益川怜紗さん ママそら「今日の輝くママ」NO.971



「周りの目や、世の中の風潮に振り回されなくなったらとても楽になりました」

今日の輝くママは益川怜紗さん。まずは自分がやりたいことをやる。その上で、家族や周囲の人と楽しむということを大切にしています。怜紗さんからのメッセージをお届けします。

【名前】益川 怜紗(ますかわ れいさ)

【お住まい】三重県津市

【子ども】5歳男の子(年長)、3歳女の子(年少)

【職業】
専業主婦

【最近嬉しかったこと】
息子が夕飯のおかずを1品作ってくれたこと。卵焼きやオムライスを作ってくれます。私は料理が苦手なのでとても助かっています。娘がやりたいことを一生懸命やること。めいろ、ぬりえなど書くことが好きで、集中して一時間くらい取り組むこともあり、集中力にびっくりします。

【輝くママの秘訣】
周りの目や、世の中の風潮に振り回されなくなったらとても楽になりました。まずは自分がやりたいことをやる。その上で、家族や周囲の人と楽しむということを大切にしています。

【住んでいる街の好きなところ】
三重に来て3年が過ぎました。お買い物スポットが多く便利ですね。自然も多く、都会にも出やすく気に入っています。好きな公園は津市のグリーンパーク。広々していて気持ちがいいです。夫の転勤で3ヶ所渡り歩き津市で定住することになりました。ここが第2の故郷になるよういいところをたくさん見つけていきたいです。

【全国のママ&プレママへのメッセージ】
子育てがしにくいとか、少子化とか、子育てしていてしんどくなるような時代だと感じます。既婚未婚、子どもがいるいない、性別、年齢に関わらず、その人個人の生き方を尊重するような世の中にしていきたいと思っています。ママであることがハンデになる瞬間もあるけど、ママであることで広がる世界があるということも実感する日々です。ママだからではなく、自分個人としてどう周りと調和して生きていくかが大切だと考えています。

忙しい子育て中でも、独身の頃好きだったことや、今だからこそやれることを楽しむ時間がママにも必要です。好きなおやつを食べる、好きな曲を聞く、お肌のシートパックをしてみる。時には、子どもの世界に一緒に浸ってみる。私は息子の影響で電車に詳しくなりました。気力もない程へとへとなときは、お総菜を買って、家事を放棄してさっさと寝ていました。時には休むことも大切ですね。

【活動・今後の目標】
津市にきてから、子育て中のパパ・ママで活動するファミリーブラスバンドおもちゃの音楽隊を立ち上げました。子どもがいたり、仕事があったり、引っ越して演奏するコミニュティがなかったり。大人になってから演奏活動を続けるってなかなかハードルが高いです。そんなパパ・ママたちが昼間に子連れで集まって合奏を楽しんでいます。2016年4月に3名で結成して、現在は30名を超える人数で活動しています。今年の7月には初の定期演奏会を開催しました。もちろん、0歳から入場も可能ですし、演奏者も子連れです。300人ほどの親子連れなどにお越しいただき大変喜んでいただけました。演奏する曲は、ディズニーやアンパンマン、ドラえもんなど大人も子どもも楽しめる曲ばかり!一緒に歌ったり踊ったりするコーナーもあります。

他にも、子育て支援センターや老人ホームから演奏依頼を受け、演奏活動をしています。来年7月に第二回定期演奏会を開催する予定です。この活動が音楽好きのパパ・ママの楽しみになって頂けたら嬉しいです。

おもちゃの音楽隊blog
http://toymusicband.seesaa.net

ライター:三重支部 岡田聖子(2018.10.11)


コメントや「いいね!」でママ達の応援もよろしくお願いいたします^^

★ママそらFacebookページ

http://www.facebook.com/mamasola1

★ママそらサポーター募集中!

http://www.facebook.com/groups/mamasola.supporters/

★ママそらみえfacebookページ

http://www.facebook.com/mamasolamie

★ママそらみえサポーター募集中!サポーターだけの情報もお届けします!

http://www.facebook.com/groups/mamasola.mie/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
岡田 聖子

岡田 聖子ママそらみえ支部代表

投稿者プロフィール

三重県鈴鹿市在住。1児の母。ママそら三重支部代表。NPO法人shining代表理事。ゆめのたね放送局パーソナリティ。介護支援専門員。
古代遺跡が大好きでバックパーカーしていた時にタイの孤児院で知り合ったタイ人の親友がスマトラ沖地震で被災し、音信不通となる。彼女と約束した「子育て支援に情熱を注ぐ」を決意する。
老人保健施設で働く傍ら、忙しいママが子育てをしながら輝けるよう2014年6月NPO法人shiningを同じ志を持った仲間と設立。
2015年、出産後より心のよりどころとしていた、ママそらにかかわってみたいと、ママそら100人プロジェクト5期生として学ぶことを決意。
2016年4月よりママそら三重支部代表となる。三重から全国に、全国から三重にママの繋がりを作っていく。
今後の目標は、ママが安心してくつろげ、地域の人々が気軽に交流できる、第3のおうちを作ることに力を注ぐ。そして、書と三重の伝統文化をコラボした商品を全国に発信すること!

この著者の最新の記事

関連記事

minau

Career Design OSAKA

woman-career-design

注目記事

  1. 12688079_963968327016196_6435026725906075980_n

    ママとキッズの意見が詰まった子ども用レトルトカレーが新登場!

    【ママそら PR企画】 ボンカレーから、大人が食べても満足する子ども用レトルトカレーが誕生! …

最近の投稿

  1. 2018-10-17

    有本晃子さん ママそら「今日の輝くママ」No.974

    「何事も案ずるより産むがやすし。」 今日の輝くママは「まちのちゃぶ台」というユニークな取り…
  2. 2018-10-16

    式地幸子さん ママそら「今日の輝くママ」No.973

    「是非自分を認めてあげて欲しいなと思います!」 今日の輝くママは、式地幸子さん。 周りと…
  3. ECC7010C-F51E-4D2C-A618-D28A0EDE618E

    2018-10-12

    ラジオ「外見的・内面的の美・輝く女性の秘訣とは?」

    ママそらラジオColorful Style Labは毎週土曜日10時~11時、多様な人が活躍できる社…

ママそらTwitter

過去の投稿

ページ上部へ戻る