エリカ ピファーさん〈イギリス〉ママそら 「今日の輝く未来のママ」No.14


「集中し、努力すれば夢は叶う!」

今日の輝く未来のママは、ロンドンにお住いのエリカ・ピファーさん。現地の博物館でのボランティア活動を行う事で、素晴らしい方々とのご縁に恵まれ、英語のスキル向上にも繋がっているそう。母国ブラジルから遠く離れた地で、逞しく生きるピファーさんからのメッセージをお届けします

【名前】エリカ ピファー
【Name】Erika Piffer

【お住まい】London, UK
【Residence】イギリス、ロンドン

【職業・活動】Librarian
【Profession】司書(現在は博物館にてボランティア活動をしています。)

【最近嬉しかったこと】
私はSir John Soane’s Museumでボランティアをしています。来客者の方のサポートをする事で社会貢献できていると感じますし、幸せな気持ちになります。

そして二年ほど前から絵を描き始めたのですが、これから先もずっと続けていきたいと思っています。それ以前にも写真を撮ったり、料理をしたり、楽器を演奏するなど色々な事を試してきましたが、ここまで自分の心をとらえられるものに出会ったのは初めてです。
絵を描く事で喜びを感じたり、一つの絵を完成させる事で毎回新しい事を学ぶ事ができます。

私はボブ・ロブスの「私たちは間違いを起こすのではない、幸せな事故を起こすのだ。」という言葉が好きです。このフレーズは、私の作品と人生における全てに言える事だと思います。

【What made you happy recently?】
I’m a volunteer at the Sir John Soane’s Museum. Helping the visitors makes me feel like I’m giving back to the community, which makes me very happy.

Besides that, almost two years ago I started learning how to draw and I feel this is something I want to keep doing for a while – before I tried a lot of things like photography, cooking, playing an instrument, but drawing is the first thing that really captured my heart. Drawing brings me joy, occupies my free time and when I complete a drawing I always learn something different.

I love the philosophy of Bob Ross: “We don’t make mistakes, just happy little accidents”. I think this phrase fits my drawings and everything in my life :)

 

【住んでいる街の好きなところ】
ロンドンは多文化でとても大きな街です、私が生まれた街、ブラジルのサンパウロに似ています。
ここに住む人たちはとてもフレンドリーだと思いますし、博物館でのボランティア活動を通して更にそう感じています。英語のスキルを向上させながら多文化、多国籍な環境で、とても親切な職員の方々のサポートをできる事は、ロンドン生活の中でも貴重な体験になっています。

夏を除いてイギリスは一年を通して天気が悪いので、ブラジル人の私としては太陽が恋しくなったり、家族や友達が恋しくなる事もあります。
そんな時にはフェジョアーダというブラジル料理を食べたり、ブラジル流のバーベキューをする事でホームシックを解消しています。

【What do you like about the city you live?】
London is a big city, very similar to São Paulo, Brazil (the city in which I was born), with people from many different cultures. I always thought the people here are very friendly and I was able to confirm this as soon as I began volunteering at Sir John Soane’s Museum in Holborn. There I have the possibility to improve my English skills, meet people from different countries and cultures and help the staff, who are all very friendly, kind – they add a lot to my experience living in London.

As I am Brazilian, I miss the sun (the weather in London is not always the best, but summer is very nice). I also miss my family and friends who stayed in Brazil. But when the saudade (our word for feeling homesick) pops up, we eat a good Feijoada* (our national dish) or a good Brazilian Barbecue – it always helps :)

【将来の夢】
小さい頃は、決して沢山の夢を抱いているような子供ではありませんでした。
5歳の時に父は私たちの元を去り、私の母は一人で私を含めた二人の兄弟、祖母、叔母の面倒を見てくれました。
決して裕福な環境ではなく、18歳くらいまでは夢とかゴールを持った事がありませんでした。

ある日私の兄が、国立大学へ進学し、専門職に就くための勉強をする事を進めてくれました。
同じ頃に出会った私の夫も、進学し、ゴールや夢を持つように助言してくれました。
こうして私は大学で図書館学を専攻し、大好きな司書としてのキャリアをスタートさせました。

その後、空には必ず限界があるんだと理解しました。集中し、努力すれば夢は叶うのだと。
そして家族も私が選んだ道をサポートしてくれました。

今はまだ自分の英語のスキルを向上させる事を優先する為、司書としての仕事はしていません。ですが絵を描く事を学んでいて、いつかプロの画家になれる日がくるといいなと思っています。

現在の夢は、私のアートを通じて喜び、愛、希望、幸せを沢山の人々に広める事。
いつまでも人々の心に残り続ける作品作りができるよう、今は成長する為に批判も貴重な意見として受け止めたいと思います。

【What is your dream?】
I never was the kind of girl that had a lot of dreams growing up. I was five years old when my father left home and my wonderful mother looked after my two brothers and I, along with my grandmother and aunt. We lived with the basics, as we didn’t have a lot of money, so until I was 18 I didn’t have many dreams or goals.

One day my older brother Osmar talked to me about trying to go to a public university so I could have a profession and from there I started to study in preparatory courses. During this time I met my husband Yanko, who also encouraged me to study and taught me to have goals and dreams. That’s how I got my degree in Library Science and I fell in love with the profession. After that I understood that the sky’s the limit; that everything I want could be possible if I focus and strive for it. My family supported me on the path I chose and here I am.

Since currently I’m not working in my area because I still need to improve my English, I’m focusing on studying drawing to maybe one day become a professional artist.

So my current dream is to reach people in some way through my art, transmitting joy, love, hope, happiness, any feeling whatsoever. It would be fantastic to make art that people would remember, but for now, I’m just happy with constructive criticism so I can keep improving.

 

【ママになったらどんなママになりたいか】
私にはまだ子供がいませんが、どんな関係であれ固い友情がベースにあるべきだと思っています。
大切なのは、力でひれ伏すのではなく、信頼をベースに、全ての事を自由に、そしてきちんと目と目を見て話せる関係。
子供を理解し、時には友達のように、そして時には規律を守る事の大切さも教えられる母親になりたいと思っています。

【What kind of mom would you like to be?】
I don’t have children yet, but I think that any relationship needs a solid friendship base. It’s important to have trust and to speak about everything freely with eye-to-eye conversations without tyranny. I would do my best to be an understanding mother, a friend, but still teaching the importance of discipline in my child’s chores.

 

【目標・活動など】
もしロンドンに来てユニークな雰囲気の博物館をお探しなら、是非Sir John Soane’s Museumにいらしてください。

私の新しい夢、アーティストとして成長する事、そして日本を訪れることが早く叶うといいなと思っています!
私のインスタグラムからこれまで描いた作品や、ロンドン、旅行で訪れた街の写真など投稿しているので、もしよかったら是非遊びにきてください^ ^!

【Free description, your goals and activities】
If you’re ever in London and want to know a completely different museum, with a unique atmosphere, don’t hesitate to visit Sir John Soane’s Museum!

I hope that very soon I can achieve two of my new dreams: improving as an artist and visiting Japan!
If you want to see some of the drawings that I made or pictures of London and other cities that I visited, visit my Instagram.

(I made a drawing inspired by Utagawa Kuniyoshi: Matsui Tamijiro, sword in hand, fighting a giant snake.)

(これは、歌川国芳さんの作品、「水滸伝」にインスパイアされ描いた絵です。)

Erika Pifferさんinstagramページ
https://www.instagram.com/erikapiffer/


コメントや「いいね!」でママ達の応援もよろしくお願いいたします^^

★ママそらFacebookページ

http://www.facebook.com/mamasola1

★ママそら サポーター募集中︕

http://www.facebook.com/groups/mamasola.supporters/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
山崎葉月

山崎葉月

投稿者プロフィール

Everyday Origami 代表。
カナダ留学後に結婚し、現在はドイツ、ハンブルグ在住。
「折り紙で人生を楽しく」をモットーに、ドイツを拠点にワークショップ、デザインワーク、イベント出展を通して、折り紙の魅力を伝える活動を展開。
新しい折り紙のカタチとして、折り紙を使ったバイリンガル教育、折り紙遊び、ラッピングテクニックなど、日常生活でも使える斬新なアイデアを, ワークショップやソーシャルメディアを通して発信している。
2児の母。

Everyday Origami HP http://everyday-origami.com/

この著者の最新の記事

関連記事

私らしい生き方・働き方 LIVLA

LIVLA

minau

Career Design OSAKA

woman-career-design

注目記事

  1. 12688079_963968327016196_6435026725906075980_n

    ママとキッズの意見が詰まった子ども用レトルトカレーが新登場!

    【ママそら PR企画】 ボンカレーから、大人が食べても満足する子ども用レトルトカレーが誕生! …

最近の投稿

  1. 83325440_3464272553613964_5066356942918647808_n

    2020-2-19

    岡崎真子さん<兵庫県>ママそら「今日の輝くママ」No.1187

    「いい意味で「良い加減」を意識すること。」 今日の輝くママは整体師・アロマセラピストと…
  2. 2020-2-18

    徳橋美歩さん<高知県>ママそら「今日の輝くママ」No.1186

    「どうせ無理だから…と、自己完結しないで家族や大切な人たちに話してみる。」 今日の輝くママ…
  3. 85162186_651637315612877_5062230523024244736_n

    2020-2-14

    こども未来館ラジオ【教育が変わる2020年、これからどうなるの?】

    【教育が変わる2020年、これからどうなるの?】 ママそらラジオColorful Styl…

ママそらTwitter

過去の投稿

ページ上部へ戻る