引越しは「気持ち」の整理から【転勤族の妻の引越し術 vol.1】



【転勤族の妻の引越し術 vol.1】引越しは「気持ち」の整理から

引越しって、やることがたくさんあって気持もちばっかり焦ることも。

何から始めたらいいんだっけ?
と考えているうちに時間だけが過ぎてしまい、
直前になってバタバタすることもしばしば。

目の前のことを処理するのに必死で
気が付いたら、手続きが間に合わない!?
二度手間になった…
荷物のコトなんて構っていられないー!!

そんなご経験はありませんか?

ママのお引越しは、自分ひとりのことだけでなく
家族の荷物を考えたり、子どものケアをしたり
負担が大きくなりがち。

限られた時間の中で、いかに無理なく無駄なく効率よく進めるか
それには

『ダンドリ』が大切

今回は引越しの「ダンドリ」についてお伝えしていきます。

やることを「見える化」しましょう

何をしなきゃいけないのか分からないことが、実は一番のストレス。
やることを書き出して「見える化」しましょう。

【手続き関係】

1、 引越しの日を決める
2、家を決める
3、引越し会社を決める
4、全体のスケジュールを決める
5、固定電話とインターネットの契約手続き
6、役所手続き(転校手続き、転出・転入届け、健保、年金、印鑑登録)
7、郵便物の転送
8、公共料金の住所変更(電気・ガス・水道)
9、各種カード、金融商品の住所変更
10、免許所の住所変更、自動車の登録変更、車庫証明

ざっとリストアップしただけでもかなりの項目になります。

これらを忘れずに覚えておくのは大変。
忘れてしまっても大変。

タスクリストと併せてスケジュール管理をしよう。
どれを対処したか忘れることもありますので、控えや履歴を残しておくと安心です。

お役所手続きなどはあらかじめ時間を確保して

平日昼間しか手続きができない役所での手続きは、早めにスケジュールに入れておくことが大切。

転園・転校の場合は引越し先の学校との手続きも発生するので、早めの対処が安心です。

インターネットを利用して隙間時間に効率よく

住所変更などはネットからも手続き可能です。
子どもが寝た夜にまとめて処理したり、お迎え前の時間を利用したりと、上手に時間を使って処理しましょう。

【作業関係】
引越しにおいて気になるのが今の住まいでの荷物や部屋の整理。
新居での片付け。

時間が取られる作業になるので、やることをまとめておくと安心です。
入居前にどれだけ準備できるかによって、新居でのスタートが格段に楽になります。

1、内覧会や物件下見での採寸(間取り図入手)
2、荷物を選別する(不用品の処理)
3、配置を決める(家具購入の検討)
4、収納を考える
5、梱包手順を考える

引越した後の方が以外と時間が無いものです。

特に小さなお子さんは、ずっと家で待ってなんていられない。
早くお出かけしたい。
段ボールに囲まれたままじゃストレス。

効率よく片づく家を作るためにも、引越し前の準備にしっかり時間をかけることがおススメです。

これらの手順については、次回のコラムでより詳しくお伝えしていきますね。

それよりもっと大事な「気持ち」の引越し

ここまで、やることについてお伝えしましたが、それ以上に大事なのが、
「どんな暮らしをしたいのか」「理想の暮らしってどんなカタチ」
という心や気持ちのお引越し。

どんな暮らしをしたいのか基準が明確でないと、判断がつかない場面が出てくるからです。

例えば「家事動線を良くしたい」と考えた時、

どんな家具の配置なら、どんな収納なら、何を厳選すれば、家事動線は向上するのかしら?

と考えることができます。

逆に、

今は何が使いにくいのか、
・扉の向き?
・家具の場所?
・モノが多いから?
・取り出しにくい位置だから?

と、考えを進めることもできますね。

待ちに待ったお気に入りの新居であっても、
住環境が変わったり、生活習慣が変わったり、家事動線が変化したり
これまでの生活から変えることも多い引越し。

荷物は移動できても、気持ちが残ったままだと
新生活を楽しめるまでしんどくなりますよね。

「どんな暮らしをしたいのか」
思考の整理をオススメします。

【文責:TKT48引越部 部長 門野内絵理子】
門野内絵理子(もんのうちえりこ)引越しオーガナイザー。
引越し11回。「片付く家になる仕組み作り」として引越しを利用したお片づけのサポートをしている。
http://ameblo.jp/chugutan/


いかがでしたか?

転勤族だけではなく、寮のある高校へ合格されたお子様、大都市の大学に進学するお子様、就職で上京するお子様など、色々なパターンの引越があるかと思います。

どの引越でも大事なのは、「気持ちの整理をすること」そして「モノの整理をすること」だったりします。

次回は「引越しは片付けのチャンスなんです」。どうぞお楽しみに。

「転妻広報大使~TKT48~」FBページ
https://www.facebook.com/tenkinzoku.net

転勤族のためのポータルサイト「転勤族ねっと」
http://www.tenkinzoku.net/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

奥田 美和転勤&ITコンサルタント、産業カウンセラー

投稿者プロフィール

海外駐在員の娘(帰国子女)から全国転勤族/タイ駐在員の妻へ。
夫の転勤等で6回引越し&9回転職し、大企業から零細企業まで5業界11社、正社員・契約社員・派遣社員・パート・アルバイト・個人事業主を経験。

2014年から「ワークスタイル・クリエイション」として起業し「女性の新しい働き方」を創出している。
地域活性化イベント企画グループ「転妻(てんつま)広報大使~TKT48~」(さいたま市市民活動サポートセンター登録団体)主宰。

この著者の最新の記事

関連記事

私らしい生き方・働き方 LIVLA

LIVLA

minau

Career Design OSAKA

woman-career-design

注目記事

  1. 12688079_963968327016196_6435026725906075980_n

    ママとキッズの意見が詰まった子ども用レトルトカレーが新登場!

    【ママそら PR企画】 ボンカレーから、大人が食べても満足する子ども用レトルトカレーが誕生! …

最近の投稿

  1. 91754950_2987163788030715_9129533332218970112_n

    2020-4-3

    HARULab. 〜旬の食卓Lesson4月〜 春のお弁当レシピ

    新生活の門出となる春。 彩りも鮮やかに、気分も上がる春のお弁当レシピです♪ お家の中でお花見…
  2. IMG_0957

    2020-4-3

    ミキハウス×ママそら関西 「ミキハウス子育て応援クラブ」4月のご案内

    ラジオ大阪「ミキハウス子育て応援クラブ」 ミキハウスの加藤浩二さん、高坂一子さんとママそら関西の桑…
  3. 85173782_637452033673750_6193751859157532672_n

    2020-4-2

    永田衣麗さん<福岡県>ママそら「今日の輝くママ」No.1207

    「自分に寛大に!(笑)ポジティブに変換する習慣をもつ」 今日の輝くママは永田衣麗さん。子育…

ママそらTwitter

過去の投稿

ページ上部へ戻る