2.お金と上手に付き合おう ~本当に必要か? を考えさせる~



ファイナンシャルプランナーの前田純です。千葉県松戸市で「おかねの楽校」(小・中学生向け金銭教育)を毎年開校し、子ども達にお金との正しい付き合い方を教えています。お正月、たくさんのお年玉をもらうこの時期に、お子様と一緒にお金&お小遣いについて家族一緒に考えてみませんか?
 
…………………………………………………………………

2.本当に必要か? を考えさせる

 
お小遣いとして妥当な金額はいくらでしょう? 当然回答はまちまちです。
 

 
月決めお小遣いの目安として、一般的によく使われる算式は〈学年×100円〉
例えば小学性6年生なら〈600円〉高校1年生を「10年生」と置き換えれば〈1,000円〉になります。
 
金融広報中央委員会「子どものくらしとお金に関する調査」(第2回)平成22年度の調査によると、小学生で月に1回もらっているおお小遣いの平均額は低学年949円、中学年896円、高学年1,087円、中学生では2,502円、高校生は5,305円とのことです。
 
単にお小遣いの金額だけでなく、実際の親の負担がどうなのかも勘案する必要があります。携帯電話料金、文房具代などを小遣いに含むかどうかを考えてみましょう。日本PTA協会が平成21年末、中学2年生の携帯料金を調べたところ、もっとも多かったのは3,000円~4,000円未満で、9割以上が全額親負担でした。今はスマートフォンに代わっているので更に金額が増えていると思います。
 
お小遣いに加えて携帯さらに諸々の出費となると、親のスネは折れてしまいます。昨日コラムに書いたニーズ(必要なもの)とウォンツ(欲しいもの)をどこまでお小遣いに含めるのかを家族で話すことが必要です。
 
今は携帯からスマホに変わり携帯料金は高額になっているので、携帯料金などはお小遣いに含めて自分で管理させた方が良いですね。
決まったお小遣いの中で、自分で「本当に必要なのか、ただ欲しいだけなのか、考えさせる良いチャンス」を考えて、失敗しながらお金のやりくりを覚えていきます。
 
たとえ金欠病を訴えられても、我慢させるのが基本。
 
どうしても必要な場合には、お年玉や貯金の取り崩しで対応させるのが良いでしょう。
 
…………………………………………………………………
 前田 純
ファイナンシャルプランナー
日本FP協会 CFP
1級FP技能士
日本FP協会のエントリー研修(6科目合格者の必須研修)のメンターです。
 
得意分野 生命・損害保険・ライフプラン・相続・事業継承・金銭教育・住宅ローン
 
最近の講演テーマ
「生命保険の加入・見直しの時に知っておきたいポイント」
「考えておきたい我が家のリスクマネジメント」
「先進医療・セカンドオピニオンについて」
「おこづかいの上手な上げ方~おこづかいでこどもに何を教えますか?」
(金銭教育は小・中・高校生のこども・保護者を対象にセミナー可能)
「エンディングノート」
 
ライフワーク
千葉県松戸市で「おかねの楽校」(小・中学生向け金銭教育)を毎年開校しています。本年で8年目 http://www.okanenogakkou.com/
おかねを夢を叶えるための道具として正しく使えるよう屋台の計画・仕入れ・実行・決算とこどもたちが主体となっておかねのいろいろを学びます。
 
小学生向けのおこづかいゲームも好評です。約2時間でおかねのいろいろを学べます。
おこづかいゲームの出張もお引き受けします。(詳しくはHPをご覧ください)
 
松戸生活やくだちたい(役立ち隊) http://www7.plala.or.jp/MSYakudachitai/
松戸市認定活動で「ちょっとお得な暮らしとお金のセミナー」の講師・相談員
 
(連絡先)fpmae01@yahoo.co.jp
 
…………………………………………………………………
★ママそらFacebookページ
http://www.facebook.com/mamasola1
 
★ママそらサポーター募集中!
http://www.facebook.com/groups/mamasola.supporters/
 

…………………………………………………………………

*主婦インターンシップ*1月30日(木)10:00-12:00

ママの復職応援セミナー「わたしらしい職場復帰の方法」

http://mamasola0130.peatix.com

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

黄野 いづみママそらディレクター

投稿者プロフィール

株式会社ママそら ディレクター
株式会社LIVLA 取締役
キアノ・インターナショナル株式会社 代表取締役
16歳で単身アメリカへ留学。学習院大学に入学・卒業し、その後に再度渡米。テレビ局や日系メディア会社にてインターンとなる。帰国後は出版社で、約10年間、広告営業や企画編集ライターなどに従事するとともに、プロジェクトマネージャー、チームリーダーを経験する。出産を機に独立。
「子どもの輝く未来のために、子どもの心を育み親子でHAPPY に!」をコンセプトに、木製玩具、アートグッズの輸入販売や心を育む遊びの提案を行っている。海外生活の経験を活かし、楽しみながら英語に触れることのできる遊びも紹介。グローバル時代を生きる子どものために、豊かな感性や表現力、発信力、人間力を育むプロジェクトに取り組んでいる。
株式会社ママそらでは創業時からディレクターを務め、複数のプロジェクトの統括やスタッフ管理・育成に携わるとともに、ライター育成も行っている。
HP  http://www.twinklekidsstar.com
Facebookページ https://www.facebook.com/kidsstarjapan

この著者の最新の記事

関連記事

minau

Career Design OSAKA

woman-career-design

注目記事

  1. 12688079_963968327016196_6435026725906075980_n

    ママとキッズの意見が詰まった子ども用レトルトカレーが新登場!

    【ママそら PR企画】 ボンカレーから、大人が食べても満足する子ども用レトルトカレーが誕生! …

最近の投稿

  1. 2018-10-23

    池田美年子さん ママそら「今日の輝くママ」No.976

    「一人で悩まず、パートナーや家族、そして友達を上手に頼る勇気を!」 今日の輝くママは、…
  2. 44399645_1921426317937054_197321453392101376_n

    2018-10-20

    秋冬のお洒落は個性的なデザインが特徴のミナウで決まり!【minau】

    2016年にスタートした、ママそら×ユアーズアーミーワールドによる子ども服新ブランド「minau…
  3. 44383291_216370492411475_5328933780059062272_n

    2018-10-19

    ラジオ2本立て!「キッズモデルに聞く子ども服ミナウの魅力」「絵本作家の活動とは?」

    ママそらラジオColorful Style Labは毎週土曜日10時~11時、多様な人が活躍…

ママそらTwitter

過去の投稿

ページ上部へ戻る