畑中尚子さん<岐阜県>ママそら「今日の輝くママ」NO.1433


 

「とりあえずやってみることでしょうか。失敗も成功の元だと思っています。」

今日の輝くママは畑中尚子さんです。自分が思っているほど、周りは自分のコトをそんなにみんな気にしていないので、とりあえず動いてみると世界が変わっていく気がします。という尚子さんからのメッセージをお届けします。

【名前】畑中尚子(はたなか ひさこ)

【お住まい】岐阜県土岐市

【子ども】長女9歳・長男6歳

【職業】 理学療法士 / 産前産後訪問整体YUHCA 代表

【最近嬉しかったこと】●お客様が自分のカラダの変化に気が付き自分でケアできるようになってきたこと。畑中さんじゃなきゃダメと言ってくださったこと。
●娘が、難しい課題が来た時に 「よし!絶対やってやる~!」と言うようになってくれたこと。
●息子が何も言わなくても朝の準備を自分で全部できるようになったこと。

【輝くママの秘訣】とりあえずやってみることでしょうか。失敗も成功の元だと思っています。自分が思っているほど、周りは自分のコトをそんなにみんな気にしていないので、とりあえず動いてみると世界が変わっていく気がします。

【住んでいる街の好きなところ】土岐プレミアムアウトレットやイオンモールなど大きな商業施設ができ、お出かけしやすくなりました。アウトレットをただブラブラ歩いて、土岐市の街並みを見るのも好きです。陶史の森やお隣瑞浪市の化石公園など公園もたくさんあり、子供たちが四季を感じながら成長してくれるといいなと思います。陶器の街なので、おしゃれな陶器がたくさん手に入りやすいのも好きです。作陶体験ができたり、実際に購入することもでき、陶器祭りは毎年の楽しみです

【全国のママ&プレママへのメッセージ】「大変なのは今だけだから、あっという間に大きくなっちゃうよ」という言葉をよくかけていただきました。でも、「今大変なんだよぉ~泣」と思っていました。いつになったら朝まで寝られるんだろう。いつになったら一人で出かけられるんだろう。いつになったらゆっくりご飯が食べられるんだろうと。実際に子供たちが大きくなってきて手が離れてくると、大変な時期でしたが、とっても愛おしい時期だったなと実感しています。既に正直ちょっと寂しく感じています。”子育ては卒業の連続”が私の合言葉です。明日には一人でお着換えができちゃうかもしれません。転んでも一人で立って歩けるようになるかもしれません。大変だけど、とっても愛おしい時期をママたちが、子供たちの毎日を噛みしめて過ごせるように、「助けて~」と言ってください。助けてって言うことって、勇気がいります。こんなこと言ったら迷惑かな・・と思うかもしれませんが、頼ってもらえてうれしい人も結構いるもんです。
”ママだから”にとらわれないでほしいと思います。私は、おやつ作りしてあげられていないし、手作りグッズも作ってあげられていない、、ほかのママと比べてママなんだから頑張らなきゃと思っていました。ママの前に、「ワタシ」です。ワタシはどうしたい?を大切にしてほしいと思います。子育ては、自分育てなんてよく言いますが、子供たちは小さくても一人の人間です。子どもなんだからやってあげなきゃ、まだ分からないからと思わなくても、「ワタシ」と「子供たち」が一緒に成長していければいいと思います。意外と、子供たちの方が賢かったりしますよね。

【目標・活動など】 産後だし、ママになったし こんなもんか・・。と思ってほしくないです。もっとワタシもやれそう!と前向きな気持ちになってほしいと思っています。産前に戻さなくてはと思わず、「産後の新しいワタシ」を発見してわくわくしてほしい そんな気持ちで訪問整体を始めました。


私は、訪問看護ステーションから理学療法士として、高齢者の方々を中心としてのリハビリを行っています。その時に、「まぁ、この辺りは何やっても変わらんであかんなぁ~」という声をよく聞きました。それがとっても寂しかったです。諦めている感じがして、まだまだやれるぞ!という気持ちになってもらいたいと思いました。女性のカラダケアを始めたのは、前の職場でスタッフがYouTubeエクササイズをお昼時間にみんなで始めていたのを見たのがきっかけです。この方には合っているど、この方には逆効果だなと思い、ついついアドバイスを始めてしまったおせっかいです。

産後は特に、カラダの変化を感じる時期です。”体型戻し”をしたいけど、子育てに追われて自分のカラダに構ってる暇はない。まぁ こんなもんか・・みんなも同じこと言ってたし・・とあきらめてしまってほしくないなと思います。地域全体が なんとなく「諦めモード」。それをママたちのケアから変えていきたい!と思っています。産後のカラダ変化はもちろんあります。そして、カラダは日常生活の動きから作られると考えています。忙しい子育て中に、自分のカラダのコトなんてかまっている時間がない。だったら日常生活の動きを変えちゃえばいい。カラダを整え、習慣を変えてあげれば私もできるかも!って前向きな気持ちになってもらいたいと、訪問整体を選びました。ご自宅にお伺いして、実際の生活場面で授乳姿勢や抱っこ姿勢、ソファーで座っているときなどアドバイスができます。寝かしつけしながら、お料理しながら、おひとりおひとり生活リズムも違うのでできそうな場面でできそうなエクササイズをお伝えしています。整体だけで終わらない、セルフケアサポートにこだわっていきたいなと思っています。ママたちが、私もやれる!と前向きな気持ちになってもらえたら子供たちもきっとうれしいと思います。

それを見ている隣のおじちゃんおばちゃんも「あれ、あそこのかーちゃんなんか生き生きしとるな!」と思って頂けたら最高です。ニコニコ笑顔の子どもたちを見て地域の方々もきっとニコニコ笑顔に、俺らも頑張らなあかんなと一緒に進んでいけるような地域にしていきたいと思っています。

尚子さんInstagram
https://www.instagram.com/yuhca.womens.health/

ライター:三重支部 岡田聖子(2022.12.22)

コメントや「いいね!」でママ達の応援もよろしくお願いいたします^^

★ママそらFacebookページ

http://www.facebook.com/mamasola1

★ママそらサポーター募集中!

http://www.facebook.com/groups/mamasola.supporters/

★ママそらみえfacebookページ

http://www.facebook.com/mamasolamie

★ママそらみえサポーター募集中!サポーターだけの情報もお届けします!

http://www.facebook.com/groups/mamasola.mie/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

岡田 聖子ママそらみえ支部代表

投稿者プロフィール

三重県鈴鹿市在住。1児の母。ママそら三重支部代表。NPO法人shining代表理事。ゆめのたね放送局パーソナリティ。介護支援専門員。
古代遺跡が大好きでバックパーカーしていた時にタイの孤児院で知り合ったタイ人の親友がスマトラ沖地震で被災し、音信不通となる。彼女と約束した「子育て支援に情熱を注ぐ」を決意する。
老人保健施設で働く傍ら、忙しいママが子育てをしながら輝けるよう2014年6月NPO法人shiningを同じ志を持った仲間と設立。
2015年、出産後より心のよりどころとしていた、ママそらにかかわってみたいと、ママそら100人プロジェクト5期生として学ぶことを決意。
2016年4月よりママそら三重支部代表となる。三重から全国に、全国から三重にママの繋がりを作っていく。
今後の目標は、ママが安心してくつろげ、地域の人々が気軽に交流できる、第3のおうちを作ることに力を注ぐ。そして、書と三重の伝統文化をコラボした商品を全国に発信すること!

この著者の最新の記事

関連記事

私らしい生き方・働き方 LIVLA

LIVLA

minau

Career Design OSAKA

woman-career-design

注目記事

  1. 【ママそら関西×阪神梅田本店】8月第4週/9月1週目セミナー開催報告

    阪神梅田本店でのママそら関西のイベントが好評開催中! 阪神梅田本店では、ママそら関西から講師を…

最近の投稿

  1. 2024-4-22

    【ママそら関西×阪神梅田本店】4月3週目セミナー開催報告

    阪神梅田本店でのママそら関西のイベントが好評開催中! 阪神梅田本店では、ママそら関西から講師を迎え…
  2. 2024-4-19

    4/20 10:03〜ラジオ生放送 -掛け合わせキャリアの重要性/知財×社会課題 Mamasola Colorful Style Lab-

    ママそらラジオColorful Style Labは毎週土曜日10時~11時、多様な人が活躍でき…
  3. 2024-4-19

    【ママそら関西×阪神梅田本店】5月開催セミナーのご案内

    阪神梅田本店でのママそら関西のイベントが好評開催中! 阪神梅田本店では、ママそら関西から講師を迎え…

ママそらTwitter

過去の投稿

ページ上部へ戻る