父の日制作。簡単な手作りギフトアイディアベスト5【子どもの心を育む遊びのヒント】


 

父の日に向けて、我が家の手作りギフトアイディアをご紹介♪

 
もうすぐ父の日ですね。
母の日に比べて盛り上がりにかけるような気もしますが、いつも頑張っている世のお父さまのために父の日は盛大にお祝いしてあげましょうね。
 
小さなお子様がいるご家庭なら、手作りギフトがおすすめ。子どもが作る“作品”は完成度こそ高くないかもしれませんが、その分愛情がいっぱい。その時にしか生まれないアイディアや個性が詰まっています。
 
そこで今回は、これまで息子が制作した手作りギフトの中からトップ5のアイディアをご紹介したいと思います。
 
 

<1. アーティスティックなペーパーウェイト>


 
こちらは以前アウトドアイベントで息子が作ったもの。まずは好きな形の石をチョイス。そこにアクリル絵の具で自由にお絵描きします。乾かしたら出来上がり♪ 石の形が動物や乗り物に見えたらそれを絵の具で表現してもOK。ペーパーウェイトならパパの会社のデスクでも活躍するはずです。
 

 
 

<2. お野菜スタンプネクタイ>


 
こちらは息子が1歳の頃の制作。当時野菜の断面を見せたくて、よくお野菜スタンプで遊んでいた我が家。紙にペタペタスタンプを押すのも楽しかったのですが、せっかくなので、真っ白なネクタイを購入し、布用スタンプを使用しオリジナルネクタイを作りました。個性的なパパなら身に着けてくれるかな^^
 

 
 
<3. 丸めて塗って貼ってキュートな写真立て>

 
こちらは息子が年少(3歳)のときの幼稚園での制作。紙粘土を丸めて、写真を立てられるようにスリット(切れ目)を入れ、色を塗ってスパンコールなどを貼り付けたもの。こちらもとっても簡単ですが、どういう風に丸めるか、どんな色を塗るかでオリジナリティ溢れる作品に。家族思いのパパならファミリーの写真をデスクに飾っておきたいかも。
 
 

<4. 手形付きメッセージボート>


 
紙粘土で手形を作り、乾いたら色塗り。時間があれば水性ニスを塗るとよりきれいに仕上がります。それを市販のコルクボートに木工用ボンドで張り付けただけですが、子どもの成長を見ることができる作品です。兄弟がいたら手形を並べるのも可愛いですね。こちらもパパのデスクアイテムに♪
 

 
 

<5. 似顔絵オリジナルエコバッグ>


 
無地のエコバッグに、布用クレヨンでお絵描き。パパの似顔絵やメッセージを書いたらアイロンをかけて出来上がり♪
 

 
 
どれも簡単ですが子どものときにしか生まれない貴重な作品の数々です。もちろん、父の日に限らず、いろんなシーンでプレゼントできるものばかり。
 
今回ご紹介したのは我が家の息子の作品ベスト5。きっと皆さんもいろんなアイディアや作品をお持ちだと思いますので、「こんなものを作ったよ」「こんなプレゼントが喜ばれたよ」という情報があったらお寄せくださいね♪
 
 
文中でもご紹介したエコバッグ作りの無料イベントを、6月14日(土)、父の日の前日に石神井住宅公園(東京都練馬区)で開催します。お時間のある方はぜひ遊びにいらしてくださいね。

詳細はこちらのブログをご覧ください。↓↓
https://mamasola.net/?p=18140
…………………………………………………………………
心を育む、子どもをギュッとハグする、心をハグする……そんな想いがいっぱいの「子どもの心を育む遊びのヒント(ここハグ)」。遊びや体験を通して子どもの心を育むために私たち大人ができることとは? 子どもの輝く未来のために奮闘中の黄野いづみがお届けします。
…………………………………………………………………

黄野いづみ
キアノ・インターナショナル株式会社 代表取締役
「子どもの輝く未来のために、子どもの心を育み親子でHAPPY に!」をコンセプトに、木製玩具、アートグッズの輸入販売や心を育む遊びの提案を行っている。海外生活の経験を活かし、楽しみながら英語に触れることのできる遊びも紹介。グローバル時代を生きる子どものために、豊かな感性や表現力、発信力、人間力を育むプロジェクトに取り組んでいる。

…………………………………………………………………

【子どもの心を育む遊びのヒント(ここハグ)のご案内】

子どもが遊びや体験を通して様々なことを学んで心を育める環境を一緒に作っていきませんか?
子育て中のパパ・ママはもちろん、子どもの教育に携わっていらっしゃる方、子どもの健康や育児に関心のある方、未来を担う子ども達に何か残してあげたいと感じる方であれば、男性、女性、既婚、未婚問いません。
ぜひ、プロジェクト(グループ)にご参加ください^^
ここハグ メンバー募集!
グループ参加はこちらから↓↓
https://www.facebook.com/groups/kokohug/
…………………………………………………………………

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

黄野 いづみママそらディレクター

投稿者プロフィール

株式会社ママそら ディレクター
株式会社LIVLA 取締役
ピープルビヨンド株式会社 取締役
16歳で単身アメリカへ留学。学習院大学に入学・卒業し、その後に再度渡米。テレビ局や日系メディア会社にてインターンとなる。帰国後は出版社で、約10年間、広告営業や企画編集ライターなどに従事するとともに、プロジェクトマネージャー、チームリーダーを経験する。出産を機に独立。
「子どもの輝く未来のために、子どもの心を育み親子でHAPPY に!」をコンセプトに、木製玩具、アートグッズの輸入販売や心を育む遊びの提案を行っている。海外生活の経験を活かし、楽しみながら英語に触れることのできる遊びも紹介。グローバル時代を生きる子どものために、豊かな感性や表現力、発信力、人間力を育むプロジェクトに取り組んでいる。
株式会社ママそらでは創業時からディレクターを務め、複数のプロジェクトの統括やスタッフ管理・育成に携わるとともに、ライター育成も行っている。
HP  http://www.twinklekidsstar.com
Facebookページ https://www.facebook.com/kidsstarjapan

この著者の最新の記事

関連記事

私らしい生き方・働き方 LIVLA

LIVLA

minau

Career Design OSAKA

woman-career-design

注目記事

  1. 西岡さち子さん<徳島県>ママそら「今日の輝くママ」NO.1310

    「頭の中の整理が肝心!」 今日の輝くママは、西岡さち子さん。マルチタスクが得意なママだ…

最近の投稿

  1. 2022-6-23

    【ママそら関西×阪神梅田本店】6月3週目開催報告と来月のご案内

    阪神梅田本店でのママそら関西のイベントが好評開催中! 阪神梅田本店では、ママそら関西から講師を迎え…
  2. 2022-6-22

    鏡谷有紀さん<三重県>ママそら「今日の輝くママ」NO.1400

    「自分も楽しみながら人の為に行動する事により、自分事のように沢山の幸せが降ってきます。」 …
  3. 2022-6-22

    辻元雅乃さん<奈良県>ママそら「今日の輝くママ」No.1399

    「定期的にOFFを作り、楽しむときは全力で楽しむ!!」 今日の輝くママは家事お片付けコ…

ママそらTwitter

過去の投稿

ページ上部へ戻る