安達桜子さん<宮城県 >ママそら「今日の輝くママ」No.1193


88133355_235797834106473_5284104015230009344_n
「自分のことを『許す、認める、拍手』!」

今日の輝くママは、安達桜子さん。妊活中も妊娠中も育児中も葛藤を抱えてしまいがちですが、自分を「許す」ということが何より大事と話す安達さん。そんな女性の気持ちにそっと寄り添う心強いメッセージをどうぞご覧下さい☆

【名前】安達 桜子(あだち さくらこ)

【お住まい】宮城県仙台市

【お子様について】長女2歳・次女10ヶ月

【職業】不妊専門鍼灸マッサージ師
87875066_2857420504321176_1580874584305958912_n
【最近嬉しかったこと】
私は転勤妻で2019年の6月に次女を生んで仙台に来ました。当時は仕事もない、道もわからない、知り合いもいない中、1歳と生後2ヶ月の赤ちゃんの育児と家事だけする毎日でした。ただただ大変で寂しい時間が続いていましたが、年末にInstagramでBeauty JAPANというコンテストを知り、「友達欲しさに」ポチッとエントリーしました。そこであっという間に20人の意識の高い女性ファイナリストたちと知り合い、カフェでお茶したり、イベントに出たり、様々な研修を受けたりするようになりました。

私にとって転勤1年目は本当に心細い寂しい思いをするのですが、今はほんの一握りの勇気のおかげでたくさんの「仲間」と呼べる女性たちに囲まれた日々を過ごしています。

「仲間」ができたことそれが私の一番嬉しかったことです。
88052249_890851724679738_3923501789386637312_n
【輝くママの秘訣】
ママである前に、一人の女性。
一人の女性である前に、一人の人間。

私はそのことを心に刻みながら日々過ごしています。結婚して子供を産むと、その日から私たちママは1日たりとも休まず「ママ」でいる必要があります。たとえ子どもと離れている瞬間があっても役職は「ママ」に変わりありません。保育園で楽しんでるかな?風邪ひかないかな?今日の夜ご飯はどうしようかな?と常にママ業をしています。

でも、ママである前に私も一人の女性として何は譲れないのか?
どう輝いていたいのか?
一人の人間としてどう生きていきたいのか?

そんな自分を大切にするように心がけています。ママだから諦めることもあるかもしれません。どうしても今はできないことがあるかもしれません。でも、私はママが我慢ばかりしないで好きなことをできるという選択肢があるから、心が充実して子どもたちの一番身近なよいお手本になれるのではないかと思います。

ママはもっと輝いていいいんです。
「ママだからできない」ではなくて
「ママだからできる」こと。
「ママだから気づく」こと。

そんなことを追い求めながら、
“私は私の舞台でスポットライトを浴びて” 今この時も生きていきたいと思っています。
87866954_177653930345692_2733577565271752704_n
【住んでいる街の好きなところ】
泉中央の「七北田公園」と」「ユアテックスタジアム」と「アドゥマン」。

私は週末にJリーグサッカーを見に行くことが多いのでユアテックスタジアムでハラハラドキドキの観戦をしたあとに七北田公園で子供たちと遊んで帰ったり、近くのアドゥマンというパン屋さんで美味しいパンを買ってピクニックするのも大好きです♡

七北田公園はムーミンの遊具があったり、果てしなく広い芝生がお気に入りです!!

【全国のママ&プレママへのメッセージ】
私は日頃、不妊に悩む患者様の治療をしています。不妊治療でなかなか子どもを授かることのできないご夫婦と接する中で「子ども」がいかに尊い存在なのか気付かされます。それと同時に、ママである自分の「子育て」への葛藤も感じていて子どもがいないことも子どもを育てることも、どちらも比べることなんてできないほどの悩みがそれぞれにあるのだと思います。

ただ一つ。
子どもというのは「ママを許してくれる」天使のような存在です。

私がどんなに未熟でも「ママ、ママ」と呼んで抱きしめてくれます。

私の余裕のなさから怒ってしまっても次の瞬間にはけろっと笑っていることもあります。

妊活中も妊娠中も育児中も、ただただ自分の未熟さやその現状に情けなくなったり悲しくなることもありますが、「許す」ということができる優しい魂の存在をママだけではなく地域全体で想望し、大切に大切に育んでいければもっとよいのだと思います。

赤ちゃんを授かるために今も人知れず頑張っている方も、誰にもその姿を見られることなく育児に奮闘している方も、自分のことを「許す、認める、拍手」をしてあげてください。

私も私に拍手!!
87544890_661087884646142_6746495376850681856_n

【目標・活動 など】
不妊鍼灸サロン「SAKURACOCO LADIES SALON」(南中山サロン・河内サロン・富谷サロン)完全予約制のプライベート治療を行なっています。

不妊を始め、月経不順やPMS、月経痛から子宮筋腫、子宮内膜症などの婦人科疾患、さらには月経周期を整えて美肌にアプローチする「月経×美容鍼」という新しいコンセプトの鍼灸も展開しています。またお灸教室や東洋医学講習、布ナプキン講習等の講師活動も依頼主に合わせて東京・神奈川・長野・栃木などの様々な場所で行なっており全国の女性のサポートを目指しています。

88265949_2316596385305156_5915477547910430720_n
87484029_1445120462337104_5853680841196044288_n

87889087_1315798558615768_8702646048654360576_n87310197_695787710957912_5330150333840621568_n
また現在、東北から輝く女性を発掘する「Beauty JAPAN東北大会の初代ファイナリスト」としても活動中で、東北の女性たちとつながりながら、新しいものやサービス・イベントをつくるための準備をしています。「Beauty Japan2020 TOHOKU」は2020年5月6日(祝水)に仙台の楽楽楽ホールにて開催です。こちらも一生けん命頑張ります!
88025637_2618445444870916_1333432597736325120_n

☆不妊鍼灸サロン
SAKURACOCO LADIES SALON
(南中山サロン・河内サロン・富谷サロン)
https://sakuracoco.amebaownd.com

ライター:景井愛実(2020.2.28)

コメントや「いいね!」でママ達の応援もよろしくお願いいたします^^
★ママそらFacebookページ
http://www.facebook.com/mamasola1

★ママそらサポーター募集中!
http://www.facebook.com/groups/mamasola.supporters/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
景井愛実

景井愛実ママそら 本部

投稿者プロフィール

二児の母。福島に生まれ育ち、嫁ぎ先も福島。4世代同居。夫両親と農業を営む。『農家=地域に根差した仕事』。地域の女性やママたちと楽しみながら生きていきたい。

【ママそら本部】 
https://www.facebook.com/mamasola/

【Berry's Garden】
https://berrys-garden.com
農業女子 景井愛実プロデュースの福島発アグリブランド。 
「Pocket of “love berry” time:日常のちょっとしたスキマに、愛、実る時間を。」 をテーマに、クオリティや想いを大事にした日常の一息つけるスキマ時間を幸せに感じられるアイテム・イベント・ライフスタイルを提案。農産物・加工品に加え、農産物を様々なシーンで楽しめるアクセサリー、雑貨など、農に関連したアイテムを幅広く展開し、「可愛い楽しい農」を提案。“あなたのスキマに幸せをお届けしたい”という想いを
ブランドを通じて発信している。

この著者の最新の記事

関連記事

私らしい生き方・働き方 LIVLA

LIVLA

minau

Career Design OSAKA

woman-career-design

注目記事

  1. クロスえりなさん <韓国>ママそら「今日の輝くママ」NO.1202

    「子供たちとその時その時を思いっきり楽しみ、一緒に成長する!」 今日の輝くママは、韓国にお住いのク…

最近の投稿

  1. 126944221_3467763736672525_6195880128074265176_n

    2020-12-4

    輪田 英里さん<福岡県>ママそら「今日の輝くママ」No.1282

    「自分が「楽しい!」と思えることを選択する!」 今日の輝くママは輪田 英里さん。 マ…
  2. 122

    2020-12-2

    松田聖子さん<兵庫県>ママそら「今日の輝くママ」No.1281

    「自分の心に正直に生きる事。」 今日の輝くママは翻訳会社・海外支援ブランディングの会社…
  3. 2020-12-1

    上村優子さん<高知県>ママそら「今日の輝くママ」No.1280

    「一日の終わりには自分を褒めてあげてくださいね。」 今日の輝くママは、上村優子さん。困った時は…

ママそらTwitter

過去の投稿

ページ上部へ戻る