川喜田 紗樹さん<三重県>ママそら「今日の輝くママ」NO.1490



「自分が心がけていることは、自分を取り繕わず、ありのままでいることです。」

今日の輝くママは、川喜田紗樹さんです。子供に、対しても ありがとう、ごめんなさい、疲れた! たのしい!など素直に伝えるようにしています。紗樹さんからのメッセージをお届けします。

【名前】川喜田紗樹 (かわきたさき)

【お住まい】三重県鈴鹿市

【子ども】 女の子6歳 男の子4歳

【職業】 古着屋店主

【最近嬉しかったこと】自分と同じくらい運転が苦手な人と出会えた事。自分だけじゃないとなんだかホッとしました。

【輝くママの秘訣】自分が心がけていることは、自分を取り繕わず、ありのままでいることです。子供に、対しても ありがとう、ごめんなさい、疲れた! たのしい!など素直に伝えるようにしています。

【住んでいる街の好きなところ】神戸の街並み、人の優しさです。神戸の街並みには良き昔の面影が残っています。

【全国のママ&プレママへのメッセージ】まだまだ子供も年長さん年少さんのママです。ママ歴が浅く語るには歴が浅すぎるので、私が経験した事、そして感じた事をご紹介させて頂きます。

私は主人の実家である三重県に移り住むまでは、神奈川県にて暮らしていました。そこでの育児は、周りに身内や知り合いがいない中で、イヤイヤ期の2歳児とおっぱい命の0歳児の子育てをしながら、毎日が本当に大変な日々でしたが、子どもたちの成長を1番近くで感じながら過ごせた日々は何にも変え難い貴重な時間となっています。その反面、専業主婦であった為、社会との繋がりを持つ事が少なく、今まで何気なく当たり前のように働いていていた事がとても有難いことだったのだ。と身に染みて感じていました。働くという事はただお金を稼ぐという事だけではなく、人と繋がれるという事だと身を持って感じました。人と繋がれるという事は、子育て中のママにとってはとても大切で心の支えになるという事です。そこで気付けた働く事の有り難さを身に染みて感じ、今のお仕事(古着屋)においてもそのような子育て中のママでも気軽に立ち寄れる場所となるよう、キッズ古着の取り扱いやキッズスペース、絵本コーナーを設けるといったお店作りをしています。そして、人との繋がりに日々感謝して過ごしています。

何気なく当たり前だと思って過ごしている日常の中には、普段は気づきませんが実はとても有難い日常がある事なのです。それは、何かきっかけがないと気づく事が出来ないのかもしれません。私の場合は子育て中でしたが、子育て中でなくても、何かが自分の中で不足した時(何かが満たされていない時)に気付けることなのかもしれないなと感じています。

【目標・活動など】今私がたのしく子育て、お仕事させていただいているのも、お客様、家族、周りの関わって下さっている方々のお陰です。いつも本当にありがとうございます。これからも周りへの感謝の気持ちを忘れずに、たくさんの方の日常に、少しだけ彩りを添えられるお店作りを頑張っていきたいと思っています。

紗樹さんInstagram
https://www.instagram.com/chikusuto.v

ライター:三重支部 岡田聖子(2023.10.26)

コメントや「いいね!」でママ達の応援もよろしくお願いいたします^^

★ママそらFacebookページ

http://www.facebook.com/mamasola1

★ママそらサポーター募集中!

http://www.facebook.com/groups/mamasola.supporters/

★ママそらみえfacebookページ

http://www.facebook.com/mamasolamie

★ママそらみえサポーター募集中!サポーターだけの情報もお届けします!

http://www.facebook.com/groups/mamasola.mie/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

岡田 聖子ママそらみえ支部代表

投稿者プロフィール

三重県鈴鹿市在住。1児の母。ママそら三重支部代表。NPO法人shining代表理事。ゆめのたね放送局パーソナリティ。介護支援専門員。
古代遺跡が大好きでバックパーカーしていた時にタイの孤児院で知り合ったタイ人の親友がスマトラ沖地震で被災し、音信不通となる。彼女と約束した「子育て支援に情熱を注ぐ」を決意する。
老人保健施設で働く傍ら、忙しいママが子育てをしながら輝けるよう2014年6月NPO法人shiningを同じ志を持った仲間と設立。
2015年、出産後より心のよりどころとしていた、ママそらにかかわってみたいと、ママそら100人プロジェクト5期生として学ぶことを決意。
2016年4月よりママそら三重支部代表となる。三重から全国に、全国から三重にママの繋がりを作っていく。
今後の目標は、ママが安心してくつろげ、地域の人々が気軽に交流できる、第3のおうちを作ることに力を注ぐ。そして、書と三重の伝統文化をコラボした商品を全国に発信すること!

この著者の最新の記事

関連記事

私らしい生き方・働き方 LIVLA

LIVLA

minau

Career Design OSAKA

woman-career-design

注目記事

  1. 【ママそら関西×阪神梅田本店】8月第4週/9月1週目セミナー開催報告

    阪神梅田本店でのママそら関西のイベントが好評開催中! 阪神梅田本店では、ママそら関西から講師を…

最近の投稿

  1. 2024-5-17

    【ママそら関西×阪神梅田本店】5月1週目・2週目の開催報告と次回のご案内

    阪神梅田本店でのママそら関西のイベントが好評開催中! 阪神梅田本店では、ママそら関西から講師を迎え…
  2. 2024-5-8

    5/11(土)ラジオコーナースタート!!『韓・日に不時着ラジオ☆シーズン4』

    5/11(土)ラジオコーナースタートします!!『韓・日に不時着ラジオ☆シーズン4』 このラ…
  3. 2024-5-7

    磯崎春菜さん<三重県>ママそら「今日の輝くママ」NO.1963

    「私が思う輝くママの秘訣は、ワクワクドキドキ好きなことをしてる時、生き甲斐を見つけた時です。」 …

ママそらTwitter

過去の投稿

ページ上部へ戻る