粂井優子さん ママそら「今日の輝くママ」No.439


 

11988326_868360866588066_8882497581100877885_n

「ありがとう80%、ほめる20%が黄金比率です。」

今日の輝くママは、粂井優子さん。
食う、寝る、遊ぶ、そして「勉強よりもお手伝い」を大切にして育ててきたら、みんな家事が得意で、自立心旺盛な、友達の多い、自分大好きの、生き生きとした子に育ちました。3人の子育て経験の中で培われた思いと経験を原動力に活動を続けておられる粂井さんのメッセージをどうぞご覧下さい☆

【名前】粂井 優子(くめい ゆうこ)

【お住まい】東京都目黒区

【お子様】
大学三年長女、高校三年次女、中学三年長男の3人
【職業】
親楽(おやがく)ナビゲーター、1級家事セラピスト

【最近嬉しかったこと】
1年間の米国留学を終えた高3次女が更にたくましくなって、元気に帰国したことです。
エージェント選びも、学校との交渉も、何もかも一人で行いました。
家事が得意なことが、現地ではとても役に立ったようです。
様々な困難を克服して、沢山の方といい関係を築けたこと、とても嬉しく思います。
帰国後すぐにホストマザーとシスター達も来日してくれて、海外にも親しい親戚ができました!

 

31699

【輝くママの秘訣】
自分を大好きでいること。ありのままの子ども、夫、友人を認めることかなあと思います。

我が家には、ママ友、子どもたちの友人が沢山訪れます。
実家の遠い私の子育ては、優しい愉快なママ友たちとの共育でした。

ありのままの自分、ありのままの子ども、ありのままの周りの人々に、そのままで大好きだよというメッセージを伝えてみてください。

きっと素晴らしいコミュニティーが生まれます。

【住んでいる街の好きなところ】
目黒区でケーキといえばここ! 学芸大学のマッターホーン

そして、四季折々の自然を感じることのできる林試の森公園

【全国のママ&プレママへのメッセージ】
私の子育ては、まだ子どもを産む前の26歳の時、14歳の不登校の少年を預かり、地方都市で暮らすことから始まりました。

家事をさせること、大自然や人々との温かい交流を与えることが大切だと身をもって体験しました。
その後、3人の子を授かり、食う、寝る、遊ぶ、そして「勉強よりもお手伝い」を大切にして育ててきたら、みんな家事が得意で、自立心旺盛な、友達の多い、自分大好きの、生き生きとした子に育ちました。
学校に行けなくなった友人を家に連れてきて、24時間寄り添って一緒に暮らしたり。困った友達をほうっておけないお節介な子どもたちが大好きです。

子どもの自尊感情を高め、生き生きとした思いやりに溢れた人に育てるには、「ありがとう80%、ほめる20%」が黄金比率です。
行儀よくいい子でいられたとき、テストでいい点数を取ったときに、ほめるのはいいですが、そんな時ばかりほめていると、子どもは「ママは勉強のできる自分が好きなのかな」「勉強ができなかったら、ママは自分を嫌いになるかな」と思ってしまいます。これは、子どもにとって、とても苦しいことです。
「あー、ママは自分のことが大好きなんだー」と実感できた子は、必ず優しくてたくましい子どもに育ちます。
「勉強ができまいが、運動ができまいが、そんなことはおかまいなしに、あなたのことが大好きなのよ」という気持ちが伝われば、その子はきっと頑張れる。その気持ちをひきだすには、「ありがとう」が一番有効なのです。

そして、その「ありがとう」を言えるチャンスの一つが、お手伝いでもあります。
家事をして、させて、してもらって、その度に「ありがとう」をやりとりしている家族の絆は強く、笑いは絶えないことでしょう。
「お手伝い」と「ありがとう」が1日だけ、1回だけではなく、毎日繰り返されるためには、「今日は疲れているから」とか「塾で忙しいから」とかの例外を認めないことがポイントですよ。
それぞれ、自分のやり方で、ありがとうを言うチャンスを作ってみてくださいね。
さあ、どんなお手伝いしてもらいますか?

お手伝いは1歳からできます。気づいたとき、いつからでも始められます。
過干渉・過保護で子どもの自立を妨げないために、親が手を出していることを徐々にやめてみましょう。
その辺のタイミングや案配が、母の腕のみせどころかもしれませんね。

子どもたちは社会からの預かりもの。しっかり自立させて、社会に送り出してくださいね。

11913014_831874453578149_1578157527_n

【フリー記述。目標・活動など】
自らの経験を含めさまざまな家事・育児事例を知る“暮らしのプロ”による講師チームとして「Life&Workレンジャー6」を結成。札幌、大阪のメンバーと連携して各種講演、講座、ワークショップを展開しています。
現在、東京チームのメインの活動は〈親を楽しむサロン〉の定期開催。世の中を笑顔のお母さんでいっぱいにしたいと、各地で開催しています。お母さんが笑顔になれて、なんでも話せて、ちょっと気づきのある居場所となっています。

個人の活動としても、自治体・小中学校・企業などからの依頼を中心に、家事や子育てに関する各種講演、講座、ワークショップを開催しています。

11935179_831874266911501_841201626_n

〈粂井優子ブログ〉
100%笑顔の母さんでいこう! http://ameblo.jp/yykk-smile/

ライター:東京支部 辻亜耶(2015.9.4)


★コメントや「いいね!」でママ達の応援もよろしくお願いいたします^^

★ママそらFacebookページ
http://www.facebook.com/mamasola1

★ママそらサポーター募集中!
http://www.facebook.com/groups/mamasola.supporters/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
亜耶辻

亜耶辻ママそら東京支部

投稿者プロフィール

ママそら東京支部 
親子カフェ il sole マネージャー
小学生男児2人と1歳女児の三児のママ

ママだって、ゆっくりランチやお茶がしたい!ママだって、ゆっくりおしゃべりしたい!そんな子育て期のママの願いを叶える親子カフェを2009年、東京杉並区にOPEN!銀座で腕をふるったシェフの本格イタリアンが楽しめるほか、子連れで参加できるコンサートやおけいこ講座を月20講座以上開催。
食物アレルギー対応において、企業との商品開発や講習会の開催などにも取り組む。
日々、親子さんの笑顔に元気を頂いています。
お母さんの笑顔が家庭を地域を社会をも明るく照らしていけるエネルギーに!
そんなお手伝いをさせて頂きたいと思います^^

親子カフェ il sole FBページ
https://www.facebook.com/oyakocafe.ilsole/

この著者の最新の記事

関連記事

minau

Career Design OSAKA

woman-career-design

注目記事

  1. 12688079_963968327016196_6435026725906075980_n

    ママとキッズの意見が詰まった子ども用レトルトカレーが新登場!

    【ママそら PR企画】 ボンカレーから、大人が食べても満足する子ども用レトルトカレーが誕生! …

最近の投稿

  1. 37202733_1739249999499144_2353175842328150016_n

    2018-7-20

    成瀬さおりさん ママそら 「今日の輝くママ」No.927

    「楽しい・笑顔は周りの人も元気にします。」 今日の輝くママは、成瀬さお…
  2. 35102720_1662386933876890_2815240746293002240_n

    2018-7-19

    岩根 亜紀子さん ママそら「今日の輝くママ」No.926

    「マイナスなことも楽しむ」 今日の輝くママは岩根亜紀子さん。 アンハッピーなことがあってもで…
  3. 2018-7-18

    富永舞さん ママそら「今日の輝くママ」No.925

    「子供たちは私の仕事の素晴らしいアドバイザーです」 今日の輝くママはスワロフスキーデコ…

ママそらTwitter

過去の投稿

ページ上部へ戻る