濱田 律子さん<富山県 >ママそら「輝くママ」No.1088


61893095_2514084861937065_1178650407409287168_n

「人として、どう生きているかという事が大事。」

今日の輝くママは、濱田 律子さん。現在は富山県黒部市で就農しお米を育てていますが、自身も認める「波乱万丈」という人生を歩まれています。だからこそ、「ママ」という立場に囚われない自分を大事にした生き方をおすすめしています。そんな強く優しいメッセージをどうぞご覧下さい☆

【名前】濱田 律子(はまだ りつこ)

【お住まい】富山県黒部市

【お子様について】長女11歳(小学5年生)

【職業】米農家

【最近嬉しかったこと】
田植えが終わった事(笑)!
春作業は3月中旬から1日も休みなく2ヵ月続きます。育苗とトラクター作業が50日間続き、田植えはたった10日。田植えという作業にもっていくまでが本当に長くて辛い道のりです。その田植えが終わると、田んぼから野に上がる「野上り」。気の合う仲間と集まって、飲んで食べて音を奏でて。この先は稲刈りまでまだまだ忙しい日々が続きますが、それでもホッとした日常が戻ってきました。そんな何てことない日々が嬉しいです。
62194281_412719516237492_4539184397785497600_n
【輝くママの秘訣】
ママという立場に囚われず、自分のやりたい事やるべき事を全力でやりきる事。人としてどう生きているかという事が大事だと思います。私は全力で仕事をしますが、同時に全力で遊ぶ事にも努力しています。家事や育児は苦手なので少し手を抜いて。それを夫にも子供にも伝えて、理解してもらっています。
61754257_636597886804526_3105931816582774784_n
【住んでいる街の好きなところ】
家のすぐ裏は日本海で、早朝の釣りやカニ探しも楽しいけれど、夕暮れ時にお酒を持って、海に沈みゆく夕陽を眺めながらのんびり過ごす休日が好き。
海と反対側に視線を変えると北アルプスがすぐそこ。圧倒的な迫力のある山々から昇る朝日は絶景です!海の幸も山の幸も楽しめて、食いしん坊にはたまりません。
62048784_383650215585863_9139550896760291328_n
また、黒部は自然豊かな場所で黒部峡谷トロッコと鉄道や、立山黒部アルペンルートなど有名な観光名所もありますが、同時に企業の傘下街でもあり、世界的企業YKKの本社機能(の一部)もここにあります。ファスナーの歴史や仕組みを楽しく学べるセンターパークでは、ファスナーづくりも楽しめます。またYKKがブラジルで開拓したコーヒー農園直送のコーヒーを楽しめるカフェは、コーヒー好きにはたまらないお店です。

【全国のママ&プレママへのメッセージ】
家の中で言葉の通じない相手と24時間いて、ご飯もゆっくり食べられない、トイレも行けない、忍耐力が試されるなかなかハードな一面がある子育て。
ですが、子どもがいる事で世界が大きく広がります!子どもがいるからこそ知り得る世界は、なかなか面白いものですよ。
61709902_1612403662226367_6853665174641967104_n

【目標・活動など】
私はなかなか波乱万丈な面白い人生を生きていると、自分自身で感じています。農業とは無縁の千葉のサラリーマン家庭で育ち、大学卒業後カナダへ。
10年間現地の旅行会社で働いた後に永住権を取得。にもかかわらず、現地で出会った今の主人が脱サラをして新規就農で米農家を目指すと宣言、彼の夢を支える為カナダを離れ、富山県黒部市で就農。今年で就農して15年になります。

手探りだった米作りにも慣れて、子育ても落ち着いてきました。黒部での暮らしも長くなりつつあるので、そろそろ人生の次のステップを考えています。他の生業を考えるか、どこかへ移住するか、などなど、この先の人生を考える(妄想?)と楽しみで仕方ありません。

そこに、自分の娘がどう関わってくるかは未知だし、関わってこなくてもいいとも思っています。私と娘は(夫も)それぞれ個々の人間。自身の自由があって然るべきです。子育ては、その子が自分の力できちんと生きていけるように育てる事、つまり自立させる事だと思っています。小さい頃から自分で考えて、自分で判断して、自分で決めていく。失敗しても、それこそがその子にとって大きな力になっていくと思って、私は子育てしてきました。

11歳になる娘はもうあと数年で、きっと私たちの下から離れていくはずですし、そうあって欲しいと願っています。この先の彼女の人生が楽しく豊かな物でありますように。お互いこの先の人生を大いに楽しもうぜ!

☆濱田ファーム「タンボマスターへの道」
https://www.hamadafarm.com/

ライター:景井愛実(2019.6.28)

コメントや「いいね!」でママ達の応援もよろしくお願いいたします^^
★ママそらFacebookページ
http://www.facebook.com/mamasola1

★ママそらサポーター募集中!
http://www.facebook.com/groups/mamasola.supporters/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
景井愛実

景井愛実ママそら 本部

投稿者プロフィール

二児の母。福島に生まれ育ち、嫁ぎ先も福島。4世代同居。夫両親と農業を営む。『農家=地域に根差した仕事』。地域の女性やママたちと楽しみながら生きていきたい。

【ママそら本部】 
https://www.facebook.com/mamasola/

【Berry's Garden】
https://berrys-garden.com
農業女子 景井愛実プロデュースの福島発アグリブランド。 
「Pocket of “love berry” time:日常のちょっとしたスキマに、愛、実る時間を。」 をテーマに、クオリティや想いを大事にした日常の一息つけるスキマ時間を幸せに感じられるアイテム・イベント・ライフスタイルを提案。農産物・加工品に加え、農産物を様々なシーンで楽しめるアクセサリー、雑貨など、農に関連したアイテムを幅広く展開し、「可愛い楽しい農」を提案。“あなたのスキマに幸せをお届けしたい”という想いを
ブランドを通じて発信している。

この著者の最新の記事

関連記事

私らしい生き方・働き方 LIVLA

LIVLA

minau

Career Design OSAKA

woman-career-design

注目記事

  1. 12688079_963968327016196_6435026725906075980_n

    ママとキッズの意見が詰まった子ども用レトルトカレーが新登場!

    【ママそら PR企画】 ボンカレーから、大人が食べても満足する子ども用レトルトカレーが誕生! …

最近の投稿

  1. 73114992_782252595541127_5993677623786471424_n

    2019-10-18

    こども未来館ラジオ【ワガママな大人をサポートするこれからの生き方】

    こども未来館ラジオ【ワガママな大人をサポートするこれからの生き方】 ママそらラジオColo…
  2. mv

    2019-10-18

    HDC名古屋主催「くらし向上計画」11月開催セミナーのご案内

    HDC名古屋主催「くらし向上計画」11月開催セミナーのご案内 …
  3. 2019-10-18

    石原あきこさん 〈東京都〉「ママそら」今日の輝くママNo.1135

    ママのしたいことをすること! 今日の輝くママは、石原あきこさん。 「子供たちには、ママが…

ママそらTwitter

過去の投稿

ページ上部へ戻る