丹後佳代さん〈愛媛県〉「ママそら」今日の輝くママNo.1006


img_2023-2.jpg
「とにかく自分も楽しむ!」

今日の輝くママは丹後佳代さん。母業もこなしながら90年続くタオル会社を3年前に引き継いだことから、本当に大変だからこそ、自分自身が楽しむことが大事と話す丹後さん。そんな強くやさしいメッセージどうぞご覧ください。

【名前】丹後佳代 たんごかよ

【お住まい】愛媛県今治市

【お子様について】長女8歳・次女5歳

【職業】会社員

【最近嬉しかったこと】
日経ウーマンオブザイヤーの受賞
img_2019.jpg
【輝くママの秘訣】
とにかく自分も楽しむ!

【住んでいる街の好きなところ】
人がとってもあったかい

【全国のママ&プレママへのメッセージ】
とにかくやってみよう^ – ^
上手くいったら続けてみよう
うまくいかなかったら変えてみよう
やめることもチャレンジ!

【目標・活動など】
母であり、妻であり、自分。
ママはみんな本当にたくさんの役割をこなしていますよね。えらい!!って自分を褒めてあげたいくらい (笑)

私は今現在、後継者がなく廃業を決めていた90年続くタオル会社を3年前に引き継いで、タオルを作るお仕事をしています。取引先0からのスタートとなり、本当に苦労の連続…!はじめは、とにかくお仕事をもらわなくちゃ、働いてくれているみんなの生活が守れないと必死な毎日でした。それもたくさんのご縁をいただく中で、なんとか少しずつ形になり、今は自社オリジナルタオルブランド”しあわせを織りなす”という意味のOLSIA(オルシア)の営業を主に担当しています。
img_2021.jpg

催事や営業のために、出張に出ることだって月に何度もあります。子どもたちは小2と年中さん。まだまだ手はかかりますが、両親と夫の助けを借りながらなんとか乗り越えています。はじめて泊まり出張に行った時はご飯は食べたか、熱は出ないか、忘れ物はなかったかと本当に色々心配でしたが、全てはなんとかなるものです。朝ごはんがチョコだったり、寒空の中ノースリーブで来てるよとママ友から連絡が入ったり、水筒を忘れたり…。色々あっても、要は気の持ちよう。笑ってしまえば、大抵のことはそう大したことではなかったりします。
本当に大事なのは、お母さんが仕事も遊びも本気でやっているか、本気で楽しんでいるかの方。もちろん寂しい思いもさせることがあるかもしれません。でも、私は子どもに「お母さんって楽しそう」「大人って楽しそう」「早く大人になりたい!」って思ってもらえるようなお母さんでいたいと思っています。しんどい時も悩んでる時もイライラするときだってもちろんあります。今日は「母さんおしまい」っていう時もあっていい。でも、どこか楽しむときに精一杯やれてるかが大事なのではないかと思うのです。

先日、タオルのお仕事で日経ウーマンオブザイヤーという賞を頂くことになり、受賞式に思い切って子どもたちも連れて行きました。日頃見慣れない母さんの姿を見て一番目を輝かせてくれたのは娘たちでした。娘たちの心に少しでも笑顔の私が残っていたらなぁと思います。

ちなみに、裏話を一つ。受賞者やゲストの方々と最後に集合写真をとってもらうときに、プロのカメラマンさんが「次こっち目線くださーい」という掛け声に混じって、ものすごくベストポジションな中心の良い場所で、娘が自分のカメラを構えていて待っていて思わず受賞者のみなさま一同が大爆笑となりました。なんでも、気の持ちよう!娘やったね!
img_2020.jpg

img_2022.jpg
TANGO inc(㈱丹後)
http://tango-imabari.shop-pro.jp/?mode=cate&cbid=2339427&csid=0

ライター:福島支部 景井愛実(2018.12.28)

コメントや「いいね!」でママ達の応援もよろしくお願いいたします^^
★ママそらFacebookページ
http://www.facebook.com/mamasola1

★ママそらサポーター募集中!
http://www.facebook.com/groups/mamasola.supporters/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
景井愛実

景井愛実ママそら 本部

投稿者プロフィール

二児の母。福島に生まれ育ち、嫁ぎ先も福島。4世代同居。夫両親と農業を営む。『農家=地域に根差した仕事』。地域の女性やママたちと楽しみながら生きていきたい。

【ママそら本部】 
https://www.facebook.com/mamasola/

【Berry's Garden】
https://berrys-garden.com
農業女子 景井愛実プロデュースの福島発アグリブランド。 
「Pocket of “love berry” time:日常のちょっとしたスキマに、愛、実る時間を。」 をテーマに、クオリティや想いを大事にした日常の一息つけるスキマ時間を幸せに感じられるアイテム・イベント・ライフスタイルを提案。農産物・加工品に加え、農産物を様々なシーンで楽しめるアクセサリー、雑貨など、農に関連したアイテムを幅広く展開し、「可愛い楽しい農」を提案。“あなたのスキマに幸せをお届けしたい”という想いを
ブランドを通じて発信している。

この著者の最新の記事

関連記事

私らしい生き方・働き方 LIVLA

LIVLA

minau

Career Design OSAKA

woman-career-design

注目記事

  1. 12688079_963968327016196_6435026725906075980_n

    ママとキッズの意見が詰まった子ども用レトルトカレーが新登場!

    【ママそら PR企画】 ボンカレーから、大人が食べても満足する子ども用レトルトカレーが誕生! …

最近の投稿

  1. 89A20743-441D-4711-83AE-3E3BBC9A1A59

    2019-8-21

    保護中: 鎌倉めぐみさん<三重県>ママそら「今日の輝くママ」NO.1111

    このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。 …
  2. 67563728_392153634839416_4789422867626328064_n

    2019-8-21

    澁谷雅子さん<兵庫県>ママそら「今日の輝くママ」No.1110

    「自分の気持ちを大切に、ピンときたら後悔しないよう動くこと。」 今日の輝くママは子育て…
  3. 2019-8-20

    池田一貴さん<高知県>ママそら「今日の輝くパパ」No.86

    「どのように楽しくするかの工夫が大事」 今日の輝くパパは、池田一貴さん。 子どもの個性を…

ママそらTwitter

過去の投稿

ページ上部へ戻る