中藤純子さん <三重県>ママそら「今日の輝くママ」NO.1058


「色んなことに挑戦したり、楽しんだりしています。」

今日の輝くママは中藤純子さん。自分の時間を過ごすことで、体や心を休めて、息子の可愛さや日々の生活の中でも幸せをたくさん感じられるようになりました。という笑顔が印象的な純子さんからのメッセージをお届けします。

【名前】中藤純子

【お住まい】三重県鈴鹿市

【子ども】長男5歳

【職業】
フォトグラファー

【最近嬉しかったこと】
息子が私の仕事ぶりを見に来てくれたこと。イベントで撮影をしているところに、息子が夫と来てくれました。私の仕事を写真を撮ることだと知ってくれて、見に来てくれたことがとても嬉しかったです。普段は甘えてくる事がとても多いのですが、私を応援してくれる気持ちがある事がとても嬉しかったです♪

【輝くママの秘訣】
自分の時間を持つこと。子育てをしていると、どうしても家事や育児を優先する場面が多くなりがちです。私自身、息子が小さい時は自分の時間を持つ余裕が全然なく、息子はとてもとても可愛いのに、可愛いと感じる余裕さえなくなってしまうこともありました。そこで、少しずつ夫に息子を任せて自分の時間を持つようにし、息子と離れて過ごす時間を増やしていきました。

自分の時間を過ごすことで、体や心を休めて、息子の可愛さや日々の生活の中でも幸せをたくさん感じられるようになりました。自分がやりたい事をしている姿も、息子に見せたい背中だとおもっているので、色んなことに挑戦したり楽しんだりしています。

【住んでいる街の好きなところ】
海も近くて山も近いことが、この辺りのとても好きなところです。私は山育ちなので、山があると安心しますし、海には憧れがあるので、両方が近いこの街がとても好きです。おすすめスポットは、鈴鹿市箕田のミダギンザです。可愛いお花屋さんと雑貨屋さん、お弁当やお菓子のお店がぎゅっと詰まった海の側に出来たばかりのスポット。すぐ近くに公園もあるので、この時期からたくさん通いたい場所です。

【全国のママ&プレママへのメッセージ】
子どもが生まれて、不自由だなと思うことも増えましたが、これまでにはなかった楽しい時間を過ごせているのは、息子がいてくれるからだと思っています。うちの子はよく笑わせてくれるので、笑うことがとても増えました。アホな事でゲラゲラ笑えることが、とても幸せです。子育てをしていく中で私が気を付けていることは、「不機嫌注意報を発表しておくこと」です。体調が悪かったり、疲れたり、空腹だったりするときは、その事を伝えて協力を依頼します。「今はお腹が空いてイライラしているので、注意してください」などと伝えて、「母ちゃんのこと、助けてくれるの?助けてくれないの?」と聞くと、「助けてくれるよ」と可愛い返事が返ってくるので、それだけでも癒されてイライラは減ります。

あとは、「時間がない」と言うのが日々のいちばんのイライラの原因になるので、出来るだけ時間にゆとりを持って準備出来るよう、息子にも夫にも朝は助けてもらっています。出来ないことはあきらめて、理想を手放して、”これが我が家”と思ってしまうのも、日々を楽しむ秘訣だと思っています。

【フリー記述。目標・活動】
これからの目標は、もっともっと自分の人生を楽しむこと。息子に教えたいこと、それは人生は色々あるけど楽しいんだよ!大人って楽しいよ!という事です。そのために、自分自身がたくさん楽しい活動をしていきたいと思っています。そしてカメラのファインダーを通して、その人が生きる一瞬の表情を捉え、知らない自分を知ってもらい、自分が知らない自分を知り、自分自身を楽しむお手伝いが出来るフォトグラファーになっていきます。

純子さんのブログ
https://ameblo.jp/fuuna0710
ライター:三重支部 岡田聖子(2019.4.25)

コメントや「いいね!」でママ達の応援もよろしくお願いいたします^^

★ママそらFacebookページ

http://www.facebook.com/mamasola1

★ママそらサポーター募集中!

http://www.facebook.com/groups/mamasola.supporters/

★ママそらみえfacebookページ

http://www.facebook.com/mamasolamie

★ママそらみえサポーター募集中!サポーターだけの情報もお届けします!

http://www.facebook.com/groups/mamasola.mie/

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
岡田 聖子

岡田 聖子ママそらみえ支部代表

投稿者プロフィール

三重県鈴鹿市在住。1児の母。ママそら三重支部代表。NPO法人shining代表理事。ゆめのたね放送局パーソナリティ。介護支援専門員。
古代遺跡が大好きでバックパーカーしていた時にタイの孤児院で知り合ったタイ人の親友がスマトラ沖地震で被災し、音信不通となる。彼女と約束した「子育て支援に情熱を注ぐ」を決意する。
老人保健施設で働く傍ら、忙しいママが子育てをしながら輝けるよう2014年6月NPO法人shiningを同じ志を持った仲間と設立。
2015年、出産後より心のよりどころとしていた、ママそらにかかわってみたいと、ママそら100人プロジェクト5期生として学ぶことを決意。
2016年4月よりママそら三重支部代表となる。三重から全国に、全国から三重にママの繋がりを作っていく。
今後の目標は、ママが安心してくつろげ、地域の人々が気軽に交流できる、第3のおうちを作ることに力を注ぐ。そして、書と三重の伝統文化をコラボした商品を全国に発信すること!

この著者の最新の記事

関連記事

私らしい生き方・働き方 LIVLA

LIVLA

minau

Career Design OSAKA

woman-career-design

注目記事

  1. 12688079_963968327016196_6435026725906075980_n

    ママとキッズの意見が詰まった子ども用レトルトカレーが新登場!

    【ママそら PR企画】 ボンカレーから、大人が食べても満足する子ども用レトルトカレーが誕生! …

最近の投稿

  1. 61916171_881701302190189_106851167052496896_n

    2019-6-19

    ゆきの直子さん<奈良県>ママそら「今日の輝くママ」No.1083

    「本音で生きること。自分のしたいことを意識しながら生きています。」 今日の輝くママは保…
  2. 2019-6-18

    濱田加恵さん<高知県>ママそら「今日の輝くママ」No.1082

    「当たり前の生活ができること、感情を表出できる家族がいることは素晴らしいことです。」 今日…
  3. 2019-6-17

    Hug-me〜はぐくみ〜<高知県>ママそら「子育て応援企画」No.14

    「発達の障害(でこぼこ)があるなしにかかわらず、すべての子供達が生き生きと暮らせる世界を目指して…

ママそらTwitter

過去の投稿

ページ上部へ戻る