西尾菜緒さん<北海道>ママそら「輝くママ」No.1044


53826557_1256165257864126_8600040010097360896_n
「自分を大切にすること」

今日の輝くママは、北海道の西尾菜緒さん。都会から移住をしたことで、子育てのしやすさの違いを感じたという西尾さん。そこから自分を責めるのではなく「自分を大事にする事」も大切にしています。そんな優しく包んでくれるような西尾さんのメッセージをどうぞご覧ください(*^-^*)

【名前】西尾 菜緒(にしお なお)

【住まい】北海道 上富良野町

【お子様】長女9歳(小学三年生)、次女2歳(保育園)

【職業】農業(移住して3年、新規就農。オーガニックでニンニク、人参など)
54401895_2104141486366045_946881499532099584_n
【最近嬉しかったこと】
次女の産後初めて、長女と二人で泊まり掛けで遊びに行ったこと。次女に手がかかる時期で、なかなか長女と二人の時間がとれないのですが、丸々2日間、買い物をしたり観光やライブ、外食を満喫することができました。小学三年生の長女に、すっかり大人のように会話する姿に驚いたり、大人の行く店で服を選んだり。母の知らない間に成長しているんだなぁと、しみじみ嬉しくなりました。
54257313_374479689949146_742787728822763520_n
【輝くママの秘訣】
自分を大切にすること。子供に願うことは、自分を大切にして人生をエンジョイしてほしいし、新しい事にどんどんチャレンジしてほしい。それには、まずはママが人生を楽しむ姿を見せること!自分を犠牲にせず、子供も出来るだけ大人の世界に連れていくチャンスをつくるようにして、お互いに成長出来るようにしています。
54515954_2083255268433139_8068572081056382976_n
【住んでいる街の好きなところ】
山!!私は、富良野岳・芦別岳・大雪山・・・毎日この山たちが見たくて引っ越したくらいです。神様が住んでいるような景色に囲まれて、ストレスも無くなる。また、たくさんの保育園やファミリーサポート、子育てサークルなど子育て環境が充実していて、育児が楽しく仕事もしやすいと感じます。素敵なママも多くて、毎日が発見。楽しいお店もたくさんあって、平和。自然に囲まれていて、子供がのびのびしているところが魅力です!

また、おすすめスポットは、カフェのカネココーヒー、居酒屋のいーまーる、お豆腐屋さんの西村食品、隣町だけどカフェてくり(授乳室がある!)。あと温泉がたくさん!
54267881_786800928347464_6750846943225708544_n
【全国のママ&プレママへのメッセージ】
私は移住をしてみたことで、「子育てのしやすさが環境によってこんなに変わるのか!」と驚きました。長女は都会で育てていたのですが、サポートも多くなく今思うと大変な事も多かったです。上富良野はたくさんのサポートがあり、助けてくれる人がいて本当に安心して子育てしています。もし今、子育てが大変な人がいたら、それは自分や子供のせいではなくて環境のせいかもしれません。だから、自分を責めすぎたり頑張りすぎないで下さいね!必ず助けてくれる人はいるし、助けを求めることは全然恥ずかしいことじゃない!むしろ新しい世界や価値観が広がって、人の繋がりが増える素敵なこと。私は今では、「助けて~!」ということが全く抵抗なくなりました(笑)もし近くに誰もいないような気持ちになったとしても、全国にたくさんのまだ知らないママ仲間がいますよ!絶対に何とかなるし、何とかしてあげたいと思っている人がいます。楽しさも大変さも一緒に分かち合っていきましょう!
54394356_367142930542428_2876322877823516672_n

【目標・活動など】
2016年に、新規就農のために移住しました。長女が6歳で、次女を妊娠しているときでした。移住の準備は5年ほどかけて念入りにしましたが、「子どものことを考えて」移住や転職を止めるように言われたこともたくさんありました。お金のこと、不便さのこと、教育のことなどを理由にです。でも、いざ移住してみると、そこは子育てにはパラダイスでした。元々そこに住んでいた札幌の友人たちの子育ての大変さを聞くと、都会と地方とどちらが良いのかはわからなくなります。私自身は移住して毎日見る景色が変わり、本当にのびのびした気持ちになりました。仕事を自分で作り上げていく充実感は、都会の生活には代えられません。生活のコストがかからないのも田舎のメリットだと思います。親が楽しく仕事をする様子は、必ず子どもに良い影響があると思っています。教育は確かに解決するべきことはあるかもしれません。大学だけでなく、高校や中学から家を出ていく子どもたちがたくさんいます。また、都会に比べると塾などが少ないです。でも、今は遠隔でも出来る教育がたくさんあるし、楽しいアイデアで子どもたちの成長を手伝っていきたいです。
54236905_2277445165910627_4414837213301309440_n
移住者として、「この場所の良さを伝えていきたい!」さらなる移住者を呼びたいと考えています。そして、子育てが大変と感じている人は、ぜひ引っ越してきてほしいくらい(笑)私自身も、多様な人たちが安心して暮らせるようなもっと子供たちが楽しく暮らせるようなまちづくりをしたいと思っています。

都会から移住してからは、まちづくりやボランティアなど地域のことで活動することが増えました。人口が少ないからこそ出来ることだなと思います。一緒に活動するのは、子育てしているママも多いです。みんなそれぞれ個性があり、仕事があり、特技があり、でもキラキラ輝くばかりではなく、子育ての大変さや辛さ悲しさもあります。そんな全部をひっくるめて素敵だなと思うし、皆と一緒に苦楽を分かち合いつつ仕事や活動が出来る地域が本当に素晴らしい場所だと思います。たくさん助けてもらった分を、これから少しずつ恩返しできたらいいなと思っています。
54258263_809959426023999_5756969658137706496_n
☆NISHIO FARM
https://www.nishiofarm-kamifurano.com/

ライター:景井愛実(2019.3.22)

コメントや「いいね!」でママ達の応援もよろしくお願いいたします^^
★ママそらFacebookページ
http://www.facebook.com/mamasola1

★ママそらサポーター募集中!
http://www.facebook.com/groups/mamasola.supporters/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
景井愛実

景井愛実ママそら 本部

投稿者プロフィール

二児の母。福島に生まれ育ち、嫁ぎ先も福島。4世代同居。夫両親と農業を営む。『農家=地域に根差した仕事』。地域の女性やママたちと楽しみながら生きていきたい。

【ママそら本部】 
https://www.facebook.com/mamasola/

【Berry's Garden】
https://berrys-garden.com
農業女子 景井愛実プロデュースの福島発アグリブランド。 
「Pocket of “love berry” time:日常のちょっとしたスキマに、愛、実る時間を。」 をテーマに、クオリティや想いを大事にした日常の一息つけるスキマ時間を幸せに感じられるアイテム・イベント・ライフスタイルを提案。農産物・加工品に加え、農産物を様々なシーンで楽しめるアクセサリー、雑貨など、農に関連したアイテムを幅広く展開し、「可愛い楽しい農」を提案。“あなたのスキマに幸せをお届けしたい”という想いを
ブランドを通じて発信している。

この著者の最新の記事

関連記事

私らしい生き方・働き方 LIVLA

LIVLA

minau

Career Design OSAKA

woman-career-design

注目記事

  1. 12688079_963968327016196_6435026725906075980_n

    ママとキッズの意見が詰まった子ども用レトルトカレーが新登場!

    【ママそら PR企画】 ボンカレーから、大人が食べても満足する子ども用レトルトカレーが誕生! …

最近の投稿

  1. image

    2019-11-21

    横尾柚美さん<佐賀県>ママそら「今日の輝くママ」No.1150

    「やりたいことをどんどんやっていくこと」 今日の輝くママは薬膳教室やセミナーを手がける薬剤…
  2. 70268547_2563551390397626_1587362978515124224_n-2

    2019-11-20

    吉谷修作さん<兵庫県>ママそら「今日の輝くパパ」No.86

    「出来る事について前向きな気持ちで対処する事」 今日の輝くパパは神戸で珈琲店をはじめと…
  3. 2019-11-19

    溝渕真理さん<高知県>ママそら「今日の輝くママ」No.1149

    「起こったハプニングを笑いにすりかえて、面白がれたらいいなと思って過ごしています。」 今日…

ママそらTwitter

過去の投稿

ページ上部へ戻る