カラダの外側からのケア~薬膳/漢方について~☆余慶尚子式巡り美人 Vol.3


 

カラダの外側からのケア~薬膳/漢方について~

 

こんにちは。

美巡セラピスト/国際薬膳師の余慶尚子です。

 

 

さて、前回のコラムは「内側からのケア」ということで、私の肩書である「美巡セラピスト」に因んで書きましたが、今回は‘国際薬膳師/国際薬膳調理師’の視点から「美しく、健やかに」なれる薬膳、漢方のお話をしますね。

 

 

先ずは、漢方とは…漢方薬!と即座に答える方も多いと思われますが、実は、漢方薬だけでなく、針やお灸、按摩(あんま)、そしてライフスタイルの在り方まで、さまざまなジャンルに至ります。

 

 

漢方は、奈良時代頃に中国から伝わった中国伝統医学をベースに、私たちの祖先である日本人が日本人のために長い年月をかけた経験によって確立した誇るべき文化なのです。

 

 

ちなみに、韓国人が韓国人のために確立したのが、韓方(ハンバン)、朝鮮では高麗医学にあたります。

韓流大好き!!から高じて、「韓方」に興味がある方も多いかもしれませんが、是非、日本人は日本人のための「漢方」をおススメします。

ちなみに「漢方」と呼ばれるようになったのは江戸時代、オランダの「蘭学」と区別するためで、つい最近??のことなんですね。

 

 

この「漢方」の世界では、人間は「気血水」の3つの要素で構成されると考えられています。

この3つが充実し、全身を巡り、調和を保つことで心身の健やかさが保たれるとかんがえられます。

 

 

 

「血」は血液、「水」は、血液以外の体液をさし、「気」だけが西洋医学には存在しない概念。

漢方やアユールヴェーダーなど東洋医学の独自の概念で、生命活動に必要なエネルギーをさします。つまり、元気!、やる気!の「気」にあたりますね。

 

 

 

少しお勉強の時間が長くなりましたが、この「気血水」を充実させ、全身を滞りなく巡らせ、調和させるライフスタイルの在り方が、漢方として前述のように、長い時をかけた経験の中で確立されました。

それをベースにした食事法が「薬膳」にあたります。薬膳と聞くと、「不味そう…」「難しそう…」「特別な食材が必要でしょ?」と思われがちですが、実はとっても身近なものなのです。

なんと、スーパーの食材でカンタンに作れちゃいます。

 

 

そのカンタンの第一が、旬のモノを食べることです。

自然との調和を考えるのが漢方の考え方の第一なので、旬のものはおのずとその環境の中で暮らすヒトが欲しているものとなります。

例えば、キュウリやスイカなど夏にカラダを冷やし、むくみを改善するウリ科の野菜や果物が多いのも、自然とヒトとの調和が考えられている云われなのです。

 

今回のテーマは「巡り」ですが、「ママそら」の皆さんの中には、冷えで悩んでいらっしゃる方も多いのではないでしょうか?

これも巡りが悪くなっている状態。そういう方には、カニより海老、牛よりも鶏、クルミやナッツ類やスパイス類もおススメです。

 

 

 

 

そして、血がドロドロな方は、ホウレンソウよりも青梗菜、お魚は鯖やイワシなどの青魚を。

ストレスがたまってイライラな方は柑橘類や香味野菜、スパイス類など。

 

 

冬に向けた今からの季節は、梨や茄子、百合根、豆腐、タラなどの白身、白い食材や、黒豆、キノコ、ゴボウなどの黒い食材を摂るようしましょう。

ただ、暑がりの方がスパイス類はあまり多く摂るのはおススメしませんのでこれらはあくまでも目安。

 

 

人によって、それぞれコンディションは違ってくるのでご注意を。

「薬膳」は、このようにスーパーの食材で簡単にできるもの。それぞれの体調やニーズに合わせたお料理で、家庭でセルフケアに作る分には、一度、覚えちゃえば、簡単に応用できるものなのです。

 

 

また、皆さんに身近なものでは、経絡(けいらく)マッサージというのもよく聞かれると思います。

 経絡とは、「気」と「血」の通り道でそれぞれの特定の内臓につながっています。皆さんがよく聞く「ツボ」は、カラダの表面に現れる経絡上の点で、地下鉄が経絡だと地上に現れる「駅」のような存在となります。

 

 

ツボをハリやお灸、ツボ圧しなどで刺激することで、内臓の変調を整えることができるので、外側からのケアで是非、トライしてみてください。皮膚をさするだけでも巡りを整えるのでおススメなのですよ。

外側からのケアも内側のケアと合わせて、是非、とりいれてみてくださいね。

 

 

 

ハリウッドセレブも夢中の新メソッド!

注目の美容ブック

「3分間で冷えとり、むくみとり ボディシェイプ リンパブラシ」

著/余慶尚子

ボディを専用ブラシでブラッシングするだけで、毛細リンパと毛細血管を刺激して巡りのいいスッキリボディに! 頑固な冷え、むくみも解消。 ミランダ・カーなどハリウッドセレブも実践する「ボディブラッシング」が簡単に実践できる付録付き美容ムックです。

書籍では、リンパと血液の流れにそって効果的に巡りを高めるためのブラッシング術をパーツごとに掲載。悩み別テクなども。

 

【特別付録の「リンパブラシ」】

上質な天然馬毛100%に徹底的にこだわって開発した肌に優しい設計。

毛細リンパと毛細血管を気持ちよく刺激できつつ、痛くない絶妙な肌触りになるよう、なんども試作を繰り返しました。背中もしっかりブラッシングできるよう、柄つきの形状なのもポイントです。

柄の部分は、ひとつひとつ手で削りだした、かっさ機能、ツボ押し機能もついています。

1本で3役のリンパブラシです。

 

 

 

【ママそら×角川マガジンズコラボ企画第2弾】

 

ママ美活☆ドライスキンブラッシング講座

11月29日(金)10:00-12:00

詳細&お申込はこちらをクリックしてください↓↓

https://www.facebook.com/events/170805226453351/

 

 

余慶尚子(よけい・なおこ)

広告代理店、外資系企業にて勤務当時に自身が重い体調の不調に悩んだことから、心と体の両面をケアする「巡り」に着目。2007年よりリンパドレナージュサロン「Flow」を主宰。2011年に“気・血・水”をベースにした東洋医学的視点と、リンパや静脈の流れに着目し

た西洋医学的視点を組み合わせた余慶式「美巡メソッド」を発表。様々なメディア媒体やトリートメントなどを通して、より魅力的なライフスタイルを提案し続けている。また、生活総合情報サイトAll About(オールアバウト)にて記事執筆や美容・健康に関わる商品やサービスなどの企画プロデュースも手掛けるなど、幅広く活動中。

著書に『美巡ブラシエステ』(中央公論新社)がある。

 

【連載】 All About ボディケアガイド http://allabout.co.jp/gm/gp/1392/

LBR ~Life & Beauty Report http://lbr-japan.com/author/yokei/

【ブログ】 http://blogs.glam.jp/yokeinaoko/

【HP】http://yokeinaoko.manna-heart.jp/

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

★ママそらFacebookページ
http://www.facebook.com/mamasola1
★ママそらサポーター募集中!
http://www.facebook.com/groups/mamasola.supporters/
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

minau

Career Design OSAKA

woman-career-design

注目記事

  1. 12688079_963968327016196_6435026725906075980_n

    ママとキッズの意見が詰まった子ども用レトルトカレーが新登場!

    【ママそら PR企画】 ボンカレーから、大人が食べても満足する子ども用レトルトカレーが誕生! …

最近の投稿

  1. 7A13DBE6-9371-48B4-A408-051B9D9387DF

    2018-7-20

    ラジオ2本立て!「学生に大人気のトレーディングカードゲーム(TCG)とは?」「時間とお金をムダにしない!骨格診断×パーソナルカラーで賢い服選び」

    ママそらラジオColorful Style Labは毎週土曜日10時~11時、多様な人が活躍できる社…
  2. 37202733_1739249999499144_2353175842328150016_n

    2018-7-20

    成瀬さおりさん ママそら 「今日の輝くママ」No.927

    「楽しい・笑顔は周りの人も元気にします。」 今日の輝くママは、成瀬さお…
  3. 35102720_1662386933876890_2815240746293002240_n

    2018-7-19

    岩根 亜紀子さん ママそら「今日の輝くママ」No.926

    「マイナスなことも楽しむ」 今日の輝くママは岩根亜紀子さん。 アンハッピーなことがあってもで…

ママそらTwitter

過去の投稿

ページ上部へ戻る