家族や大人への言葉かけ 子育てとコミュニケーションVol.8


8.家族や大人への言葉かけ

「子育てとコミュニケーション」をテーマに、産業カウンセラーとして子育てを通じて実践してきたこと、アナウンサーとして「言葉かけ」のコツ、絵本のことなどを書かせて頂きますね。

前回は子どもに向けての言葉掛けでした。
前篇はこちら>>http://mamasola.net/?p=18107

今回は、大人とのコミュニケーションでの言葉掛けについて書きます。

旦那さんに家事を手伝ってほしい

まず、「夫(家族)は私の言うことをちっとも聞いてくれない!!」と思ったことがある人?
「ある!」「あるわ~」「いっつもや!!」なんていう声が聞こえてきますねぇ(笑)
私も「いっつもや!!」の人だったのですが
だからこそズバリ!
「夫が私の言うことを聞いてくれない」のではなく、
「私が夫に言うことを聞かせられていない」のです。

人は耳があるのでちゃんと「聞こえて」いるのです。
でも、「聞いてくれていない」ということは 行動変化を促せていない、ということ。
行動変化を促せていない、ということは 相手の心に届いていないのです。

よくある具体例ですが
「家事の手伝いをお願いしてもやってくれない」

どんな風に伝えていますか?

「ちょっとは何でもいいから家事の手伝いして欲しいなぁ」
「私は子どもの世話で忙しいから家事を手伝ってもえたら嬉しいのだけど。」
「毎日の家事がしんどいなぁ♡」 こんな感じですか?

♡がついていれば まだ心に届くかもしれませんが、これらの頼み方はあまり効果がありません。ダイレクトな伝え方だと「やらさせる」感だけが伝わり兼ねない。

「信頼」「枕詞」「事柄&感情」

きちんと「共感」させられるだけの言葉を並べているか、が重要なのです。
具体的には、「信頼」と「枕詞」と「事柄&感情」です。

まずは「信頼」です! 人とコミュニケーションをとる時の基本中の基本です。
お願いする立場である、という謙虚さと、相手を尊重しましょう。
出来そうもないことをお願いしないことも大切です。

「枕詞」ですが
「あなたもお疲れのところ申し訳ないけど」
「ちょっとお願いしたいことがあるのだけど」
「今、話しかけてもいい?」などなど「前置き」をするというです。

自分たちもそうなのです。何かしている時にダイレクトに一文で「これやって」と話しかけられても、「え?なんて?もう1回言って。というか 私は今これやっているんですけど」と、戸惑いませんか?
前置きをせずにいきなり話しかけても本題が届きません。

もし、テレビを見ているのなら CMなど話しかけてもいい場面で言いましょう

次に、「事柄&感情」ですが
頼む事柄が何なのか(事柄)、なぜあなたに頼みたいのか(感情)を伝えます。

「家事の手伝い」ではなく「食器洗い」「洗濯」「ゴミ出し」など具体的に決めて言います。
「家事」の中から何を選ぶのか考えることが「面倒くさい」と感じさせてしまいます。自分が本当は何をやってほしいのか 遠慮なくきちんと伝えましょう。

相手の心を揺さぶる言葉を掛け

なぜ頼みたいのか、は少し相手によって言葉を変えたほうがいいと思います。
「あなたにやってもらった方が私より上手だから」
「疲れていて助けて欲しいから」
「お義母さんからあなたは食器洗いが上手と聞いたから(他人からの評価を入れます)」
「頼りになるのは、あなたしかいないから」などなど。

相手の心を揺さぶる言葉を掛けていきます。

こう書くと「なんて計算高くて恐ろしい」と思われるかもしれません。
だからこそ、「信頼」が一番最初のポイントなのです。やってもらう立場であることを絶対に忘れずに!!

自分の発した言葉で相手が動く

コミュニケーションとは、自分の発した言葉で相手が動くことでもあります。
動いてもらうためには、自分の為に動いてあげたいと相手に思ってもらえるかどうか。
これは信頼関係しかありません。やってもらったら感謝する、こちらからもお返しする、なども次の信頼につながりますね。

これらの言葉かけはビジネスでも大いに有効です。
少し考えながら言葉を発しないといけないから面倒だな、と思うかも知れませんが 話し方はスキルです。やれば必ず上達します!


【尾崎美樹 フリーアナウンサー 絵本セラピスト オフィスeMius代表】

元高知放送アナウンサー。 2006年フリーになり、産業カウンセラー、絵本セラピスト資格取得。
現在、RKCラジオ、高知ケーブルテレビなどでコーナーを担当しながら、内面から変化ができる話し方教室、絵本を使って自分を見つめるワークなどを展開。
地元高校、求職者支援訓練、婚活イベントでも講師を務める。
社会教育委員会、図書館協議会メンバー。2007年6月生まれの男の子のママ

【オフィスeMius HP】http://emius.jp/

【facebook】https://www.facebook.com/miki.sadaoka.5


【ママそら☆こうちを応援してくださるサポートメンバーを募集中です!!】
メンバーの皆さんには、イベント情報をいち早くお届け♡
メンバー限定の情報や先行特典などお得情報もあります。
皆さんで高知の子育てを盛り上げて行きましょう♪

【ママそら☆こうち】Facebookグループはこちら↓
https://www.facebook.com/groups/mamasola.kochi/

★ママそら☆こうち、Facebookページ
https://www.facebook.com/mamasola.kochi/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この著者の最新の記事

関連記事

minau

Career Design OSAKA

woman-career-design

注目記事

  1. 12688079_963968327016196_6435026725906075980_n

    ママとキッズの意見が詰まった子ども用レトルトカレーが新登場!

    【ママそら PR企画】 ボンカレーから、大人が食べても満足する子ども用レトルトカレーが誕生! …

最近の投稿

  1. 38689605_1787045868052890_4633863309693550592_n

    2018-8-17

    下村 真有美さん ママそら 「今日の輝くママ」No.945

    「わたしはわたしのスタイルで!ということ。誰にも振り回されずに自分の領域を持つこと。」 今…
  2. 36236440_1681641105284806_4414480009461235712_n-630x473

    2018-8-16

    水上 里美さん ママそら「今日の輝くママ」No.944

    「やりたいと思ったらやってみる! 」 今日の輝くママは…
  3. 2018-8-15

    松田伸代さん ママそら「今日の輝くママ」No.943

    「今は子供たちと人生を!喜怒哀楽を!共有したいと思いながら過ごしてます。」 今日の輝く…

ママそらTwitter

過去の投稿

ページ上部へ戻る