秋山みほさん ママそら 「今日の輝くママ」No.963


「悩まない、怒らない、心配しない、ストレスフリーな生活を送る」

今日の輝くママは、カナダトロントにお住いの秋山みほさん。カナダ最大の都市で留学エージェントを経営され、若い留学生達のママのような存在として温かいサポートをされていらっしゃる秋山さん。素敵なメッセージを是非ご覧ください。

【名前】秋山みほ(あきやまみほ)

【お住まい】トロント、カナダ

【子ども】長男(18歳)

【職業】
留学エージェント経営

【最近嬉しかったこと】
・息子の高校卒業と大学合格
・アートスクールの高校で映像学科に4年間いる息子が映画祭で賞を受賞したこと
・帰国した留学生がトロントに戻ってきて会いに来てくれたこと
・(最近ではなく常にですが)スタッフや留学生からもらう手書きのバースデーやサンキューカード

【輝くママの秘訣】
・ポジティブな人と付き合う
・とにかく笑う
・仕事とプライベートの両方の時間を大事にする
・主人と息子とは何でも話して相談できる関係にしてる
・悩まない、怒らない、心配しない、ストレスフリーな生活を送る
・自分の意見をしっかり持つ
・周りの目を気にしない

【住んでいる街の好きな所】
文化や宗教だけではなく、肌の色や性的指向などに問わずお互いを尊重し合う都市トロント。多文化なのでいろいろな食が楽しめます。大都市と言われてますが、路面電車やバスで降りる時に紐を引っ張るといった昭和的な部分もあります。

路面電車のドライバーはお客さんを乗せたまま一時停止しスタバにコーヒーを買いに行くこともあります。お客さんも文句を言わずドライバーが戻るまで待ちます。そんなのんびりした雰囲気の街で住みやすいです。

住んでいるとこは目の前がオンタリオ湖です。屋上からはダウンタウンと湖の景色が見えます。夏はその景色を見ながらBBQをするのが我が家の楽しみです。近所へお散歩やオフィスから帰宅の時に湖沿いを歩くと気持ちがいいです。

【全国のママ&プレママへのメッセージ】
今年息子が18歳になり、この機会に我が家の教育について振り返るチャンスが持てました。そこで私たち夫婦が18年間心がけていたことをシェアします。

・失敗だけを指摘するのではなく、できたことは些細なことでも褒める
・叱るときはしっかり叱る、それも愛情
・子供と話す時は膝をついて子供と同じ目線で話す
・時にはNoと言いたいが、Yesと言ってやらせてみる
・親から子供にもSorryとThank youはきちんと言う
・どんなことでも話して信頼関係を築く、それをすることで友達のような親子関係になる

また、私たち夫婦は食べることが好きです。息子が小さい時に私たちの周りでは、子供がいるからファミリー向けのレストランに行くという家族が多かったです。私たちは子供が行かないようなレストランにも自分たちが行くところに一緒に連れて行き、そこできちんと座って食事を楽しむということを教えました。大変な時もありましたが、小さい時からレストランマナーができていました。

子供が小さいからここに行けない、ではなく子供と一緒に行くことで親も子供も学ぶことはたくさんあると思います。

【目標・活動など】
*仕事全般
この仕事をする前は写真やデザインの仕事をしていました。留学エージェントの仕事は全く違う業界で、チャレンジなこともありますが毎日が充実してます。そんな毎日が送れるのも最高なスタッフやチームが支えてくれるおかげです。

留学と言うと英語力を付けるイメージですが、物事の見方・考え方、自分への自信、メンタルのタフさも身に付けることができます。多文化の国カナダでは日本で言われる「常識」が通じないことが多々あります。異文化や他国の人の考え方に揉まれ、日本では経験することのできない刺激をたくさん受けます。楽しい、辛い、悔しい、嬉しい、と様々な感情を体験し、帰国の時には一皮二皮むけて別人に変身する留学生が多いです。

息子と同じくらいの年齢の留学生も来ますので、今ではママの存在になりました。留学生活で困った時の相談だではなく、ボーイフレンドができた、クラスでトップの成績が取れた、などと家族のように報告に来てくれます。留学生活でアップダウンがありますが、到着時と帰国時のその変化を見るのが私のよろこびです。

*LGBT留学サポート
留学業界では珍しいLGBT留学サポートに2017年から力を入れています。会社のLGBTスタッフが自分の経験を語ってくれたのがこのプロジェクトのきっかけです。日本での自分、トロントに留学して変わった自分のストーリーはとても心に響くものがありました。その体験談を元に、日本のLGBTの方、またはLGBTコミュニティーにご興味のある方向けにLGBTフレンドリーな留学サポートを開始しました。

トロントは世界一ゲイの人が住みやすい街と言われており、同性婚も認められています。そんなトロントに日本のLGBT留学生に来てもらいトロントで今まで感じたことがなかった「自分」を発見してもらいたいです。

*プライベート
2年前に始めたヨガ。ママさんが集まるヨガなのでヨガした後のおしゃべりも楽しみの1つで行ってます。徐々にできなかったヨガポーズができるようになりますが、目標としては毎年2つは新しいポーズをマスターできるようになりたいです。

ovrseeホームページhttp://ovrsee.ca/

ライター:山崎葉月(2018.9.25)


コメントや「いいね!」でママ達の応援もよろしくお願いいたします^^

★ママそらFacebookページ
http://www.facebook.com/mamasola1

★ママそら サポーター募集中︕
http://www.facebook.com/groups/mamasola.supporters/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
山崎葉月

山崎葉月

投稿者プロフィール

Everyday Origami 代表。
カナダ留学後に結婚し、現在はドイツ、ハンブルグ在住。
「折り紙で人生を楽しく」をモットーに、ワークショップ、デザインワーク、イベント出展を通して、ドイツで折り紙の魅力を伝える活動を展開。
新しい折り紙のカタチとして、折り紙を使ったバイリンガル教育、折り紙遊び、ラッピングなど、日常生活でも使える斬新なアイデアを, ワークショップやソーシャルメディアを通して発信している。
2015年生まれの女の子のママ。

Everyday Origami HP http://everyday-origami.com/

この著者の最新の記事

関連記事

minau

Career Design OSAKA

woman-career-design

注目記事

  1. 12688079_963968327016196_6435026725906075980_n

    ママとキッズの意見が詰まった子ども用レトルトカレーが新登場!

    【ママそら PR企画】 ボンカレーから、大人が食べても満足する子ども用レトルトカレーが誕生! …

最近の投稿

  1. 44060330_1882022031851011_3143531064098553856_n

    2018-11-15

    宮本葵さん <福岡県> ママそら「今日の輝くママ」No.987

    「自分自身を知り、まずは日頃から自分を満たす選択を繰り返すこと」 今日の輝くマ…
  2. 2018-11-14

    島田妙子さん<大阪府>ママそら「今日の輝くママ」No.986

    「「~くれない」から「ま、いっか」にチェンジして子育てを楽しんで」 今日の輝くママは幼…
  3. 新しい東北作り

    2018-11-9

    東京開催!新しい東北づくりシンポジウム~被災地域で活躍する若者たち~(東北経済産業局事業)

    新しい東北づくりシンポジウム~被災地域で活躍する若者たち~ 地域活性・地域発ビジネス・地域貢献…

ママそらTwitter

過去の投稿

ページ上部へ戻る