1.NY流 認めて伸ばすエンジョイ子育て ~他の子どもと比べない子育て~



はじめまして。一般社団法人 魅力アカデミー主宰の中原晴美です。
私はNYにて、美容家として、ヘアーサロンワーク、ヨガ講師、ダイエットアドバイザーとして、18年間暮らしておりました。現在18歳15歳13歳の、1男2女は、NYで出産し、6年前に帰国。子育てをしながら、仕事を続けています。
 
今回のコラムでは、NYでの子育て経験とNLP心理学を学んだ事から、コミュニケーションと、家族としての絆を大事にする「NY流 認めて伸ばすエンジョイ子育て法」をお届けします。
子育ては、最高の社会貢献!次世代に素敵な大人を沢山残しましょう。
 
…………………………………………………………………

1. それぞれのスピードで、他の子どもと比べない子育て

 
生まれた時は、元気に生まれてくれただけで、感謝して、嬉しかったのもつかの間、ミルクの飲む量、睡眠時間、体重の増え方、寝返り、ハイハイ、よちよち歩き、言葉、トイレトレーニングなどなど、赤ちゃんの育つ段階には、ありとあらゆる目安があって、新米ママはオロオロしてしまいがち。
 

 
小学生になる頃には、その個人差は、個性としてそんなに気にならなくなるのですが、どうも育児書や小児科検診などで、使われる目安に、私達は振り回されてしまうようです。
 
私自身、2歳ずつ年の離れた3人の子どもを育てていて、その成長のスピードに物凄く差がある事を、時に心配もしましたが、長じてみれば、いつその子のスイッチが入るのか? は本当に解らないものです。
 
2歳しか離れていないと、体の大きさや、語彙、出来る事、出来ない事が、時として、下の子が上の子を追い抜いてしまう事もしばしば。それぐらい子どもの成長スピードは、違うものなのです。
 
神経質になりすぎる事は、子ども達に伝わります。ママが、子どもを「かわいそう」「大丈夫かしら」「成長が遅い」と思っていると、それを子どもが敏感に感じ取ります。
 
特に親にかわいそうと思われる事は、子どもには百害あって一利もありません。どんなに成長が早かろうと遅かろうと、体が少し弱かったり、小さかったり、もしかしたら、生まれつきの病気を抱えていたとしても、
 

生まれてきた事は喜び。

 
命がある事そのものが尊くて美しくて、100%OK! なのです。だから、決して、いかなる理由でも 子どもを「かわいそがる」事はしないで、どんな個性でも、どんな環境に生まれても、それはその子だけの宝となるという事を、ママ自らが信じてあげてくださいね。
 
そうすれば、子ども達は自分達の生きて行く自信を最初の一歩から持つ事が出来ます。
 
他の子どもと比較して、「○○ちゃんより、出来る」「○○ちゃんより出来ない」という子育ては、子どもを不安にさせます。
 
不安な子どもは、いろんな事にチャレンジする勇気、のびのびと自分らしくいる姿勢を、見失ってしまうのです。
 
NYのママ達は、「My baby is perfect!」「ウチの子は完璧!」とよく言います。
そう、どこの子どもよりも、私の子どもが最高! 完璧!  そんな風に子育てしていくと、子ども達に素敵なギフトを上げられますよ。
 
そう。大切なのは、自分を信じる心=自信!
 
時には育児書も、あれこれの数字もほっぽり出して、自分の子どもをじっくり見てあげましょう。そうすると見えなかった、その子だけのキラキラする宝物が見えてくるのです。
 
…………………………………………………………………
一般社団法人 魅力アカデミー主宰 中原晴美
NYにて、美容家として、ヘアーサロンワーク、ヨガ講師、ダイエットアドバイザーとして、18年間暮らす。現在18歳15歳13歳の、1男2女は、NYで出産子育てをしながら、仕事を継続。
2006年に帰国時は、小5、小3、小1の帰国子女を抱え、日本の教育事情をより知りたいと、毎年学校や地域の委員会活動にも参加している。
 
NYでの子育て経験とNLP心理学を学んだ事から、コミュニケーションと、家族としての絆を大事にする「NY流褒めない怒らないイライラしない子育て法」を確立。
自身が主宰する「魅力アカデミー」のペアレンツカテゴリーにて、魅力的な親として、魅力キッズを育てる講座を開催予定。また、子育てに悩む、ママ達のために個人セッションも行っている。
その他、魅力アカデミーでは、ライフスタイル、セカンドライフ、ビジネスのカテゴリーにて、「自信みつけ、魅力的に輝き、他者に貢献出来る人材」の育成に情熱を注いでいる。

新スタート、多彩な講師陣の魅力的なコンテンツ
【公式ブログ】 魅力人ネットワーク
http://miryokuacademy.com/blog/
中原晴美のブログ
幸せと成功のために NY流【魅力学のススメ】
http://ameblo.jp/harumistyle/
【メルマガ】 魅力学のススメ
http://miryokuacademy.com/blog/アカデミーメルマガ
【公式Facebook】 アカデミー最新情報を発信中
https://www.facebook.com/MiryokuAcademy
アカデミーのオフ会やイベントなど、交流ページ
https://www.facebook.com/groups/154761498019291/
 
…………………………………………………………………
★ママそらFacebookページ
http://www.facebook.com/mamasola1
 
★ママそらサポーター募集中!
http://www.facebook.com/groups/mamasola.supporters/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

黄野 いづみママそらディレクター

投稿者プロフィール

株式会社ママそら ディレクター
株式会社LIVLA 取締役
キアノ・インターナショナル株式会社 代表取締役
16歳で単身アメリカへ留学。学習院大学に入学・卒業し、その後に再度渡米。テレビ局や日系メディア会社にてインターンとなる。帰国後は出版社で、約10年間、広告営業や企画編集ライターなどに従事するとともに、プロジェクトマネージャー、チームリーダーを経験する。出産を機に独立。
「子どもの輝く未来のために、子どもの心を育み親子でHAPPY に!」をコンセプトに、木製玩具、アートグッズの輸入販売や心を育む遊びの提案を行っている。海外生活の経験を活かし、楽しみながら英語に触れることのできる遊びも紹介。グローバル時代を生きる子どものために、豊かな感性や表現力、発信力、人間力を育むプロジェクトに取り組んでいる。
株式会社ママそらでは創業時からディレクターを務め、複数のプロジェクトの統括やスタッフ管理・育成に携わるとともに、ライター育成も行っている。
HP  http://www.twinklekidsstar.com
Facebookページ https://www.facebook.com/kidsstarjapan

この著者の最新の記事

関連記事

ママそらオリジナル&コラボアイテム

minau

Career Design OSAKA

woman-career-design

注目記事

  1. 12688079_963968327016196_6435026725906075980_n

    ママとキッズの意見が詰まった子ども用レトルトカレーが新登場!

    【ママそら PR企画】 ボンカレーから、大人が食べても満足する子ども用レトルトカレーが誕生! …

最近の投稿

  1. 2BF4A0CB-43E4-4EAA-B142-AC65D7623455

    2018-5-25

    6/1(金)ママそらふくしま『「しあわせキャリア」のつくりかた』セミナーランチイベント開催!ママそら代表 奥田絵美来場

    こんにちは、福島の景井愛実・添田麻美です。2016年4月に東北初でスタートした「ママそらふくしま」。…
  2. 33436560_989944417828226_5475766591511592960_n

    2018-5-25

    こども未来館ラジオ「自分を知り、豊かな未来を作ろう!」

    こども未来館ラジオ「自分を知り、豊かな未来を作ろう!」 ママそらラジオColorful S…
  3. img_8776.jpg

    2018-5-25

    武藤洋平さんママそら「今日の輝くパパ」No.67

    「自分の仕事や人生にちゃんと自分で目的や価値を見出して向き合っていくこと」 今日の輝くパパ…

ママそらTwitter

ページ上部へ戻る