松原香奈美さん ママそら「今日の輝くママ」No.617



「外出して多くの人と接し、そしてたくさん笑う。」

今日の輝くママは松原香奈美さん。
2016年に東京からIターンで高知に移住した松原さん。ご夫婦で経営されているレストランや活動されている講座などでたくさんの方たちと出会い、交流をされています。笑うことで思考がポジティブに切替わります、とおっしゃる松原さんからのメッセージをぜひご覧ください。

【名前】松原 香奈美(まつばらかなみ)

【お住まい】高知市

【子ども】1歳 女の子1人

【職業】
2015年12月末まで六本木で夫とフレンチレストラン『ル・グラン・ソワール』を経営。
2016年2月高知市へIターンとして移住、5月に追手筋沿いにレストラン『松原ミート』をオープン。経理や人事関連の仕事をすると同時に、正しいだっことおんぶをお伝えする講師(ベビーウェアリングコンシェルジュ)と授乳服専門店『モーハウス』の高知サロンを手掛ける。

【最近嬉しかったこと】
一人でしっかり歩けるようになってきた娘。
私より先に前へ歩き始めた後、クルッと向きを変えて満面の笑顔で両手を広げて戻ってきてぎゅ~っと抱きついてきてくれる。その瞬間がたまらなく嬉しいですね。

【輝くママの秘訣】
外出して多くの人と接し、そしてたくさん笑う。
特にお店や自身が活動している講座には多くの方が来てくださいますので、いろんな方のお話が聞けて、自然に笑いも出てきます。笑うことで思考がポジティブに切替わり些細なことが氣にならなくなりました。

【住んでいる街の好きなところ】
・「松原ミート」おいしいですよ(笑)
・「オーガニックマーケット」安心して買える食材がいっぱい。ゆるりとした雰囲氣も大好きです。
・「こうちエコハウス」高知県産の木を使って建てられたモデルハウス。自然な木の香りがして癒されて、娘も大好きな場所。
・「わんぱぁくこうち」こぢんまりとした動物園があり、動物たちがとても身近に感じられる。
・高知の人、食材、そして自然!

【全国のママ&プレママへのメッセージ】
真面目すぎず、頑張りすぎない。
弱音を吐いてもいい、他人に頼る勇氣を。
諦めることも大事。
いい加減がちょうどいい。
子どもと子どもの治癒力を信じて。

ズボラな性格だからきっと困難だったであろう時も何とかやり過ごせたのかな (笑)

私には実母も義母もおらず、産後身内に頼れる女手がありませんでした。
大変な時もありましたが、夫のサポートもあり、かえって自由に子育てができました。 
“ 子どもが産まれたら自分の時間がなくなる” どころか、生後1ヶ月頃から頻繁に専門家のお話が聴けるセミナーへ行ったり友達と会ったりしながら娘との外出を楽しんでいました。

乳児期はほとんど寝ているので、1日の内少しでもリフレッシュできる時間が作れるとより子どもと楽しく向き合えるのではないかなと思います。

【目標・活動】
産後の娘との外出を可能にしたのが『スリング』というだっこひもと『モーハウス』の授乳服。一枚布でできたスリングに入れてだっこをすると安心して眠ってくれるんです。授乳時はモーハウスの授乳服を着用しているのでスリングに入れたまま授乳。歩きながらでも授乳ができるので東京に住んでいた時は行列ができる授乳室に並ばなくて済みました。静寂なセミナー中でも泣かれることなくさっと授乳ができたおかげで育児が本当に楽に。これらの出会いが現在の活動に繋がったのです。

・ベビーウェアリングコンシェルジュ
スリングを含む布一枚でできるだっこやおんぶのことをベビーウェアリングと言います。それらを使って正しくだっことおんぶができる方法をお伝えする専門家(ベビーウェアリングコンシェルジュ)として高知市内で月一回(毎月第三金曜日)講座を開いています。

正しくだっこやおんぶをすることは赤ちゃんの発育にとってとても大切です。またベビーウェアリングは両手が離せるくらいしっかりと密着するので、災害時でも両手が使えて安全に避難できます。実は奥がとても深いだっことおんぶの方法なんです。色やタイプも様々で、洋服や好みに合わせておしゃれを楽しむこともできます。最近では出張講師の依頼も増えてきました。

・モーハウスサロン高知
もう一つの活動として、パイオニアとして知られる人氣のモーハウスの授乳服やインナー、授乳ブラなどの商品を試着できるモーハウスサロン高知というのを立ち上げました。機能的でとてもおしゃれなので、日中はもちろん夜中の授乳も本当に楽で、娘もいつでもほしい時に欲求が満たされて満足そう。
授乳ケープいらずなので真夏の暑い時でも私と娘、どちらも快適なんですよね。今までは試着ができずインターネットでのみ購入だったのが、試着してから購入が可能となりました。一時のことだから授乳服がなくてもと思いがちですが、あるとないとではこんなに違う。ぜひ一度お試しください。

これらの出会いで育児がグンと楽になったので、一人でも多くの方に知っていただきたいという思いで、引っ越した直後から活動を開始しました。お友達が一人もいない高知へ引っ越してくる不安もありましたが、少しずつ理解してくれる人が増え、ネットワークも広がってきました。実はこれら二つの活動は四国では私一人なんですよ。
体験してみないとこれらの感動はなかなかお伝えしづらいので、ぜひ体験しにいらしていただきたいですね。

FBページ:
https://www.facebook.com/サロン-ド-ナチュレ-HanaHana-1713179442258942/

ライター:高知支部 玉井史織(2016.11.15)


コメントや「いいね!」でママ達の応援よろしくお願いします☆

★ママそらFacebookページ
http://www.facebook.com/mamasola1

★ママそらサポーター募集中!
http://www.facebook.com/groups/mamasola.supporters/

★ママそら☆こうち
https://www.facebook.com/mamasola.kochi/

★ママそらこうちグループページ(サポーター募集中!)
https://www.facebook.com/groups/mamasola.kochi/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この著者の最新の記事

関連記事

ママそらオリジナル&コラボアイテム

minau

Career Design OSAKA

woman-career-design

注目記事

  1. 12688079_963968327016196_6435026725906075980_n

    ママとキッズの意見が詰まった子ども用レトルトカレーが新登場!

    【ママそら PR企画】 ボンカレーから、大人が食べても満足する子ども用レトルトカレーが誕生! …

最近の投稿

  1. D7E1E1E1-1C43-4DE6-A222-9D43B48F409A

    2018-2-23

    ママそらこども未来館ラジオ「人工知能時代の未来の教育」

    ママそらラジオColorful Style Labは毎週土曜日10時~11時、多様な人が活躍…
  2. recruit_fileUpload1

    2018-2-23

    新宿で東北に出会う! 新しい東北づくりシンポジウム&合同企業説明会

    3月3日(土)「新しい東北づくり」シンポジウム&シゴトフェアで東北の魅力に触れる 東日本大震災…
  3. img_3633.jpg

    2018-2-23

    佐々木 幸子さん ママそら 「今日の輝くママ」No.863

    「自分が”ゴキゲン”でいることが家族にとっても一番」 今日の輝くママは、佐々木幸子さん。双子のお…

ママそらTwitter

ページ上部へ戻る