坂倉和美さん <三重県>ママそら「今日の輝くママ」NO.1131


「疲れやストレスを溜めないことが一番のポイントのような気がします。」

今日の輝くママは坂倉和美さん。”自分がワクワク出来るから”それを原動力に出来ている人は、ママに限らず輝いていると思います。という和美さんからのメッセージをお届けします。

【名前】坂倉和美(サカクラ カズミ)

【お住まい】三重県四日市市

【子ども】 長男 23歳、長女21歳

【職業】ウォーキングインストラクター、お手あてセラピスト

【最近嬉しかったこと】
受講生の方に「先生に出会えて本当によかった。」と言っていただいたこと。体と心の変化を誰よりもご自身が実感されているからこその言葉だったと思います。本当に嬉しかったですし、お一人お一人が抱えてみえる悩みや思いに寄り添うことの難しさを再確認するきっかけにもなりました。

【輝くママの秘訣】
疲れやストレスを溜めないことが一番のポイントのような気がします。仕事も家事も子育ても、自分のために休むことをきちんと出来ないと、気付かないうちにひずみは大きくなってしまうものです。体も心も、適度なゆとりがあって初めて潤滑に動くものなんです。”自分がワクワク出来るから”それを原動力に出来ている人は、ママに限らず輝いていると思います。

【住んでいる街の好きなところ】
水道のお水が美味しいところと海も山もあるところ!何より私の大切な人たちが住んでいるところ!

【全国のママ&プレママへのメッセージ】
子育てに正解なんてありません。全力で!なんて必要ありません。ただ、あなたのことが大好きで、大切だよ。って、伝え続けるだけでいいのです。いろんな形があっていいと思うんです。言葉で伝える、態度で伝える、表情で伝える、文字で伝える、絵で伝える、、。私は10歳で母を亡くして、父は私達と向き合うことをしなかった人なので、自分が子供を持った時、”子育て”ということがどういうことなのか、子供にどう接したらいいのか、全くわかりませんでした。ただ一つ確かだったのは、この子たちがこの世で唯一、自分よりも大切な存在であるということ。母が注いでくれた愛情は、幼いながらに嬉しくて、その一つ一つが今でも私を支えてくれています。父よりも怖かった母。言葉では褒めることも愛を伝えることもない人だったけれど、日常の私たちへの行動で、愛を示していた人だと思います。真似したわけではありませんが、私も全く同じで子供を褒めることが下手でした。照れ臭くて、言葉で伝えることが苦手でした。ただ、けなしたり見下したり、否定することは一切しなかったかな。と振り返ります。自分より大切な相手にそんなことしませんよね。今では子供たちも大人になって、本気のケンカのあとは本音で話しを出来るようになりました。私が飲めないコーヒーを飲んで、私が食べられないワサビを食べて、私を子供扱いしています。誕生日には、手作りの茶色一色のおかずオンパレードでお祝いしてくれます。”雑に育てられたからど根性大根”と自分を分析しています。それでも、あの子達が私を大切に思っていてくれることも知っています。親だから、子供だからなんて関係ない。おあいこなんですよね。

子育てに正解もなければマニュアルもありません。ただただ、ママは常に子供の一番のファンであり、応援団長であり、親衛隊長でいてあげてください。ママ自身も幸せだと感じていたら、ママの最強の愛も必ず子供に伝わると思いますよ。

【フリー記述。目標・活動】
壁に頭を打ち付けて痛みを紛らわすほどの頭痛、重度の腰痛、顎関節症、その他医者から”体質だから一生治らない”と言われた自律神経症状を姿勢と歩き方を見直すことで全て改善しました。”自力で治るやん!”痛み・不調がなくなると、心も輝き出します。自分自身の経験から、体と心が変わる姿勢と歩き方をお伝えしています。そして体と心に受けるストレスにより、バランスを崩してしまう自律神経系の症状はとても辛く、長引きます。根本治療がもちろん大切なのですが、まずは今ある症状が少しでも和らげば、、。そんな思いが高ぶって現在の活動を始めました。お母さんが子供に優しく触れて癒す、そんなお手当てのような施術で自律神経系の不調を改善していきます。

まずは身体と心を緩め、姿勢と歩き方で不調を繰り返さないための強い心身に整えていく。一人でも多くの方に、本当の意味での健康を手に入れていただけるように活動しています。

ライター:三重支部 岡田聖子(2019.10.10)

コメントや「いいね!」でママ達の応援もよろしくお願いいたします^^

★ママそらFacebookページ

http://www.facebook.com/mamasola1

★ママそらサポーター募集中!

http://www.facebook.com/groups/mamasola.supporters/

★ママそらみえfacebookページ

http://www.facebook.com/mamasolamie

★ママそらみえサポーター募集中!サポーターだけの情報もお届けします!

http://www.facebook.com/groups/mamasola.mie/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
岡田 聖子

岡田 聖子ママそらみえ支部代表

投稿者プロフィール

三重県鈴鹿市在住。1児の母。ママそら三重支部代表。NPO法人shining代表理事。ゆめのたね放送局パーソナリティ。介護支援専門員。
古代遺跡が大好きでバックパーカーしていた時にタイの孤児院で知り合ったタイ人の親友がスマトラ沖地震で被災し、音信不通となる。彼女と約束した「子育て支援に情熱を注ぐ」を決意する。
老人保健施設で働く傍ら、忙しいママが子育てをしながら輝けるよう2014年6月NPO法人shiningを同じ志を持った仲間と設立。
2015年、出産後より心のよりどころとしていた、ママそらにかかわってみたいと、ママそら100人プロジェクト5期生として学ぶことを決意。
2016年4月よりママそら三重支部代表となる。三重から全国に、全国から三重にママの繋がりを作っていく。
今後の目標は、ママが安心してくつろげ、地域の人々が気軽に交流できる、第3のおうちを作ることに力を注ぐ。そして、書と三重の伝統文化をコラボした商品を全国に発信すること!

この著者の最新の記事

関連記事

私らしい生き方・働き方 LIVLA

LIVLA

minau

Career Design OSAKA

woman-career-design

注目記事

  1. 12688079_963968327016196_6435026725906075980_n

    ママとキッズの意見が詰まった子ども用レトルトカレーが新登場!

    【ママそら PR企画】 ボンカレーから、大人が食べても満足する子ども用レトルトカレーが誕生! …

最近の投稿

  1. EE6F61B3-46C2-4676-BAC8-7C4AB718EE1C

    2019-10-23

    若林りつ子さん<三重県>ママそら「今日の輝くママ」NO.1138

    「子どもがいるからできないことではなく、子どもがいるからできることに注目していくこと。」 …
  2. 74293125_379077399641423_6019604567530930176_n

    2019-10-23

    岩見香織さん<京都府>ママそら「今日の輝くママ」No.1137

    「自分の持っているものを活かすこと。」 今日の輝くママは日本マタニティパートナーズ協会…
  3. 2019-10-22

    小川真穂さん<ドイツ>ママそら「今日の輝くママ」No.1136

    「足りないものを数えるより、今あるものを見つけて子供と一緒に楽しみたい」 今日の輝くマ…

ママそらTwitter

過去の投稿

ページ上部へ戻る