西岡さち子さん<徳島県>ママそら「今日の輝くママ」NO.1310


153864340_259594792449650_4741705576790177212_n

「頭の中の整理が肝心!」

今日の輝くママは、西岡さち子さん。マルチタスクが得意なママだからこそ、頭の中の整理をして一つずつこなしていくことで仕事も家事もスムーズに進むようになったとのこと。その具体的な方法を西岡さんに教えて頂きました!すぐに取り入れられるものもありますので、ぜひご覧ください☆

【名前】西岡さち子(にしおかさちこ)

【お住まい】徳島県徳島市

【お子様について】長女 8歳

【職業】農業、会社役員
153482614_447258646620911_4260693086614251878_n
【最近嬉しかったこと】
AmazonのセールでEcho dot(エコードット)を買いました。Echo dotに搭載されているAIのアレクサに口頭で指示を与えて、朝起きたい時間に電気を付けたり、お料理タイマーをセットさせたり、天気予報やニュース、好きな音楽や焚き火の音を流したり、筋トレスケジュールや子どもの寝る準備を始める時報等をお知らせしてもらえたりして、思っていたよりかなり便利です。

そんな便利なアレクサの機能の中に合言葉があります。「アレクサ、おはよう」と私が話しかけると、アレクサが「おはようございます。今日もかわいいです。今日の徳島市の天気は〜……」と応対させるように設定しました。

“今日もかわいいです。”これは、完全に機械的な棒読みなのですが、朝からとても気分が良くなります。それだけでなく、そんな事を棒読みでアレクサに言わせている私の求める言葉が家族に伝わったようで、夫や娘から「ママはいつも美人だよ」「さち子は今日もかわいいよ」と殆ど毎日、言ってくれるようになりました。そう言ってもらえるようになった私は、以前よりイライラすることが減り怒ってしまうことが少なくなったように思います。

内容としてはとても下らないと思うかもしれませんが、身近な人の行動を誰にもストレスなくポジティブに変えられたという事に感動しました。そして何より私の幸福に繋がりました。真似してもらいやすいと思いますので、ぜひやってみてください。
147073698_1078947792587658_4984376724595623459_n
【輝くママの秘訣】
頭の中の整理が肝心と考えています。子どもが産まれるとどうしても、マルチタスクで物事を処理する事が増えます。子どもが危ない事してないかと様子を伺いながら素麺をゆで、子供用味付けのおかずを煮て、途中から2/3だけ大人用の辛味付けにとりわけて煮て、とってた素麺用いりこ出汁のいりこをザルにあけつつ、出汁の方はなぜか全て流しに捨ててしまう・・・など、やりがちかと思います。(私だけですか?)

おそらく本来、人間は「マルチタスク」で物事を行うよりも「シングルタスク」=「一つずつ集中してこなしていく」方が効率的なのです。でも、小さい子どもを見なければいけない時期は特に、どうしても頭がマルチタスクで物事をこなすようにシフトしてしまうように思います。

私は特に自分がものすごくうっかり者なのを自覚しておりますので、頭の中では必ずやる事を明確に、ひとつずつこなすように心掛けています。具体的には、仕事でやる事がいっぱいある時や新しい取組をする前、待ちの仕事が多くなんだか焦りを感じる時などに大きめの付箋にやる事をひとつずつ書いていきます。

例えば
・〇〇社に見積もり送付
・娘の体操服にゼッケンをつける
・ジャム製造用砂糖を買い足す

といったように。頭は家庭内の事も仕事と同じように焦りと判断してしまうようなので、仕事も家庭も関係なく全てを紙に書き出すのがポイントです。

また、「HPをリニューアルする」といったような取組が具体的でないものは、下記のように整理します。
・HPリニューアル サーバー移行を業者に依頼
・HPリニューアル MTGまでにページ遷移を書く
・HPリニューアル デザイナーにイメージ伝える
・HPリニューアル トップページのキャッチコピーを練る
こんな感じで頭の中を全て書き出したら、あとは対応する順番に付箋を並び替えて上から順にやったら捨てていくだけです。

わざわざ頭でわかっている事を書き出すのは、回り道のようでいて実は最短距離です。頭がすっきりして仕事も快調に進むので、ぜひこちらもおすすめですよ。

【住んでいる街の好きなところ】
私の住む徳島には川が多く、橋がたくさんあります。中でも潜水橋(せんすいきょう)が好きです。潜水橋(高知では沈下橋(ちんかばし)と言います)とは、大雨で川の水位が上がると水の中に沈む橋です。沈んだ際に川の流れに押し流されないように、ガードレールや縁石がありません。ただ平らなコンクリートの道が川の上に横たわっているような様子で、車がすれ違うことも難しい橋が多いです。総じてどこも景色がよく水面が近く、橋の真ん中に行くと自分が川に浮いているような不思議な気持ちになれます。
153170149_3472531699522833_2946760632496288660_n
徳島を含め、四国には沢山、潜水橋がありますのでもしいらっしゃる機会がありましたらぜひ堪能していただければと思います。堪能している最中に車がきたら、走って対岸まで追い立てられる所もアトラクションとして楽しんでもらえたらと思います。
153322639_3226157654151815_2079718670984685006_n
【全国のママ&プレママへのメッセージ】
子どもを産むと良いことも悪いこともあります。常識やまわりの影響で、無理に「自分はこう思わないとダメだ」と決めつけるのではなく、フラットに自分を受け止めるととても気持ちが楽になりますよ。

【目標・活動 など】
イチゴ農家をしています。コロナ禍の影響をうけた今、個人向けのいちごの商品を増やしています。新商品のドライ苺、いちご紅茶、冷凍いちごペースト(スムージー)など、これから続々登場予定!よかったらSNSをフォローして新商品誕生の瞬間の喜びを皆さまと分かち合えたら嬉しいです。よろしくお願いします。

☆『いちご農家 西岡産業』Instagram
https://instagram.com/nishioka.s
153588929_150485976894166_166782630379977773_n

ライター:景井愛実(2021.2.26)
コメントや「いいね!」でママ達の応援もよろしくお願いいたします^^
★ママそらFacebookページ
http://www.facebook.com/mamasola1

★ママそらサポーター募集中!
http://www.facebook.com/groups/mamasola.supporters/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
景井愛実

景井愛実ママそら 本部

投稿者プロフィール

二児の母。福島に生まれ育ち、嫁ぎ先も福島。4世代同居。夫両親と農業を営む。『農家=地域に根差した仕事』。地域の女性やママたちと楽しみながら生きていきたい。

【ママそら本部】 
https://www.facebook.com/mamasola/

【Berry's Garden】
https://berrys-garden.com
農業女子 景井愛実プロデュースの福島発アグリブランド。 
「Pocket of “love berry” time:日常のちょっとしたスキマに、愛、実る時間を。」 をテーマに、クオリティや想いを大事にした日常の一息つけるスキマ時間を幸せに感じられるアイテム・イベント・ライフスタイルを提案。農産物・加工品に加え、農産物を様々なシーンで楽しめるアクセサリー、雑貨など、農に関連したアイテムを幅広く展開し、「可愛い楽しい農」を提案。“あなたのスキマに幸せをお届けしたい”という想いを
ブランドを通じて発信している。

この著者の最新の記事

関連記事

私らしい生き方・働き方 LIVLA

LIVLA

minau

Career Design OSAKA

woman-career-design

注目記事

  1. クロスえりなさん <韓国>ママそら「今日の輝くママ」NO.1202

    「子供たちとその時その時を思いっきり楽しみ、一緒に成長する!」 今日の輝くママは、韓国にお住いのク…

最近の投稿

  1. 2021-4-20

    山本祥子さん<高知県>ママそら「今日の輝くママ」No.1325

    「自分のやりたいことをあきらめないこと」 今日の輝くママは、山本祥子さん。子どもが生まれて自由…
  2. 173855509_763971831176270_2770379393458910867_n

    2021-4-16

    ママそらラジオ 子どもたちがワクワクしながら自ら学ぶ秘訣スペシャル!

    ママそらラジオColorful Style Labは毎週土曜日10時~11時、多様な人が活躍できる社…
  3. 172146227_757784575107752_7857217173675047382_n

    2021-4-15

    吉本寛子さん<福岡県>ママそら「今日の輝くママ」No.1324

    「家族との時間も、自分の時間も どちらも大切にしています」 今日の輝くママは吉本 寛子さん…

ママそらTwitter

過去の投稿

ページ上部へ戻る