ママそら「今日の輝くママ」No.334 中山悦子さん


ママの輝きから明るい未来を創造するプロジェクト「ママそら」。輝いているママをご紹介します!たくさんの輝き・笑顔に繋がりますように…☆コメントや「いいね!」でママ達の応援もよろしくお願いいたします^^

 

今日の輝くママは中山悦子さん。

 

「頑張るっていうのと、頑張り過ぎるっていう少しの違いが、自分や子どもたちに大きな違いの結果になる。」

 

手を抜くこと、笑顔で挨拶すること、ほんのちょっとの勇気で一歩ふみだすこと・・・
たくさんの勇気づけられるメッセージと「人」のあったかさがつまったママそら関西メンバー、中山悦子さんのメッセージをお届けします☆

 

【名前】中山悦子 (なかやまえつこ)

 

【お住まい】大阪府泉大津市

 

【子ども】
絵を描くのが大得意な中2長女
サッカー好きなスイーツ男子中1長男
我が家のマスコット的存在の6歳次女

【輝くママの秘訣】
すべての基本である「あいさつを笑顔でする」ことは、常に意識しています。
 
おはようございます、こんにちは、こんばんは、ありがとう・・・様々ありますが、
相手にあいさつを求めるのではなく、自ら相手に、ちゃんと聞こえて伝わるようにあいさつをする。
 
もちろん、笑顔で言えない時や、素直に言えない気分の時もたくさんあります。
でも、ちょっと口角を上げて、笑顔であいさつすることで、相手だけではなく、自分のきもちの切替にもなる気がします。
 
その姿を、我が子はもちろん、子どもたちに自然に見られることで、それが広がればいいなぁと思います。
 
【住んでいる街の好きな所】
今年の4月に、生まれ育った高知県を離れ、泉大津市に来ました。
 
まだ半年くらいなので、これから、住んでいる地域や、さらには関西の素敵なとこ探しができることに、ワクワクしています。

 
【全国のママ&プレママへのメッセージ】
私がママと呼ばれる存在になって、14年が経過しようとしています。
長女長男が年子で、2人の幼い頃の育児は駆け抜けたような感じで、正直ママを楽しめた記憶が少ないのが本音(笑)
とにかく初めてだらけで、一生懸命に育児をしていた気がします。
 
次男出産から7年後、3人目の次女が生まれ、私もその分経験があるせいか、歳をとったせいか(笑)、手を抜くことの大切さを実感しながらの育児をしています。
 
頑張り過ぎることが、結果、ママから笑顔を少なくしてしまって、それを子どもたちは感じています。
もちろん頑張ってるママの姿が、子どもたちのお手本になったり、感謝の気持ちを育むことにも繋がって、
「ママ、いつもありがとう」
「ママ、大好き」って最幸の言葉を言ってもらえたりもします。
 
頑張るっていうのと、頑張り過ぎるっていう少しの違いが、自分や子どもたちに大きな違いの結果になる。
 
只今、ママ真っ最中の方も、これからママになる方も、さらにはパパたちも、
「肩に力が入ってきたら、時々は ちょっとサボりましょ(笑)」

 

【目標・活動など】
ママになってからも、私がずっとしてきたこと。
「ママではない自分探し」
 
常にアンテナは張ってきました。
ママであっても、私自身の生き方を模索してきました。実は、今もまだ真っ最中なんです(^_^;)
 
ママになり数年後、頑張り過ぎる性格や、人に甘えることが苦手だったり、自分に対してOKがだせなかった性格から、身体を壊しました。
パニック障害ですと診断されました。
幸いなことに軽度でしたが、私にとってはかなり辛く苦しい期間でした。
けれどそんな私を支え救ってくれたのは、もちろんお医者さんやお薬の力もあるとは思いますが、それよりも、人との出会いや再会が私を支え救ってくれました。
 
私は人が好きです。出会いはワクワクします。もちろん素敵な出会いばかりではないですが、それはきっと自分にとっての成長、勉強の為だったんだと思うようにしてます。
 
しんどい時に支えてくれたのも「人」、私の知らないこと、知らない世界を見せてくれたのも「人」
 
いろんな人に出会い、私は助けられ成長させてもらいながら、自分にできること、自分のしたいことを探し続けています。
ママ歴もそこそこ経ってきたのに、まだまだ発展途上中な私なんです(笑)
 
いろんな人に出会うのが好きな私も、実はすごい勇気いります。
でも、その勇気を振り絞らなくても、ほんのちょっとの一歩分の勇気を出して、まずはあいさつをきっかけに前進してみると、素敵なご縁が広がっていくことを私は経験しました。
 
だからこそ、友達が欲しいなぁと思ってる方や、一人でいろんなことを抱えて頑張ってる方、いろんな世界を広げたい方・・・
一歩踏み出したら、そこには新しい友達、支え合える仲間、手を貸してくる人たちがたくさん待ってます。
 
私には正直、自慢できる特技も仕事もまだありません。
でも、唯一誇れることは、ママになってできた経験と、本当にたくさんの素敵な友達や出会いに恵まれていること。
その唯一誇れることをいかして、たくさんの人が笑顔になれる、架け橋になれるようなお仕事ができたら嬉しいと、ママを頑張りながら思う毎日です。

 

ライター:関西支部 津村美乃里


コメントや「いいね!」でママ達の応援もよろしくお願いいたします^^
★ママそらFacebookページ

http://www.facebook.com/mamasola1
★ママそらサポーター募集中!
http://www.facebook.com/groups/mamasola.supporters/

★ママそら関西 Facebookページ

https://www.facebook.com/mamasola.kansai

★ママそら関西 Facebookグループ (サポーター募集中!)

https://www.facebook.com/groups/mamasola.kansai.supporter/

 

★ママそら絵本館Facebookページ

https://www.facebook.com/mamasoraehonkan

★ママそら 絵本館 Facebookグループ

https://www.facebook.com/groups/mamasora.ehonkan/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

津村 美乃里ママそら関西支部代表、ママそら 絵本館館長

投稿者プロフィール

■ママそら関西Facebookページ
https://www.facebook.com/mamasola.kansai

■ママそら関西Facebookグループ
https://www.facebook.com/groups/mamasola.kansai.supporter/
<プロフィール> 大学卒業後、大手百貨店に入社し子供服、婦人服の販売に携わる。大手人材派遣会社経理総務事務に転職し、関西一円、東海のリーダー業務も兼任。第1子出産を期に退社、ベビーマッサージ講師として自宅開業。5年の講師業後、「ママそら」と出逢い、コラム執筆。ママそら100人プロジェクト1期生。「生まれる前の 自分から 今の自分にメッセージを贈るお手伝い」をする「数秘&カラー+絵本セッション」を主とするママそら絵本館を2014年に開始。同時期よりママそら関西支部代表としてイベントなど企画、運営、記事執筆、ママとママ&企業様とママのご縁つなぎなどにも活躍。 第2子妊娠臨月までイベント主催。出産後2ヶ月で復帰し、親子でイベント主催。二児の母。

この著者の最新の記事

関連記事

私らしい生き方・働き方 LIVLA

LIVLA

minau

Career Design OSAKA

woman-career-design

注目記事

  1. 12688079_963968327016196_6435026725906075980_n

    ママとキッズの意見が詰まった子ども用レトルトカレーが新登場!

    【ママそら PR企画】 ボンカレーから、大人が食べても満足する子ども用レトルトカレーが誕生! …

最近の投稿

  1. 2020-2-22

    講師大募集!2020年春オープンの有明ガーデンでママ・パパ・ベビー・キッズ対象講座を開催できるチャンスーBRANSHES SALON(仮)ー

    BRANSHES SALON(仮) 講師大募集!2020年春オープンの有明ガーデンで講師として活躍し…
  2. 84680421_2691193940971407_3207099693930643456_n

    2020-2-21

    大嶋ひとみさん 〈東京都〉「ママそら」今日の輝くママNo.1189

    ママの笑顔は最強!! 今日の輝くママは、大嶋ひとみさん。 「楽しみを見つけると笑顔が増えてい…
  3. 85221965_2692185560897017_1931152677945737216_n

    2020-2-20

    是久 真実さん<福岡県> ママそら「今日の輝くママ」No.1188

    「自分の得意とする分野を活かせる仕事と家庭を両立すること。」 今日の輝くママは是久真実さん…

ママそらTwitter

過去の投稿

ページ上部へ戻る