    【ママそら PR企画】 ボンカレーから、大人が食べても満足する子ども用レトルトカレーが誕生! …

最近の投稿

  1. D7E1E1E1-1C43-4DE6-A222-9D43B48F409A

    2018-2-23

    ママそらこども未来館ラジオ「人工知能時代の未来の教育」

    ママそらラジオColorful Style Labは毎週土曜日10時~11時、多様な人が活躍…
  2. recruit_fileUpload1

    2018-2-23

    新宿で東北に出会う! 新しい東北づくりシンポジウム&合同企業説明会

    3月3日(土)「新しい東北づくり」シンポジウム&シゴトフェアで東北の魅力に触れる 東日本大震災…
  3. img_3633.jpg

    2018-2-23

    佐々木 幸子さん ママそら 「今日の輝くママ」No.863

    「自分が”ゴキゲン”でいることが家族にとっても一番」 今日の輝くママは、佐々木幸子さん。双子のお…

ママそらTwitter

ページ上部へ戻る