長谷川 令さん〈福島県〉ママそら「今日の輝くママ」No.1197


89519481_3131399413536782_1546545292961120256_n

「自分が好きな自分でいるために、自分のご機嫌をとるのも大切!」

今日の輝くママは長谷川令さん。自分の過ごしたい未来はどんな未来かを想像し、好きなことを選んでいくことを大切にされているという長谷川さんの、うんうんと頷ける素敵なメッセージをお届けします☆

【名前】
長谷川 令(はせがわ れい)

【お住まい】
福島県 須賀川市

【お子さんについて】
2歳男の子
89358741_502888690598049_3094474055017824256_n
【職業】専業主婦

【最近嬉しかったこと】
息子がご飯をよそってくれたり、一人で寝れるようになったり、おむつを脱いで排泄できたり、日々の成長が嬉しいです。
そして主人と息子の成長を一緒に涙して喜べることがとっても嬉しいです。
89352158_249553442738662_2906255376787701760_n
【輝くママの秘訣】
ごく普通の主婦な私が輝くママなんて恐縮ですが…素敵な機会を頂きましたので、私の中で大事にしていることを書かせて頂きます。

2つあり、1つ目は『子どもの成長に合わせて自分をアップデートし続ける』ことです。

息子を出産して2年2ヶ月。子どもの成長にはいつも驚きの連続です。とくに2歳を迎えてからの成長は目を見張るものがあり、4歳の男の子と遊べば息子が「自分も!」と挑戦し数回チャレンジしてやってのけてしまい親の方がハラハラしてしまいました。

「私は親として何をしてあげられるのかな…」っと考えたとき「息子の成長を妨げない環境を提供することがベストだな」と思い、そのために知識を得ようと考えいろんな媒体から子どもに関する知識を集めました。
様々な知識を得る中で私の価値観や常識、世界の狭さに気付きました。全てを受け止め有難く自分の中の引き出しの1つにすることで少しずつ自分がアップデートされていくのを感じました。

アップデートすると私の低かった自己肯定感や自己効力感もあがり更なる意欲がわき、「好循環だなぁ」と感じています。
89348882_510115959679114_7239954941266100224_n
知識を得ることで選択の幅も広がるので昔なら選択肢にすらなかったことも選べるようになり、さらにエビデンスも知ってる分自分の選択にぶれず、芯を持って子育てができるようになりました。
ただ、子どもは想像のはるか上を越えていくので「その場その場を柔軟に対応していかないといけないなぁ」とも感じています。
そのために ある一方方向からの知識だけではなく、多方向からの知識を得ることが大事だと思っています。
89714828_531612087494257_2586060316420866048_n
2つ目は『大好きな人、物に囲まれる』ことです。

親になり自分だけの時間の少なさに1番驚きました。
限りある時間をどう有意義に過ごすか、自分の過ごしたい未来はどんな未来か想像し、取捨選択したときに「好きなことだけしたい!!」と答えが出ました。

すごくシンプルですが、自分が好きな自分でいるため、自分の機嫌をとるために大事なことだなぁと感じています。
89659148_1543024602514344_6032011611357577216_n
【住んでいる街の好きなところ】
私の住んでいる福島県須賀川市は自然豊かで人がおっとり、穏やかで素敵な街です。
89989272_216361156084277_8886596852242186240_n
須賀川市含め福島県全てですが、キラキラ輝いてるママがたくさんいます。
そのママ達は自分だけで満足じゃなく、他のママ達へ輝きを与え続け、他のママへ与えるために自分自身をさらに輝かせています。
私自身も輝きをもらった1人でその輝きを消さないように次に繋げるために頑張ってる最中です。
憧れる人が近くにいる環境に感謝しております。

【全国のママ&プレママへのメッセージ】
私は転勤族です。出身は遠く飛行機の距離で3年前に福島県へ来ました。

次いつ転勤を命じられるか分からず、来た当初は「友達はいらない」と思っていました。
その後妊娠出産し、息子と一緒にいるのにものすごく孤独を感じました。
生後4ヶ月のとき初めて地域の子育てイベントで同じくらいの月齢のママやご近所に住むママと出会いました。
その後たくさんのイベントに行きましたが場所によっては既にできた輪の中に入れず孤独感が増したり、息子が脱走しまくりイベントどころじゃなくなったり、ママ同士トラブルが起きたり、外の世界と繋がることは正直いいことばかりではありませんでした。

ですが、私が産後うつや育児ノイローゼっぽくなったときに救ってくれたのもイベントで知り合ったママ達でした。

転勤先や知らない土地での友達の作り方は難しいように感じますが、すごく分かりやすくシンプルです。
自分と相手は映し鏡です。自分が笑えば相手も笑う、環境が変わります。
そして実はみんな「頼ってほしい」と思っています。遠慮してるのは自分だけ、周りに頼って、頼られ、みんなで子どもを育てていく今の時代の流れに乗って、楽しみながら子育てできるといいですね。

【目標・活動について】
息子に「新しいことへ挑戦し続けて欲しい」と願いを込め名前を付けました。
89383524_202371057524128_3904683385884246016_n
息子の1番近いお手本の私が新しいことへ挑戦し続ける姿を見せることが1番だと思っているので、自分の直感を信じ、たまには軌道修正しながら まず一歩。
ドキドキとワクワクを大事に 楽しみながら挑戦し続けたいです。

●ピヨピヨクラブ●
2020年度新規会員募集中
須賀川市で19年続く、0歳から就学前のお子様とママ向けのサークルです
季節のイベントや消防署見学、ポーセラーツ、 いちご狩り、スイーツ作り…etc
子育ての悩み・情報交換しつつ、たくさんおしゃべりをして、一緒に楽しい時間を過ごしませんか?

ライター:福島支部 添田麻美(2020.3.13)


コメントや「いいね!」でママ達の応援もよろしくお願いいたします^^

★ママそらFacebookページ
http://www.facebook.com/mamasola1

★ママそらサポーター募集中!
http://www.facebook.com/groups/mamasola.supporters/

★ママそらふくしまFacebookページ
http://www.facebook.com/mamasolafukushima/

★ママそらふくしまFacebookグループページ【サポーター募集中!】
http://facebook.com/groups/mamasolafukushima/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
添田 麻美

添田 麻美ママそら 福島支部

投稿者プロフィール

福島県在住の5歳男の子のママ。赤ちゃんヨガ&ベビーマッサージ、親子向けアロマクラフト講座、マタニティケア等、女性の産前産後のケアサロン【カラコロ~福島の親子ふれあい教室~】運営。ママライフコーディネーターとしてイベント企画、講演等の活動も。
福島の前向きで素敵なママたちにもっと楽しんでもらいたい!学びの場を作りたい!という想いから、2015年ママそら100人プロジェクトの5期生として学ぶことに。
全国に福島の魅力と素敵なママ達の笑顔を届けます☆

この著者の最新の記事

関連記事

私らしい生き方・働き方 LIVLA

LIVLA

minau

Career Design OSAKA

woman-career-design

注目記事

  1. 12688079_963968327016196_6435026725906075980_n

    ママとキッズの意見が詰まった子ども用レトルトカレーが新登場!

    【ママそら PR企画】 ボンカレーから、大人が食べても満足する子ども用レトルトカレーが誕生! …

最近の投稿

  1. 91057565_1887784848021606_2037058827639062528_n

    2020-3-27

    満園依李さん<宮城県>ママそら「今日の輝くママ」NO.1205

    「頑張るところを1つに絞ること!自分を褒めること!」 今日の輝くママは、満園依李さん。…
  2. 9C02FF8E-FF84-4F96-A7A5-B27E9F72A6AA

    2020-3-25

    西川奈穂美さん<愛知県>ママそら「今日の輝くママ」NO.1204

    「気持ちは永遠の20代。気持ちを若く持つことです。」 今日の輝くママは西川奈穂美さん。…
  3. collage_photocat

    2020-3-25

    山尾美穂さん<大阪府>ママそら「今日の輝くママ」No.1203

    「なんでも家族全員で話し合う事」 今日の輝くママはスポーツフードスペシャリストとして活…

ママそらTwitter

過去の投稿

ページ上部へ戻る