東由紀江さん <三重県> ママそら「今日の輝くママ」NO.991


「大好きなこと、ものを探すこと。家族に理解してもらうこと。」

今日の輝くママは東由紀江さん。変化ってとてもエネルギーがいる。でも、大好きなこと、続けたいことであれば、なんとかしようと動けるものですという由紀江さんからのメッセージをお届けします。

【名前】東 由紀江(ひがしゆきえ)

【お住まい】三重県津市

【子ども】長女中学2年生 次女小学4年生

【職業】
フィットネスインストラクター

【最近嬉しかったこと】
市のバレトン講座の生徒さんから「バレトン大好き、バレトンに出会えて良かった。毎回すごく楽しい。ここでバレトン講座してくれてありがとう」って言っていただけたこと。きちんと伝えたくなるくらいバレトンを好きになってくれてるんだな、と本当に嬉しくなりました。私自身、バレトンに出会えて身体が変わりました。ひどい肩こりや腰痛、冷え性から解放されて毎日が楽になりました。この喜びを伝えたいと思いインストラクターになったので、伝わっていることに感動しました。ザ・スロー リンパドレナージュでも、身体が楽になった、スッキリしたと言っていただけるたび、自分の活動で、誰かが楽になったり、気持ちよくなったり、健康になっていくのを本当に嬉しく思います。

【輝くママの秘訣】
大好きなこと、ものを探すこと。家族に理解してもらうこと。私は子育てとパートする中でバレトンに出会い、インストラクターになる!と決めてから生活が変わりました。変化ってとてもエネルギーがいる。でも、大好きなこと、続けたいことであれば、なんとかしようと動けるものです。家族、特に子供たちとはたくさん話しました。お母さんが今やりたいこと、やろうとしてること、どういう人がいて、どういう人になりたいか。自分の考えを整理する時間であったようにも思います。まだ小さくて理解できない、とかは考えず、一個人として子供たちに話す。難しいことはわからなくても、子供は感じ取ってくれます。なんだかお母さんが楽しそうにしている、って感じてもらえればOKじゃないかな。母親にとって子供がわかってくれて応援してくれるって何より元気になれますよね?家族の協力を得るのは難しくても、理解してもらうことが大事だと思います。仕事で大変でも家事は全部こなす覚悟をしておくこと。それは起業でもパートでも正社員でも同じ。覚悟しておけば、大変でも笑顔でいられると思います。たまに手伝ってもらえた時の喜びが格別になりますよ。

娘たちに、日々「お母さんはあなたたちが一番大切で、大好き。どんなに怒っても、ひどいこと言っても、根っこの部分ではあなたたちの味方」というようなことを伝えるようにしています。悩んでいた娘に「まあ、何があってもお母さんが味方してあげるから、大丈夫」って言ったところ、「それって最強やな」って言ったのが、なんだか嬉しかったです。親にべったりと頼るのではなく、心の拠り所というか、安心できる存在としてあれることが大事なのではないかな、と思っています。

【住んでいる街の好きなところ】
海も山もあって、気候も穏やかで住みやすいところです。だから食べ物に恵まれている。それもあって、人も穏やかです。
これらが、三重の特色で大好きなところです。

【全国のママ&プレママへのメッセージ】
子育てって絶対つらいときがある。ツワリがひどくて血を吐くほどだったし、2,3歳の頃は軽くノイローゼを経験しました。つらいときはつらいって言えば良いと思います。私が頑張らないとって気負わない。一見、無責任に思えるかもしれないけど、自分が心身共に元気でいること。そして『今』と『少し先』を見ること。ちょっとネガティブかな?でもネガティブな気持ちも許してあげて下さい。気持ちが沈んだ時は、身体を動かすのがオススメ。軽く汗をかく。そうすると汗と一緒にモヤモヤが流れ出ていく感じ。育児でモヤモヤしていた時、私はエクササイズの気持ちよさを知り、気持ちが楽になりました。子育てしてたからこそ、今の仕事を始めることができました。ネガティブもポジティブも全部自分。一息ついて、子供をギューッとして、そこらら繋がっていくものがあると思いますよ。

【フリー記述。目標・活動】
公民館など公共の講座、子連れOKのレッスンをしています。(一部、大人のみの講座もあります)小さな子供と一緒でエクササイズを諦めていたママたちにも気軽に楽しんでいただけたら嬉しいな、と思っています。


しっかり鍛えたい人、身体を絞りたい人はバレトン。運動が苦手、汗かきたくない、ゆったりストレッチで身体を整えたい人はザ・スロー リンパドレナージュがオススメ。もちろんどちらも老若男女、すべての人にしてもらいたいエクササイズです。子供の事に集中してしまう毎日の中で、エクササイズをする時間は自分の身体に目を向ける時間にしてほしい。家族のため、じゃなく自分の為の時間。それってすごく贅沢な時間です。バレトンやザ・スローで沢山の方にスッキリとリフレッシュして、毎日元気に楽しく過ごせる身体を作って欲しいです。

びらいふBalletoneブログ
http://ameblo.jp/yukiewd0614
ライター:三重支部 岡田聖子(2018.11.22)


コメントや「いいね!」でママ達の応援もよろしくお願いいたします^^

★ママそらFacebookページ

http://www.facebook.com/mamasola1

★ママそらサポーター募集中!

http://www.facebook.com/groups/mamasola.supporters/

★ママそらみえfacebookページ

http://www.facebook.com/mamasolamie

★ママそらみえサポーター募集中!サポーターだけの情報もお届けします!

http://www.facebook.com/groups/mamasola.mie/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
岡田 聖子

岡田 聖子ママそらみえ支部代表

投稿者プロフィール

三重県鈴鹿市在住。1児の母。ママそら三重支部代表。NPO法人shining代表理事。ゆめのたね放送局パーソナリティ。介護支援専門員。
古代遺跡が大好きでバックパーカーしていた時にタイの孤児院で知り合ったタイ人の親友がスマトラ沖地震で被災し、音信不通となる。彼女と約束した「子育て支援に情熱を注ぐ」を決意する。
老人保健施設で働く傍ら、忙しいママが子育てをしながら輝けるよう2014年6月NPO法人shiningを同じ志を持った仲間と設立。
2015年、出産後より心のよりどころとしていた、ママそらにかかわってみたいと、ママそら100人プロジェクト5期生として学ぶことを決意。
2016年4月よりママそら三重支部代表となる。三重から全国に、全国から三重にママの繋がりを作っていく。
今後の目標は、ママが安心してくつろげ、地域の人々が気軽に交流できる、第3のおうちを作ることに力を注ぐ。そして、書と三重の伝統文化をコラボした商品を全国に発信すること!

この著者の最新の記事

関連記事

私らしい生き方・働き方 LIVLA

LIVLA

minau

Career Design OSAKA

woman-career-design

注目記事

  1. 12688079_963968327016196_6435026725906075980_n

    ママとキッズの意見が詰まった子ども用レトルトカレーが新登場!

    【ママそら PR企画】 ボンカレーから、大人が食べても満足する子ども用レトルトカレーが誕生! …

最近の投稿

  1. 61916171_881701302190189_106851167052496896_n

    2019-6-19

    ゆきの直子さん<奈良県>ママそら「今日の輝くママ」No.1083

    「本音で生きること。自分のしたいことを意識しながら生きています。」 今日の輝くママは保…
  2. 2019-6-18

    濱田加恵さん<高知県>ママそら「今日の輝くママ」No.1082

    「当たり前の生活ができること、感情を表出できる家族がいることは素晴らしいことです。」 今日…
  3. 2019-6-17

    Hug-me〜はぐくみ〜<高知県>ママそら「子育て応援企画」No.14

    「発達の障害(でこぼこ)があるなしにかかわらず、すべての子供達が生き生きと暮らせる世界を目指して…

ママそらTwitter

過去の投稿

ページ上部へ戻る