年末年始のおもてなしでも大活躍。子どもと作る水引箸置き【子どもの心を育む遊びのヒント】


 

 

伝統工芸「水引」の新しい可能性とは?

 
2014年も残すところあとわずか。
クリスマスが終わるといよいよカウントダウンとなりますね。
 
年末年始はお客様が多くなり、おもてなしの機会も増えるはず。そんなときに大活躍する、ちょっとお洒落な手作り箸置きをご紹介。
 
使用するのは“水引”。水引と言うと、ご祝儀袋のイメージが強いのではないでしょうか? 水引は、贈答品を結ぶ際に使われてきた材料で、和紙のこよりをのりで固めた飾り紐のこと。伝統的なものですが、最近ではその可能性がどんどん広がっています。今回は子どもと一緒に簡単な水引工作を楽しみました♪
 
まず、好きな色(2色以上あると良い)の水引を用意します。水引は手芸店や文房具店で手に入ります。
それを20cm~25cmに切りましょう。
 
1色を15本位の束にします。そのまま輪にして結ぶのですが、子どもは束を上手に結べないかもしれません。その場合は両端をゴムで留めておくと結びやすくなります。
 

 
水引の束を輪にして結びます。
 

 
結び目のところに別の色の水引を巻き付けて端と端を結びます。
 

 
束になっている水引の両端をバランスを見てカットしましょう。
 

 
形を整えてできあがり。
 
材料もシンプル、作り方も簡単ですが、お正月にもぴったりの華やかで可愛らしい箸置きができました。年末年始はご実家へ帰省される方も多いと思いますが、おじいちゃま、おばあちゃまへのプレゼントとしてもおすすめですよ。日本の伝統工芸を身近に感じる工作を、ぜひお子様とお楽しみくださいね。
 
2014年のここハグブログは今回が最終回。どうもありがとうございました。
2015年も、子どもの心を育む遊びをテーマに、面白い情報をどんどん発信していきたいと思っています。引き続き、応援よろしくお願いします。
 
…………………………………………………………………

心を育む、子どもをギュッとハグする、心をハグする……そんな想いがいっぱいの「子どもの心を育む遊びのヒント(ここハグ)」。遊びや体験を通して子どもの心を育むために私たち大人ができることとは? 子どもの輝く未来のために奮闘中の黄野いづみがお届けします。

…………………………………………………………………

黄野いづみ
キアノ・インターナショナル株式会社 代表取締役
「子どもの輝く未来のために、子どもの心を育み親子でHAPPY に!」をコンセプトに、木製玩具、アートグッズの輸入販売や心を育む遊びの提案を行っている。海外生活の経験を活かし、楽しみながら英語に触れることのできる遊びも紹介。グローバル時代を生きる子どものために、豊かな感性や表現力、発信力、人間力を育むプロジェクトに取り組んでいる。
HP  http://www.twinklekidsstar.

Facebookページ https://www.facebook.com/kidsstarjapan

…………………………………………………………………
【子どもの心を育むHappy Project】 
「子どもの輝く未来のために、子どもの心を育み親子でHAPPYに!!」をテーマに、遊びや体験を通して知徳体を学ぶ環境を考え提案するプロジェクトです。
「子どもの心を育む遊びのヒント」、「親子で楽しめて役立つニュース」、「心豊かで自分力のある子ども(グローバルキッズ)に育てるポイント」、「子どもの心を豊かに育むアイテム」などをお届けします。

★Facebookページにいいね!をお願いします。★
https://www.facebook.com/kidsstarjapan

【子どもの心を育む遊びのヒント(ここハグ)のご案内】

子どもが遊びや体験を通して様々なことを学んで心を育める環境を一緒に作っていきませんか?
子育て中のパパ・ママはもちろん、子どもの教育に携わっていらっしゃる方、子どもの健康や育児に関心のある方、未来を担う子ども達に何か残してあげたいと感じる方であれば、男性、女性、既婚、未婚問いません。
ぜひ、プロジェクト(グループ)にご参加ください^^

ここハグ メンバー募集!
グループ参加はこちらから↓↓
https://www.facebook.com/groups/kokohug/

 

…………………………………………………………………

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

黄野 いづみママそらディレクター

投稿者プロフィール

株式会社ママそら ディレクター
株式会社LIVLA 取締役
キアノ・インターナショナル株式会社 代表取締役
16歳で単身アメリカへ留学。学習院大学に入学・卒業し、その後に再度渡米。テレビ局や日系メディア会社にてインターンとなる。帰国後は出版社で、約10年間、広告営業や企画編集ライターなどに従事するとともに、プロジェクトマネージャー、チームリーダーを経験する。出産を機に独立。
「子どもの輝く未来のために、子どもの心を育み親子でHAPPY に!」をコンセプトに、木製玩具、アートグッズの輸入販売や心を育む遊びの提案を行っている。海外生活の経験を活かし、楽しみながら英語に触れることのできる遊びも紹介。グローバル時代を生きる子どものために、豊かな感性や表現力、発信力、人間力を育むプロジェクトに取り組んでいる。
株式会社ママそらでは創業時からディレクターを務め、複数のプロジェクトの統括やスタッフ管理・育成に携わるとともに、ライター育成も行っている。
HP  http://www.twinklekidsstar.com
Facebookページ https://www.facebook.com/kidsstarjapan

この著者の最新の記事

関連記事

私らしい生き方・働き方 LIVLA

LIVLA

minau

Career Design OSAKA

woman-career-design

注目記事

  1. 12688079_963968327016196_6435026725906075980_n

    ママとキッズの意見が詰まった子ども用レトルトカレーが新登場!

    【ママそら PR企画】 ボンカレーから、大人が食べても満足する子ども用レトルトカレーが誕生! …

最近の投稿

  1. 48418887_806385329710530_6867742496890290176_n

    2019-1-17

    山本 明子さん<福岡県>ママそら「今日の輝くママ」No.1012

    「どんな些細なことでも、そこにハッピーは見つけられます」 今日の輝くママは…
  2. 2019-1-16

    吉田せいこさん<兵庫県>ママそら「今日の輝くママ」No.1011

    「自分の心の声に素直に、行動してみる」 今日の輝くママは吉田せいこさん。3回の産休・育…
  3. 2019-1-15

    門田隆稔さん<高知県>ママそら「今日の輝くパパ」No.78

    「お互いがお互いを尊重し尊敬し合える中で育つ事が、子ども達の心の豊かさを育てます。」 …

ママそらTwitter

過去の投稿

ページ上部へ戻る