杉本裕香さん<愛知県>ママそら「今日の輝くママ」NO.1046


「自分が楽しいと思える時間を過ごすこと。」

今日の輝くママは杉本裕香さん。仕事の時間も、子どもとの時間も、家族の時間も家事をしている時も、どんな時も笑顔で過ごしています。という裕香さんからのメッセージをお届けします。

【名前】 杉本裕香(すぎもとゆか)

【お住まい】愛知県半田市

【子ども】長男13歳、次男11歳、長女8歳

【職業】
「おやこのひろばsmile-baby*」代表
・おひるねアート撮影会
・ベビーサイン教室
・親子イベントなど企画しています。
元保育士としての経験も生かし、ママと赤ちゃんが楽しめる場を作っています。

【最近嬉しかったこと】
・ベビーサインクラスにて2人目ママが再びクラスに来てくれたこと!サインでお話ししてくれる赤ちゃんたちに癒されてます。
・おひるねアート撮影会にて1年間通ってくれたママがカレンダーを作って見せてくれたこと。そのママの嬉しそうな笑顔を見て、おひるねアートやっててよかったなと改めて思いました。
・プライペートでは子どもたちの家事力が上がってきたこと!

【輝くママの秘訣】
自分が楽しいと思える時間を過ごすこと。仕事の時間も、子どもとの時間も、家族の時間も、家事をしている時も、どんな時も笑顔で過ごしています。少しくらい家事の手抜きをしても気にしない。むしろ家族の一員としてみんなで家事をやるので、子供の成長とともに私のやることも減ってきて日に日に助かっています!

【住んでいる街の好きなところ】
知多半島の真ん中にある半田市。”ごんぎつね”で有名な新美南吉の故郷でもあり、のんびりとした街です。”味ぽん”が好きな方は是非ミツカンミュージアムで写真入りマイ味ぽんを作りに来てくださいね。名古屋駅から30分と意外と近いです!

【全国のママ&プレママへのメッセージ】
私が子育てを始めた13年前より今は子育て施設も充実し、いろいろな場所があります。赤ちゃんとずっと一緒にいるとイライラしてしまったり、寝不足になったりと大変なこともある毎日だと思います。でも赤ちゃんが1歳ならママもママ歴1歳!思う通りにできなくったって大丈夫。「今」しかない子育て期間をめいっぱい楽しんでもらいたいです。

【フリー記述。目標・活動】
長男の産休に入るまで保育士として働き、育児中にベビマ、ベビーサインに出会い、ベビマもサインもすっかりとりこになり、初めての育児を楽しみました。赤ちゃんが笑ってくれること。赤ちゃんと心が通じること。それで育児がぐんと楽しくなりました。私の経験を踏まえて、それらをママたちに伝えたいと2007年にベビーマッサージインストラクターとベビーサイン講師、2014年におひるねアート講師の資格をとり、愛知県半田市を中心に知多半島内や名古屋市内でおひるねアート撮影会、ベビーサインクラスなど親子で楽しめる講座を開講しています。企業様からの依頼でハウジングセンターなどで出店したり、ママサークルや児童館への出張講座も承っています。

どの講座を開催する時もママと赤ちゃんで楽しめることを第1に考えています。赤ちゃんとの初めてのお出かけに選んでくださる方、初めての習い事として来てくださる方も多く、ママ同士の交流にもなるような環境作りをしています。
楽しいことも、大変なこともある毎日の育児。でも「今」しかない赤ちゃんとのこの時間を目一杯楽しんで毎日を過ごしていただけるよう、育児を頑張るママを応援しています。「出会った全てのママに育児の楽しさを伝える」を目標に、これからも楽しんで活動していきたいと思います!
杉本さんのブログ
https://ameblo.jp/smilebaby2011/
ライター:三重支部 岡田聖子(2019.3.28)

コメントや「いいね!」でママ達の応援もよろしくお願いいたします^^

★ママそらFacebookページ

http://www.facebook.com/mamasola1

★ママそらサポーター募集中!

http://www.facebook.com/groups/mamasola.supporters/

★ママそらみえfacebookページ

http://www.facebook.com/mamasolamie

★ママそらみえサポーター募集中!サポーターだけの情報もお届けします!

http://www.facebook.com/groups/mamasola.mie/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
岡田 聖子

岡田 聖子ママそらみえ支部代表

投稿者プロフィール

三重県鈴鹿市在住。1児の母。ママそら三重支部代表。NPO法人shining代表理事。ゆめのたね放送局パーソナリティ。介護支援専門員。
古代遺跡が大好きでバックパーカーしていた時にタイの孤児院で知り合ったタイ人の親友がスマトラ沖地震で被災し、音信不通となる。彼女と約束した「子育て支援に情熱を注ぐ」を決意する。
老人保健施設で働く傍ら、忙しいママが子育てをしながら輝けるよう2014年6月NPO法人shiningを同じ志を持った仲間と設立。
2015年、出産後より心のよりどころとしていた、ママそらにかかわってみたいと、ママそら100人プロジェクト5期生として学ぶことを決意。
2016年4月よりママそら三重支部代表となる。三重から全国に、全国から三重にママの繋がりを作っていく。
今後の目標は、ママが安心してくつろげ、地域の人々が気軽に交流できる、第3のおうちを作ることに力を注ぐ。そして、書と三重の伝統文化をコラボした商品を全国に発信すること!

この著者の最新の記事

関連記事

私らしい生き方・働き方 LIVLA

LIVLA

minau

Career Design OSAKA

woman-career-design

注目記事

  1. 12688079_963968327016196_6435026725906075980_n

    ママとキッズの意見が詰まった子ども用レトルトカレーが新登場!

    【ママそら PR企画】 ボンカレーから、大人が食べても満足する子ども用レトルトカレーが誕生! …

最近の投稿

  1. 61916171_881701302190189_106851167052496896_n

    2019-6-19

    ゆきの直子さん<奈良県>ママそら「今日の輝くママ」No.1083

    「本音で生きること。自分のしたいことを意識しながら生きています。」 今日の輝くママは保…
  2. 2019-6-18

    濱田加恵さん<高知県>ママそら「今日の輝くママ」No.1082

    「当たり前の生活ができること、感情を表出できる家族がいることは素晴らしいことです。」 今日…
  3. 2019-6-17

    Hug-me〜はぐくみ〜<高知県>ママそら「子育て応援企画」No.14

    「発達の障害(でこぼこ)があるなしにかかわらず、すべての子供達が生き生きと暮らせる世界を目指して…

ママそらTwitter

過去の投稿

ページ上部へ戻る