西岡亜佑美さん<高知県>ママそら「今日の輝くママ」No.995



「なんかお母さん楽しそう!と思ってもらえるような母の背中を子どもに見てもらおう!」
今日の輝くママは、西岡亜佑美さん。

個性や思いを形にしたり一緒に楽しむことを軸として、様々な活動をされています。活動を通して、子どもたちに伝えたいメッセージとは。西岡さんからの暖かいメッセージをぜひご覧ください。

【名前】西岡 亜佑美(にしおか あゆみ)

【お住まい】高知県高知市

【お子様について】小学校5年生男の子。小学校3年生女の子。

【職業】
パート保育士、ハンドメイド作家、いっぽいっぽスタッフなど、色々していますがそれぞれの個性や思いを形にしたり、一緒に楽しむことを1つの軸として活動しています。

【最近嬉しかったこと】
成長した子どもたちとお笑い番組やドラマを一緒に見るようになって、その時に旦那さんと、「こういう番組を子どもと一緒に観れるようになるなんて、子どもたちも成長したよね〜」と夫婦でほっこりと話をしたことです。

【輝くママの秘訣】
・大好きなハンドメイドでそれぞれの個性や届けたい思いを形にしていく。
・毎日の与えられた時間や出逢いに感謝をする。
・今、このときを子どもたちと一緒に楽しむ。

【住んでいる街の好きなところ】
いま現在は高知市に住んでいますが、生まれ育ったのは、室戸市。自然が豊かで、子どもたちとよく行き、よく遊びます。秋には室戸市各地で行われる神祭は、子どもの頃から大好きで、今でも観に行きます。ぜひ沢山の方に足を運んで実際に見ていただきたいです。

【全国のママ&プレママへのメッセージ】
パートタイムで保育士としてお仕事をさせていただくときの上で、常に心に留めていることは「どの子も一人ひとりが宝物」だということです。

私自身が長男を出産したとき、母となった瞬間に抱いた、「とても大切な宝物」「生まれてきてくれてありがとう!」という思い。でも私自身が子育ても初めてでしたし、近くには両親もいなくて、ほぼ核家族。近くに頼れるのは旦那さんが主で、日々目まぐるしく追われる中で、私自身の余裕がない時もありました。

はじめての子どもの長男は成長がゆっくりだったこともあり、不安でたまらないとき、私自身が笑顔の時が少ない時もありました。そのときに旦那さんが、「これからもきっと色んなことがある、事故も怪我も病気もトラブルもあるかもしれん。成長によって心配も変わるやろう。それより今のこの子の成長を楽しんだらいいがよ!」という言葉をくれました。

そのときに、「あぁ、本当にそうだなぁ。」と、思うと同時に、大切であるがゆえに将来のことを考えて、悲観までしていた自分に気がつきました。

「今」「このとき」の積み重ねが将来にも過去にもなるのだから、今、このときを一緒に楽しもう!ほかの子どもさんと比べることよりも、この子自身の成長を応援しよう。なんかお母さん楽しそう!と思ってもらえるような母の背中を子どもに見てもらおう!とその時から思うようになりました。

私自身が子どもの頃から好きだった手作りも、子どもたちの好きなキャラクターのコスプレ衣装であったり、キャラクター弁当であったり。アイシングクッキーであったりと、特技の手作りとして役にたちました。

「うわぁー!すごい!ありがとう!」の笑顔がとびきりに嬉しくて、その顔を思い浮かべて手作りする時間が楽しくて。それが今のニジユメというハンドメイド作家としての活動にも繋がりました。
ニジユメとしての活動は自宅でハンドメイドをしていることを子どもたちも知ってくれていて、最近では「お母さん楽しそうやから。ニジユメも、保育士の仕事も好きながやね!」と話をしてくれて「なんだか楽しそう。。」な母の背中を見せれているのかな?と、嬉しく感じたことでした。

いまでは長男、長女ともすくすくと成長し、私をおんぶできるほどに体も大きくなり、今ではとても抱っこできません。笑
心も大きく成長し、手も恥ずかしがって繋いでくれなくなりました。笑
成長は嬉しくもあり、もう戻らない時間を思うと淋しくもあります。

最近は小さな子どもさんを保育士の仕事で抱っこさせていただいたり、手を繋いだりしていると、「そういえば長男、長女とも今ではとても抱っこも手つなぎも出来ないなぁ」と思うことです。

ちいさなころは、あんなにも永遠とも思えるほどの抱っこや手を繋ぐということ。でもどんな日にも、瞬間にも終わりが訪れるからこそ、それを知っているからこそ。「今、このとき」をこれからも大切にしていきたいなと思っています。その何より「大切な宝物」の子どもさんとの時間を一緒に楽しんでほしいです。

【目標・活動など】
私の活動は、それぞれ個性や思いをハンドメイドで形にしたり、一緒に楽しむことを1つの軸として、3つの柱があります。

●パートタイム保育士
午前中は保育士として子どもさんと関わらせていただいています。我が家の子どもたちは、毎日、「お母さん、今日はどんなことして子どもたちと楽しんだ?」「今日もよく遊んできたやろ?」と聞いてきてくれます!
保育する上で大切にしていることは、分かりやすく子どもさんたちにお伝えする。全力で子どもさんたちの楽しい時間におじゃまさせてもらうということです!

●ニジユメ〜Nijiyume〜
午後からは自宅サロンにて見える、分かる、楽しい手作りをコンセプトに、ワークショップや出張レッスンなどを行なっております。(アイシングクッキーや工作など)
そのほかにも、カラフルとファンタジーを詰め込んだ、手にした瞬間にほっこりとする手作り雑貨も作成し、イベントなどにも出店させていただいております。
オーダーメイドにて作成もさせていただいております。

●いっぽいっぽ〜つながり企画〜スタッフ
子育てや、保育に携わることで、私は子どもさんたちから沢山のことを学ばせていただいてます。それぞれに個性のある子どもさんたちと関わる中で、視覚支援について、今も学んでいます。

情報の理解をするのに視覚は87%という高い情報量があります。そのくらい「見る」ということはとてもわかりやすいということになります。走っている子どもさんに「走ったらダメ」と怒鳴るより、「歩くといいよ」と見える形でお知らせすると伝わりやすいことがあります。この「わかりやすく伝える」ということは、自分が相手に何を伝えたいのか、どう伝えたら相手に伝わりやすいのかを考える機会になります。それは日々の積み重ねが必要なので、今現在でも月に一度、尊敬する先輩方と一緒に、いっぽいっぽ〜つながり企画〜というコミュニティで視覚支援を学び合う会を企画させていただいております。

3つの柱があるからこそ、今の私があります。

大好きなハンドメイドでそれぞれの個性や届けたい思いを形にしていくこと、見える、分かる、楽しい時間を実現するためにこれからも日々学びながらの私の活動が、将来を担う子どもさんたちや、親御さんたちのほっこり笑顔の時間に、微力ながらも携われたら光栄です。
「なんだか お母さんって、大人って楽しそう。。」そう思ってもらえる背中を見せられるよう、毎日の与えられた時間や出逢いに感謝をして。これからも日々精進、邁進していくつもりでいます。

https://ameblo.jp/nijiyume67

ライター:高知支部 玉井史織(2018.12.4)


コメントや「いいね!」でママ達の応援よろしくお願いします☆

★ママそらFacebookページ
http://www.facebook.com/mamasola1

★ママそらサポーター募集中!
http://www.facebook.com/groups/mamasola.supporters/

★ママそら☆こうち
https://www.facebook.com/mamasola.kochi/

★ママそらこうちグループページ(サポーター募集中!)
https://www.facebook.com/groups/mamasola.kochi/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この著者の最新の記事

関連記事

minau

Career Design OSAKA

woman-career-design

注目記事

  1. 12688079_963968327016196_6435026725906075980_n

    ママとキッズの意見が詰まった子ども用レトルトカレーが新登場!

    【ママそら PR企画】 ボンカレーから、大人が食べても満足する子ども用レトルトカレーが誕生! …

最近の投稿

  1. yyg1806080900_001_jpg

    2018-12-7

    坂東 正朗さん <東京都>ママそら 「今日の輝くパパ」No.75

    「小さなことでも、息子の成長をしっかり感じとる。そして負けないように、自分も成長できるように頑張…
  2. 2018-12-6

    HDC大阪主催「くらし向上計画」12月開催セミナーのご案内

    HDC大阪主催「くらし向上計画」12月開催セミナーのご案内 HDC大阪主催「くらし向上計画…
  3. 44326118_1483656535111096_4442145401348292608_n

    2018-12-6

    山岡摩由さん<福岡県>ママそら「今日の輝くママ」No.997

    「ママになっても好きな事を諦めない! 」 今日の輝くママは山岡摩由さん。 産後鬱を家族と乗り…

ママそらTwitter

過去の投稿

ページ上部へ戻る