粕谷佳美さん <愛知県> ママそら 「今日の輝くママ」NO.1032


「ご機嫌さんで過ごす事、そして感情を整え、自分の機嫌は自分でとる。」

今日の輝くママは粕谷佳美さん。ママがご機嫌さんなら家庭円満。そのためにも、自分を知り受け入れる事が不可欠ということですね。そして、家族の団欒の場所であるお家もキレイにして、心地良い空間にするよう心掛けています。佳美さんからのメッセージをお届けします。

【名前】 粕谷佳美(かすや よしみ)

【お住まい】愛知県名古屋市

【子ども】長男中学3年生 次男中学1年生

【職業】
個性心理學認定講師・カウンセラー

【最近嬉しかったこと】
伝え方に悩んでいた講師仲間から「粕谷先生のように感動をそのまま言葉にすれば良いのですね! その事に感動しました。」とメッセージをいただいた事です。

【輝くママの秘訣】
ご機嫌さんで過ごす事、そして感情を整え、自分の機嫌は自分でとる。ママがご機嫌さんなら家庭円満。そのためにも、自分を知り受け入れる事が不可欠ということですね。そして、家族の団欒の場所であるお家もキレイにして、心地良い空間にするよう心掛けています。

【住んでいる街の好きなところ】
適度に都会で、適度に田舎で名古屋の中心地に自転車で30分ほどのところです。岐阜方面、三重方面、東京方面にも高速入り口が近くて便利。とにかく利便性が良いところが気に入っています。

【全国のママ&プレママへのメッセージ】
人の悩みのほとんどが人間関係。まずは自分自身との関係。そして家族、親子の関係。「個性は遺伝しません!」親子だからといって、持っている資質が似ているとは限りません。子どもは親とは別人格なので思い通りにはいきません。では、どうすれば良いのでしょう。それはズバリ! ”あきらめる”事です。あきらめるとは夢や目標を諦める意味ではなく、明らかに認める意味の明らめるです。自分と他人は違うという事、他人は思い通りにはならないという事を明らかに認める。そうする事で大半の悩みは解決するでしょう。人は1人では生きていけません。家族はもちろんですが、死ぬまで必ず誰かと関わって生きていきます。

【フリー記述。目標・活動】
「ありのままの自分で生きよう!」のありのままって?自分の事って、なかなかわからないものです。そのありのままを理論的に解説できるのが世界で初めて人間を動物キャラクターで分類した個性心理學®︎です。私自身も過去の失敗体験、成功体験がすべて説明付き、今後どのように生きていったら良いのかがわかった時の感動を鮮明に覚えています。そして、個性心理學®︎は動物キャラクターで表現されるイメージ心理学のため、とてもわかりやすく、コミュニケーションツールとして活用できます。

講師活動6年目に入り、今までのPTA講座やママ向け講座に加えて、企業の人材育成や営業向け講座、スタッフ同士のコミュニケーション等、ビジネスに活かせる内容をお伝えする場を増やしたいです。人生には喜び楽しみがあり、またその倍、人間関係の悩みも付き物です。その悩みを面白おかしく解決できるのが個性心理學®︎。個性心理學®︎を活用して、1人でも多くの方が生きやすくなるお手伝いを今後ともしていきたいと思います。

粕谷さんblog
https://ameblo.jp/kyaranavi55
ライター:三重支部 岡田聖子(2019.2.28)


コメントや「いいね!」でママ達の応援もよろしくお願いいたします^^

★ママそらFacebookページ

http://www.facebook.com/mamasola1

★ママそらサポーター募集中!

http://www.facebook.com/groups/mamasola.supporters/

★ママそらみえfacebookページ

http://www.facebook.com/mamasolamie

★ママそらみえサポーター募集中!サポーターだけの情報もお届けします!

http://www.facebook.com/groups/mamasola.mie/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
岡田 聖子

岡田 聖子ママそらみえ支部代表

投稿者プロフィール

三重県鈴鹿市在住。1児の母。ママそら三重支部代表。NPO法人shining代表理事。ゆめのたね放送局パーソナリティ。介護支援専門員。
古代遺跡が大好きでバックパーカーしていた時にタイの孤児院で知り合ったタイ人の親友がスマトラ沖地震で被災し、音信不通となる。彼女と約束した「子育て支援に情熱を注ぐ」を決意する。
老人保健施設で働く傍ら、忙しいママが子育てをしながら輝けるよう2014年6月NPO法人shiningを同じ志を持った仲間と設立。
2015年、出産後より心のよりどころとしていた、ママそらにかかわってみたいと、ママそら100人プロジェクト5期生として学ぶことを決意。
2016年4月よりママそら三重支部代表となる。三重から全国に、全国から三重にママの繋がりを作っていく。
今後の目標は、ママが安心してくつろげ、地域の人々が気軽に交流できる、第3のおうちを作ることに力を注ぐ。そして、書と三重の伝統文化をコラボした商品を全国に発信すること!

この著者の最新の記事

関連記事

私らしい生き方・働き方 LIVLA

LIVLA

minau

Career Design OSAKA

woman-career-design

注目記事

  1. 12688079_963968327016196_6435026725906075980_n

    ママとキッズの意見が詰まった子ども用レトルトカレーが新登場!

    【ママそら PR企画】 ボンカレーから、大人が食べても満足する子ども用レトルトカレーが誕生! …

最近の投稿

  1. 66319031_2247688282013416_7595411193506824192_n-630x419

    2019-7-18

    草場知香子さん<福岡県>ママそら「今日の輝くママ」No.1094

    「日々の暮らしの中で小さなhappyをたくさん作る事」 今日の輝くママは草場知香子さん。 い…
  2. collage_photocat

    2019-7-17

    長島武徳さん<兵庫県>ママそら「今日の輝くパパ」No.85

    「こどもに直接関わること、ママが心健やかに子育てを行う環境作りをすること」 今日の輝く…
  3. 2019-7-15

    山崎生希さん<高知県>ママそら「今日の輝くママ」No.1093

    「お母さんが常にご機嫌で笑顔でいることが、子どものため家族のために何より大切なことだと思う」…

ママそらTwitter

過去の投稿

ページ上部へ戻る