乾燥によるお肌のカユミには?「一家に一人のセラピストを!」ママはホームセラピスト♪ vol.4 -ママそらLabs-


【ヒーリングルーム スユア・ホリスティック ヒーリング スクール主宰 熊倉利子】
はじめまして!2人の子供の母であり、2人の孫のバァバでもある熊倉利子です。
現在は、サロンでセラピストとして、皆さんの体と心のケアをしたり、インストラクターとして、スクールでアロマテラピーやレイキなどお伝えしています。
自分自身でも20年間、アロマなどの自然療法を実践してきた結果、自宅の救急箱には体温計とバンドエイドだけになったという経験をお伝えしようと「ホームアロマセラピー講座」を開催したり、「ホームアロマセラピー講座のインストラクター」の育成を始めました!
ママそらでは、すぐに日常生活に活かしていただけるアロマセラピーやベビーマッサージ、アーユルヴェーダ、スピリチュアルヒーリングなど、様々な自然療法によるケアをお伝えしていきたいと思いますので、よろしくお願いします 。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 

乾燥によるお肌のカユミには?

 

こんにちは!

日に日に寒さが厳しくなり、空気も乾燥してきましたね。

さらに、エアコンなどの暖房器具も使うようになると、お肌の乾燥を感じるようになった方も多いと思います。

そして、お子様の中にも乾燥性のかゆみが出たり、ヒリヒリした痛みを感じる子も多くなってきたようです。

かゆみがひどいと、寝ている間に掻きむしってしまうこともあるといいます。

何とかしてあげたいですね。

 

 

なぜ、乾燥すると皮膚がかゆくなるの?

 

私たちの体は、外界からの有害な影響から体を守ったり、心臓や胃などの大切な臓器を守ったりするために、体全体が「皮膚」におおわれています。

皮膚はとても大切な器官で、やけどなどで皮膚の1/3が損傷してしまうと命を落とすこともあります。

 

皮膚は「表皮」、「真皮」、「皮下組織」という3つの層からなっています。

そして、この表皮を守るためにさらに「皮脂膜」という薄い膜があります。

 

皮膚の一番下の層は「皮下組織」です。

良く「皮下脂肪」という言葉を聞くと思いますが、皮下組織には脂肪が蓄積されて、外界からの刺激を和らげるクッションの役割をしたり、体の熱が逃げないようにしたりするという役割があります。

「皮下脂肪」というと、女性にはあまり良いイメージがありませんが、実は「皮下脂肪」は大事な役割をしているのです。

もちろん、生活習慣病の危険が高まりますので、多過ぎるのはいけませんけどね♪

 

そして、皮下組織の上には「真皮」があります。

「真皮」と書くように、皮膚の中心的な役割をする部分で、お肌の弾力の基となる繊維で構成されています。

ここには血管や神経、毛包、皮脂腺、汗腺などがあります。

 

次に、真皮の上には「表皮」があります。

表皮にあるケラチンは外界から水分が入ってこないようにしたり、異物や細菌などが浸入しないように保護しています。

また、お肌のハリを保つコラーゲンや水分を保つヒアルロン酸などが含まれています。

 

さらに、表皮を守るために「皮脂膜」という薄い膜が表皮をおおっています。

この「皮脂膜」は、真皮にある「皮脂腺」から出てくる「脂分」と「汗腺」から出てくる「水分」が交じり合ってできる天然のクリームなのです。

 

通常、健康な人ですと水分と脂分のバランスが取れていますので、この「皮脂膜」がしっかり作られてキレイなお肌になります。

ですから、赤ちゃんなどはスキンケア用品を使わなくても、プルプルのしっとりしたお肌をしていますよね。

 

しかし、飲む水分量が少なかったり、空気が乾燥したりすると皮脂のバランスが崩れ皮脂膜が上手く作れなくなってしまいます。

そうすると、表皮の水分量も少なくなって刺激を受けやすくなったり雑菌が繁殖したりして、ヒリヒリ感やかゆみを感じたりしてくるのです。

 

 

乾燥性の皮膚のトラブルの時にはどうする?

 

このような、乾燥性の皮脂のバランスの崩れからくるかゆみなどの場合は、上手く皮脂膜ができるようにケアをすると良いでしょう。

 

アロマテラピーやアーユルヴェーダなどの自然療法では、オイルを皮膚に塗布してオイルの膜を作り、そのオイル膜の下で皮脂膜が作られるのを助けてあげます。

 

アロマテラピーでは、皮脂と似たような成分構造を持つ「ホホバオイル」がよく使用されます。

 

ホホバオイルを全身に塗ってあげるだけでもよいのですが、一番オススメなのは、次の方法です!

 

①お風呂から上がる前に、手桶にお湯を汲み、その中にホホバオイルをティースプーン半分入れて良くかき混ぜます。

②手桶の中のお湯を手に取って顔と首に塗り、残りを肩の辺りから全身にかかるように流します。

③オイルの混じったお湯が皮膚に浸透するように、全身を軽くなでてあげます。

④タオルでおさえるように、余分な水分をふき取ってあげます。

 

 

私の息子は冬になると乾燥で背中がかゆくなっていましたが、このケアでかゆみもなくなり喜んでいました。

 

ぜひ試してみてくださいね♪

 

 

※事故のないようにホホバオイルを使用する前には、必ず下記のようなパッチテストを行ってください。

パッチテストとは、二の腕などにホホバオイルを少量塗り、かゆみや赤み、発疹などがないかをみるテストです。何か反応が出たらホホバオイルは使用しないようにしてください。

また、アトピーや各種アレルギーがある場合は、主治医の医師にご相談してくださいね。

 

 

 

★ホームアロマセラピー Facebookページ

 http://www.facebook.com/aroma.hometherapy

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

★ママそらFacebookページ
http://www.facebook.com/mamasola1
★ママそらサポーター募集中!
http://www.facebook.com/groups/mamasola.supporters/
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
奥田絵美

奥田絵美ママそら代表

投稿者プロフィール

夫の転勤により孤独で不安な子育てを経験したことから「不安なママを救いたい」とママコミュニティ「ママそら」を設立、半年後に法人化。

「ソーシャルメディア・ラジオ・リアルイベント」の3つを軸に、育児支援・就業支援を行う。北海道から沖縄まで9つの支部を展開中。3年で2万人のコミュニティに成長。

ママのスキルや経験を生かした商品開発・マーケティングなどで大手企業とコラボレーションをしたり、行政と就業支援を行うなど活動の場を広げている。

現在、毎週土曜日にレインボータウンFM「ママそらモーニングcafe」に総合MCとして出演。2015年6月にママの仕事選びのバイブルとなる「新しいママの働き方」(アチーブメント出版)を出版。

この著者の最新の記事

関連記事

minau

Career Design OSAKA

woman-career-design

注目記事

  1. 12688079_963968327016196_6435026725906075980_n

    ママとキッズの意見が詰まった子ども用レトルトカレーが新登場!

    【ママそら PR企画】 ボンカレーから、大人が食べても満足する子ども用レトルトカレーが誕生! …

最近の投稿

  1. Image-1-4

    2018-8-17

    夏休みラジオ2本立て!「繋がる離島・八丈島、新島、ハワイの絆」「こどもアナウンサー体験」

    ママそらラジオColorful Style Labは毎週土曜日10時~11時、多様な人が活躍できる社…
  2. 38689605_1787045868052890_4633863309693550592_n

    2018-8-17

    下村 真有美さん ママそら 「今日の輝くママ」No.945

    「わたしはわたしのスタイルで!ということ。誰にも振り回されずに自分の領域を持つこと。」 今…
  3. 36236440_1681641105284806_4414480009461235712_n-630x473

    2018-8-16

    水上 里美さん ママそら「今日の輝くママ」No.944

    「やりたいと思ったらやってみる! 」 今日の輝くママは…

ママそらTwitter

過去の投稿

ページ上部へ戻る