プログラミングで感動体験を!!!ママそらこども未来館スペシャル企画


 

プログラミングで遊ぼう!学ぼう!プログラミングで感動体験を!!!

こんにちは!
これまで「ママそらこども未来館」にてプログラミング教育について出演させて頂きました(株)KAMAKEのすすめ 代表 北山貴彦です。

この度ママそらこども未来館スペシャルイベントとして、こども向けプログラミング教室を開催します!

講師は私、北山貴彦と、ママそらこども未来館館長の松田雄馬博士です。

この教室の私と松田博士の目的は同じで、プログラミングによりモノを動かす経験を通じてこどもたちに”人生の道しるべとなる感動”を体験してもらうことです!
自分なりに作ったプログラミングで、モノを思い通りに動かすという成功体験は、こどもたちの目を輝かすことができます。
そのような感動体験の瞬間を是非お子様とご一緒に楽しんで下さい!

本プログラミング教室の内容

本教室ではマイコン(ICチップ)を搭載したマイコンレーサー2を使ってプログラムを作り、モノを自分の思い通りに動かす楽しさや感動を体験して頂きます。

教室ではマイコンレーサーでこどもたちが楽しく学び、自然と熱中できるような課題(コース)を用意します。
「プログラミングやったことないけど、大丈夫かなぁ・・・」という方でも大丈夫です!
プログラミングはアイコンを並べて直観的に操作できるビジュアルプログラミングを使ってつくるので、こどもでもすぐに覚えて楽しめます!

課題を攻略する為に、こどもたちは目の前の課題に何度もチャレンジし、成功する体験を経て、試行錯誤する楽しさ、またモノづくりの楽しさを感じてもらいます。また、教室最後のタイムアタックでは自慢のプログラムでお友達と競う為、こども達の集中力は一気に高まります。

教室の様子の動画

本プログラミング教室の特徴

(1)自分の力で問題を解決できる
スタッフはこどもの問題解決能力を伸ばす為に答えを教えません。こども自身が答えを出せるように問いを出し、導きます。

(2)こどもの潜在的な能力を引き出せる
こども一人一人にどのような能力が隠されているかは実際に体験して、取り組む姿を観察しないとわかりません。本教室にてプログラミングに触れる事で、こどもの潜在的な能力を引き出し、親御さんに見てもらうことができます。

(3)大手マイコンメーカーで勤めていたエンジニアなどから教えてもらえる
講師は現役エンジニア兼、東京学芸大学 STEM教育プロジェクト 教育支援フェローであり、スタッフはモノづくりの第一線で活躍するエンジニア。そのようなバックグラウンドを持っている講師スタッフからマイコンレーサーを通じて自動運転など未来の技術を聞くことができます。

保護者様の声

ーー教えてくれたエンジニアさんに憧れて子どもがモノづくりの職業に就く事を目指しています! 今でも何か気になる事があれば、そのエンジニアさんに連絡して質問しているようです。(中学生男子 母)

ーープログラミングに対して原理が分かりやすく、身近にある車を題材にして動かすという手段が分かりやすかった。(小学生女子 父)

ーー専門スキルを持ったエンジニアの方々が講師、スタッフとして多くいて、手厚く丁寧に教えてもらいました。(小学生男子 母)

こども向けプログラミング教室詳細

無題
【日時】
2018年8月8日(水)14:00~17:00(開場13:30)※悪天候により中止
→ 2018年10月27日(土)14:00~17:00(開場13:30)
=========
14:00~14:20 教室内容の説明 アイスブレーク
14:20~14:50 「まっすぐ走らせよう!」 説明(15分) 走行(15分)
14:50~16:40 「コースを走らせよう!」 説明・試走(20分) 練習(25分) 中間測定(10分) 練習(25分) 大会(30分)
16:40~17:00 振り返り 表彰式
=========

【場所】
株式会社LIVLA 箱崎オフィス
東京都中央区日本橋箱崎町27-9 ヴェラハイツ箱崎 2F
東京メトロ半蔵門線「水天宮前駅」2番出口徒歩3分
https://www.livla.jp/company/#content002

【対象】
小学校3年生~中学校3年生(※親御さん同伴の場合は小学生1~2年生も参加可能です)

【参加費】
6,000円(税込)/人(※同伴の親御さんの参加費は無料です)
(※参加にあたり準備いただくものは特にございません。必要に応じて筆記用具の準備をお願いします。)
(※セミナーで使用するマイコンレーサー、プログラム書き込み用のパソコンは無料貸し出しとなります。)

【申込方法】
事前申し込みとなります。
イベントページより参加ボタン押していただき、
info@kamake.co.jpに下記メールをご送付下さい。
[件名]ママそらイベント
[本文]①氏名(フリガナ)②参加者の学年

【定員】
12名(※定員になり次第ご応募を締め切らせて頂きます。ご了承下さい。)

【キャンセルポリシー】
開催日 7日前~4日前:参加費の50%、開催日 3日前~当日:参加費の100% 頂きます。

講師紹介

☆北山貴彦

1988年大阪生まれ。神戸大学 大学院工学研究科電気電子工学専攻 修了。2013年半導体メーカー ルネサスエレクトロニクス株式会社入社。車載半導体設計開発担当の後、車載半導体事業部にて自動運転向け半導体の事業拡大に携わる。その傍ら、休日に有志のエンジニアと共に小中学校などでプログラミング教育活動を開始。活動を通じて、モノづくりの楽しさを子供達に伝えつつ、エンジニアとこどもたちの交流から、双方向に学びを得られる場の創造を実現。本活動を社会に広めるべく、ルネサスを退社し、株式会社KAMAKEのすすめ を設立。代表取締役社長。2018年5月東京学芸大こども未来研究所 STEM教育プロジェクト 教育支援フェロー就任。

☆松田雄馬博士(工学)ママそらこども未来館館長

1982年9月3日生誕(ドラえもんと同じ誕生日)。徳島生まれ、大阪育ち。博士(工学)。2005年京都大学工学部地球工学科卒業。同大学在学中、中国北京大学に短期留学。2007年京都大学大学院情報学研究科数理工学専攻修士課程修了。同年日本電気株式会社(NEC)中央研究所に入所。MITメディアラボとの共同研究、ハチソン香港との共同研究に従事したのち、2008年、東北大学とのブレインウェア(脳型コンピュータ)の共同研究プロジェクトを立ち上げる。2015年情報処理学会にて、当該研究により優秀論文賞、最優秀プレゼンテーション賞を受賞。同年、博士号取得。2016年NECを退職し独立。2017年1月ママそらこども未来館館長就任。現在、「知能」や「生命」に関する研究を行うと共に、2017年4月、同分野における研究開発を行う合同会社アイキュベータを設立(代表社員)。同年、株式会社ユニロボット、株式会社ケンタウロスワークス、株式会社リディアの技術顧問に就任。人工知能に関する謎を「生命」という視点から紐解く「人工知能の哲学」(東海大学出版部)を刊行。


【ママそらからのお願いです】
営利・ネットワークビジネス・政治・宗教等の主たる目的としての参加はお断りさせていただいております。皆様に気持ちよく楽しんでいただきためにお守り頂きますようお願い致します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この著者の最新の記事

関連記事

minau

Career Design OSAKA

woman-career-design

注目記事

  1. 12688079_963968327016196_6435026725906075980_n

    ママとキッズの意見が詰まった子ども用レトルトカレーが新登場!

    【ママそら PR企画】 ボンカレーから、大人が食べても満足する子ども用レトルトカレーが誕生! …

最近の投稿

  1. 47685511_518448068653650_3790295710868439040_n

    2018-12-14

    幸田宗市朗さん〈福島県〉ママそら「今日の輝くパパ」No.76

    「自分のできることを精一杯やること」 今日の輝くパパは幸田宗市朗さん。 父親の役割とは何…
  2. 2018-12-12

    山村未央さん<兵庫県>ママそら「今日の輝くママ」No.998

    「一瞬一瞬を大切に!子どもと一緒に感動体験をたくさんする事がわたしの子育ての基本」 今…
  3. 887DE57A-D86A-4E2F-9EB8-9145B87EBE48

    2018-12-12

    清水加奈さん <三重県> ママそら「今日の輝くママ」NO.999

    「子育てしながら自分も日々勉強ですね。」 今日の輝くママは清水加奈…

ママそらTwitter

過去の投稿

ページ上部へ戻る