服部雅恵さん<三重県>ママそら「今日の輝くママ」NO.1153


「身だしなみを怠らないことです。」

今日の輝くママは服部雅恵さん。お気に入りの洋服をコーディネートをして、今風のメイクをするだけで、気分が上がります。という雅恵さんからのメッセージをお届けします。

【名前】 服部雅恵(はっとり まさえ)

【お住まい】三重県鈴鹿市

【子ども】 息子(22歳) 娘(21歳)

【職業】 外国人教育指導助手

【最近嬉しかったこと】
出張で週に二回しか訪れない学校の外国人生徒に、「先生、次いつ来るの?」と心待ちにされていたことです。家庭の事情で、十分に家族と会話が出来ない子供もいますので、休み時間にはなるべく母国語で沢山話をするようにしています。ほとんどの子供は話し好きで、自分の事を話したがります。

【輝くママの秘訣】
身だしなみを怠らないことです。自分を諦めている人は、子育ても雑だと感じます。やっぱり子供は、いつも元気で綺麗にしているママが自慢です。忙しくても、たまにはファッション誌やヘアスタイル集に目を通すことは大事です。お金をかける必要はありません。お気に入りの洋服をコーディネートをして、今風のメイクをするだけで、気分が上がります。

【住んでいる街の好きなところ】
鈴鹿市は子育てに優しい街だと思います。緑が多くて、設備が整っている公園がたくさんあります。お弁当を持って行けば、お金をかけずに一日遊べます。雨の日は市立図書館で読書デーにして楽しく過ごせます。子供対象のイベントもたくさんありますので、鈴鹿市で子育てが出来て、本当に良かったです。

【全国のママ&プレママへのメッセージ】
止まない雨はありません。子育て中に、悩み続けて、落ち込むときがたくさんあります。子供が重い病気したとき、かんしゃく起こして手が付けられないとき、反抗期で毎日バトルするとき。誰にも相談できずに、夫は頼りにはならず、毎日涙を流して、泥臭い日々を過ごしたこともありました。でも、子供はママが大好きなのです。それだけは、信じていました。息子が反抗期の時に、お約束のフレーズ、「クソババァ、うざい。」ともれなく言われましたが、そういう時期だったのです。ホルモンが乱れていたのですから、仕方がないのです。でも、雨は止みました。今は仲良しです。

【フリー記述。目標・活動】

私は21歳の時、単独でブラジルから来ました。短大卒業後、自分の置かれている環境を変えたく行動しました。バリバリ働き、結婚願望も出産願望も全くありませんでした。しかし、夫に出会い、24歳で結婚して28歳で一人目を出産しました。人生にハプニングは付きものです。夫は九州出身なので、母や家族には頼れない環境でした。妊娠も出産も子育てもすべて手探り&自己流でした。それでも、何とかなるものです。一番困ったのは息子が乳児の頃に低ガンマグロブリン血症を発症したときでした。聞いたこともない病名だったし、まだ赤ちゃんの息子が入院する度に、私が毎日、四六時中付き添いました。息子が高熱でぐったりしているのを見ると、私は何も要らないから、この子だけは助けてください、と何度も神様に祈りました。そのおかげか、二年間治療続けた結果、息子は完治しました。その間に娘も生まれ、二人を保育所に預けて、仕事を再開しました。フルタイムで働きながら子育ては毎日ドタバタでしたが、今思うと、充実した日々でした。。反省や失敗もたくさんありますが、今は二人とも頼もしい大人に成長しましたので、ほっとしています。年子の子育て中はいつも両手がふさがっていましたので、買い物中に財布を出す為に、知らない女性に息子を抱いてもらったり、ベビーカーを運ぶのを手伝ってもらったり、本当にありがたかったです。時間に余裕ができた今は、月一度子ども食堂でご飯を作ったり、LGBT支援団体と共に、レインボーパレードやレインボーフェスタに積極的に参加しています。右も左もわからず、所持金もほとんどない状態で来日後、沢山の方に助けていただいたので、これからはまず出来ることから社会貢献したいと思います。

ライター:三重支部 岡田聖子(2019.11.28)

コメントや「いいね!」でママ達の応援もよろしくお願いいたします^^

★ママそらFacebookページ

http://www.facebook.com/mamasola1

★ママそらサポーター募集中!

http://www.facebook.com/groups/mamasola.supporters/

★ママそらみえfacebookページ

http://www.facebook.com/mamasolamie

★ママそらみえサポーター募集中!サポーターだけの情報もお届けします!

http://www.facebook.com/groups/mamasola.mie/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
岡田 聖子

岡田 聖子ママそらみえ支部代表

投稿者プロフィール

三重県鈴鹿市在住。1児の母。ママそら三重支部代表。NPO法人shining代表理事。ゆめのたね放送局パーソナリティ。介護支援専門員。
古代遺跡が大好きでバックパーカーしていた時にタイの孤児院で知り合ったタイ人の親友がスマトラ沖地震で被災し、音信不通となる。彼女と約束した「子育て支援に情熱を注ぐ」を決意する。
老人保健施設で働く傍ら、忙しいママが子育てをしながら輝けるよう2014年6月NPO法人shiningを同じ志を持った仲間と設立。
2015年、出産後より心のよりどころとしていた、ママそらにかかわってみたいと、ママそら100人プロジェクト5期生として学ぶことを決意。
2016年4月よりママそら三重支部代表となる。三重から全国に、全国から三重にママの繋がりを作っていく。
今後の目標は、ママが安心してくつろげ、地域の人々が気軽に交流できる、第3のおうちを作ることに力を注ぐ。そして、書と三重の伝統文化をコラボした商品を全国に発信すること!

この著者の最新の記事

関連記事

私らしい生き方・働き方 LIVLA

LIVLA

minau

Career Design OSAKA

woman-career-design

注目記事

  1. 12688079_963968327016196_6435026725906075980_n

    ママとキッズの意見が詰まった子ども用レトルトカレーが新登場!

    【ママそら PR企画】 ボンカレーから、大人が食べても満足する子ども用レトルトカレーが誕生! …

最近の投稿

  1. 71539420_2449871308461778_4602241114760544256_n

    2019-12-5

    渡辺恵理子さん<福岡県>ママそら「今日の輝くママ」No.1156

    「小さなことから大きなことまで目の前のことに一生懸命!」 今日の輝くママは渡辺恵理子さん。 …
  2. collage_photocat

    2019-12-4

    吉田公美さん<兵庫県>ママそら「今日の輝くママ」No.1155

    「"自分に素直に"を心がけながら人生を楽しみたい」 今日の輝くママは刺繍アクセサリー作…
  3. 2019-12-3

    佃七重さん<高知県>ママそら「今日の輝くママ」No.1154

    「日々の小さな幸せが積み重なっているのかも」 今日の輝くママは、佃七重さん。 秘訣は、自…

ママそらTwitter

過去の投稿

ページ上部へ戻る