富濱幸恵さん ママそら「今日の輝くママ」No. 362 沖縄


「『ふつうの上等』を目指し、安心して食べられる“お母さんの味”を作っていきたい」

今日の輝くママは富濱幸恵さん。

“お母さん”って、ものすごく責任重大だなと実感しますが、プレッシャーに感じることなく出来ることを楽しみたいとおっしゃる富濱幸恵さんのメッセージをお届けします☆

【名前】
富濱 幸恵 (とみはま ゆきえ)

【お住まい】
沖縄県島尻郡

【子ども】 3人
長女 小学一年
長男 年中
次女 2歳(家庭保育中)

【職業】
専業主婦

【最近嬉しかったこと】
・  “我が家のキッズカレー”が完成したこと‼︎
以前から手作りキッズカレーにチャレンジしていたのですが、お料理が得意でもないので、作ってもイマイチな味で不評でした。(笑) 何度も何度も試行錯誤を重ねて、ようやく子供達に『美味しい♡』と言ってもらえるカレーを作ることが出来たことがとても嬉しいです。

・ 最近、子供達からお手紙を貰うことが多いのですが、必ず『お母さんのごはん美味しいよ』という内容のことが書かれていること。

↑富濱幸恵さん特製「スパイスから作るお子様カレー」

 

【輝くママの秘訣】
子育て中心の生活を満喫している私。
日々の生活を心穏やかに丁寧に過ごして、子供達のキラキラ笑顔をたくさん引き出していきたいなと思っています。

◇抱っこ
長男が年少の頃、幼稚園で眉間をパックリ割ってしまい2針縫うケガをしたことがありました。 しばらく経って抜糸も終わったある日、長女が『もうケガも治ってよかったね‼︎』と言うと『ケガしたときさ、おかーさんがずーっと抱っこしてくれたんだよ♡嬉しかった〜♡』って満面の笑みで話す長男。。。

えっ⁉︎ケガしたことよりも私に抱っこされてたことが嬉しかったの⁉︎もしかして愛情不足⁉︎これだけ私の時間を目一杯使って愛情たっぷりに向き合ってる(つもり)んだけど、子供達からみると三等分だから足りないのかも。。。といろいろ考えさせられ、気づきもあり、涙しました。 もっと自分の子供をしっかり観て、気持ちを理解して寄り添いたい、そう強く思うようになった出来事でした。

それからは、毎日子供達をたくさん抱っこするようにしています。 “抱っこ”ってやっぱりお互いに優しい気持ちになれるし、素直になれる‼︎ 子供達が大きくなって全力で拒否されるまで続けようと思っています(笑)

◇ハンドメイド
簡単なものしか作れませんが、いろいろ作るのが大好きです。
子供達は『これ、世界にひとつしかないんだよね♡』と言って嬉しそうに使ってくれています。 作るコツとしては、少し歪んでもへこたれずにやり切る強い精神力を持つことです(笑)
現在小学生の長女がランドセル選びをするとき『おかーさん、ランドセルは作れない⁇虹色のランドセルを作って欲しいんだけど。』って。。。子供のお願いは叶えてあげたいけど、さすがに『ム〜リ〜‼︎』と断りました(笑)

◇お弁当
幼稚園では毎週木曜日にお弁当です。お弁当箱を開けたときに『わぁ〜っ‼︎』って喜ぶ顔を想像しながら作る時間が大好きです♡

 

【住んでいる街の好きな所】
地元なので、私の子供時代を知っている人が多いこと。
子供達に声をかけてくれる知り合いの大人が多いので安心です。

【全国のママ&プレママへのメッセージ】
Facebookを通して、ママそらを通して、たくさんの方々とお友達になれて嬉しいです。
子育てって子供の数だけ正解があるというか、それとも何が正解なのか、私自身よくわかりません。 みんなで、いろんな情報を共有して、刺激を受けて成長していけたらいいなと思っています。

【目標・活動など】
◇『ふつうの上等』を目指して
私は食卓のごはんを安全・安心に♡ ストレスフリーに♡美味しい&楽しい食事♡を心がけています。

ご馳走じゃなくても、子供達が安心して食べられる“お母さんの味”を作っていきたいと思っています。

『カラダは食べたモノで作られる』
その通りですよね。
ましてや子供達は給食を除けば親がチョイスしたモノしか食べられない。

一生懸命、愛情込めて作った料理が添加物だらけで、結果として家族の為になっていない食事になってたら、ものすごくショックですよね。お母さんがどれだけ知識を持っているか、どれだけ選ぶことができるかによって、子供達の健康なカラダ作りに影響を与えるのだと思います。いろいろな情報が飛び交っていて、知ってしまうとコワイことだらけですが、“母親の無知は罪”だと思って、いろんなアンテナを張り巡らせています。

私自身が食についていろいろ学び始めて調味料を変えたり無農薬野菜を選んだり、体調を崩しそうになったら食養生することによって、明らかに子供達のカラダが変わりました。以前は週末に早起きして主人と協力して必死に耳鼻科の順番取りをしてましたが(笑)ここ数年はお世話になっていません。

原因は私の作る食事だったのね。。。
反省すると同時に家族に申し訳なくて。こう考えると“お母さん”って、ものすごく責任重大だなと実感しますが、プレッシャーに感じることなく出来ることを楽しめたらイイなと思います。

私もまだまだ勉強中です‼︎
これからも愛する家族の為に、頑張っていきます。 


ママそら沖縄支部では富濱幸恵さんを講師にお迎えして【超簡単!安全食材で作る自家製お子様カレー:料理教室&ランチ交流会】を2/5、2/6に開催いたします。詳細は下記リンクよりイベントページをご覧ください。

ママそらおきなわ主催:超簡単!安全食材で作る自家製お子様カレー 料理教室&ランチ交流会 
https://m.facebook.com/events/1540814619521597/

 

ライター:沖縄支部 岡田有里


コメントや「いいね!」でママ達の応援もよろしくお願いいたします^^
★ママそらFacebookページ

http://www.facebook.com/mamasola1
★ママそらサポーター募集中!
http://www.facebook.com/groups/mamasola.supporters/

 

★ママそら沖縄 Facebookページ
https://www.facebook.com/mamasola.okinawa

★ママそら沖縄 Facebookグループ (サポーター募集中!)
https://www.facebook.com/groups/mamasola.okinawa1/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

岡田 有里ママそら沖縄支部代表

投稿者プロフィール

料理研究家。アメリカ留学を経て外資大手企業でシステムエンジニアとして勤務。2001年に結婚を機に沖縄へ移住。その後は単身パリへ渡りフランス菓子を学び、現在は料理・フランス菓子教室を主宰。独自の感性でプロデュースするモダンで気品のある空間表現とトータルなおもてなしスタイルの教室は長年のファンが多い。食の楽しみや安全をテーマに執筆やイベント活動も行うなど多忙な日々を送っている。 
ママそら沖縄支部代表。
☆岡田有里 料理教室・フランス菓子教室HP/Blog☆
http://okadayuri.com
☆okadayuri.comのFacebookページ☆
https://www.facebook.com/okadayuricom

この著者の最新の記事

関連記事

ママそらオリジナル&コラボアイテム

minau

Career Design OSAKA

woman-career-design わかものキャリア・デザイン

注目記事

  1. 12688079_963968327016196_6435026725906075980_n

    ママとキッズの意見が詰まった子ども用レトルトカレーが新登場!

    【ママそら PR企画】 ボンカレーから、大人が食べても満足する子ども用レトルトカレーが誕生! …

最近の投稿

  1. IMG_6299

    2017-5-25

    杉本香代さん ママそら「今日の輝くママ」No.710

    「上手に周りのを巻き込み仕事も遊びも生活も楽しむこと!」 今日の輝くママは杉本香代さん…
  2. 18222300_1338341176258804_2756170547988719266_n

    2017-5-24

    栗田みほさん ママそら「今日の輝くママ」No.709

    「まず、自分の心の底からやりたいことを知ったら、あとは、それが叶うと信じて楽しみながら行動するだ…
  3. 無題

    2017-5-23

    白土栄子さん ママそら「今日の輝くママ」No.708

    「子育ては最高の経験。子育てを通じて広がっていく自分の可能性にも目を向けて。」 今日の…

ママそらTwitter

ページ上部へ戻る