増田理恵さん ママそら「今日の輝くママ」No.796



「自分が好きなことができる時間を持つ。」

今日の輝くママは増田理恵さん。時には、もやもや悩んでしまうこともあるけれど、人と会ったり子供と遊んだり、したいときにしたいことを出来るのが嬉しいんです。という優しい笑顔が素敵な理恵さんからのメッセージをお届けします。

【名前】増田理恵(ますだ りえ)

【お住まい】三重県亀山市

【子ども】長男2歳

【職業】

卵、乳製品を使わない心と体に優しいお菓子cocoRieパティシエール

【最近嬉しかったこと】
アレルギーのあるお子さんのママが、どれを選んでもいいんだよって言える喜びのお話聞けたことや、息子が、「まま、しごと、ケーキ。」(わたしの仕事がお菓子やさん、といいたい)と言ってくれたこと。2歳なりに応援してくれてる気持ちが伝わりました。

【輝くママの秘訣】
自分が好きなことができる時間を持つ。私は子供も大事だし、お仕事としてお菓子を焼いてお客様と接したり、おしゃべりすることも大事な時間。一人でお茶しながら参考になる本をよんだり、ホームページなどSNS更新する時間もほしい。時には、もやもや悩んでしまうこともあるけれど、人と会ったり子供と遊んだり、したいときにしたいことを出来るのが嬉しいんです。じっとしていられないから、フルで動きたい!そこに大切な人や物事があってほしい。なかなか子供連れで動けないこともあるけれど、TPOを考えて一緒に連れていくことも多いし、子供も私と共に成長してもらえるなら幸せです。

【住んでいる街の好きたところ】
私の住んでいる街は車さえあればどこにでも行きやすいです。そして地元愛が強い気がします。

【全国のママ&プレママへのメッセージ】
ママたちに私が大きなことは言えませんが、私自身子供を8年授からず色々な思いをして来ました。しかし今ならベストタイミングで我が子が来てくれたと思えます。イライラも葛藤もするけど、ママも子供も十人十色。みんなでそれでいいよねって、笑いあって子供たちを見ていけるといいですよね。

【活動・今後の目標】
目標は、イートインもできるようなベイクショップをもつことです。今は小さな工房ですので工房では販売していません。オーダーやイベント販売がメインとなりますので、今後は1つからでも買える場所として、私のベイクショップで、お菓子とおいしいドリンクでホッとしてもらったり、おしゃべりしに来てもらったりゆっくりしてもらえたり、そんな癒しのティータイムができる場所を私が地元に作りたいです。卵、乳製品を使わないお菓子なので、アレルギーがある子供もママも、アレルギーがない人もみんながおいしい!って笑顔になれる幸せなお菓子をこれからも作り続け、そこを通して人と接していきます。


私自身、まだあれこれ我慢しなきゃとか、想いが多いのは欲張りかな?とか制限してしまいがちなので、無茶のない程度は当たり前ですが、みんなで笑い時には一緒に考え、感情豊かにフリーにいられる人でいたいです。

cocoRie HP http://www.cocorie.com/

ライター:三重支部 岡田聖子(2017.10.26)


コメントや「いいね!」でママ達の応援もよろしくお願いいたします^^

★ママそらFacebookページ

http://www.facebook.com/mamasola1

★ママそらサポーター募集中!

http://www.facebook.com/groups/mamasola.supporters/

★ママそらみえfacebookページ

http://www.facebook.com/mamasolamie

★ママそらみえサポーター募集中!サポーターだけの情報もお届けします!

http://www.facebook.com/groups/mamasola.mie/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
岡田 聖子

岡田 聖子ママそらみえ支部代表

投稿者プロフィール

三重県鈴鹿市在住。1児の母。ママそら三重支部代表。NPO法人shining代表理事。ゆめのたね放送局パーソナリティ。介護支援専門員。
古代遺跡が大好きでバックパーカーしていた時にタイの孤児院で知り合ったタイ人の親友がスマトラ沖地震で被災し、音信不通となる。彼女と約束した「子育て支援に情熱を注ぐ」を決意する。
老人保健施設で働く傍ら、忙しいママが子育てをしながら輝けるよう2014年6月NPO法人shiningを同じ志を持った仲間と設立。
2015年、出産後より心のよりどころとしていた、ママそらにかかわってみたいと、ママそら100人プロジェクト5期生として学ぶことを決意。
2016年4月よりママそら三重支部代表となる。三重から全国に、全国から三重にママの繋がりを作っていく。
今後の目標は、ママが安心してくつろげ、地域の人々が気軽に交流できる、第3のおうちを作ることに力を注ぐ。そして、書と三重の伝統文化をコラボした商品を全国に発信すること!

この著者の最新の記事

関連記事

ママそらオリジナル&コラボアイテム

minau

Career Design OSAKA

woman-career-design

注目記事

  1. 12688079_963968327016196_6435026725906075980_n

    ママとキッズの意見が詰まった子ども用レトルトカレーが新登場!

    【ママそら PR企画】 ボンカレーから、大人が食べても満足する子ども用レトルトカレーが誕生! …

最近の投稿

  1. D7E1E1E1-1C43-4DE6-A222-9D43B48F409A

    2018-2-23

    ママそらこども未来館ラジオ「人工知能時代の未来の教育」

    ママそらラジオColorful Style Labは毎週土曜日10時~11時、多様な人が活躍…
  2. recruit_fileUpload1

    2018-2-23

    新宿で東北に出会う! 新しい東北づくりシンポジウム&合同企業説明会

    3月3日(土)「新しい東北づくり」シンポジウム&シゴトフェアで東北の魅力に触れる 東日本大震災…
  3. img_3633.jpg

    2018-2-23

    佐々木 幸子さん ママそら 「今日の輝くママ」No.863

    「自分が”ゴキゲン”でいることが家族にとっても一番」 今日の輝くママは、佐々木幸子さん。双子のお…

ママそらTwitter

ページ上部へ戻る