高知版ネウボラとは?高知県の子育て支援の制度について ママそら高知スマイルラジオ#007



(▲画像クリックで音声聞けます)

今回は、高知県児童家庭課の加藤稔貴さんに、

・子育て先進国フィンランドで行われている「ネウボラ」とは?
・高知県の子育て支援制度について
・高知県の出産・育児応援サイトについて
・地域子育て支援センターの様子

などについてお話をお伺いしました。

加藤さんは、1歳4か月になる女の子のパパでもいらっしゃいます。
立会い出産・育休取得を経験されたそうですよ。

(加藤さんの輝くパパ記事はこちら

高知県の子育て支援制度について

加藤さんによると、県では、日本一の健康長寿県構想という計画に基づいて施策を進めているとのこと。

その中でも、

・厳しい環境にある子どもたちへの支援
・少子化対策の抜本強化

のために、「高知版ネウボラ」を推進しているそうです。

ネウボラとは、子育て先進国フィンランドで行われている、

「妊娠から出産、そして基本的には子どもが6歳になるまで切れ目ないサポートを提供する支援サービス・場所」

のことで、
フィンランド語で「ネウボ(neuvo)=アドバイス」、「ラ(la)=場所」という意味です。

ネウボラには保健師や助産師がいて、ネウボラで支援をするために、特別な教育を受けているそうです。

高知県では、「高知版ネウボラ」を推進することで、「妊娠期から子育て期まで切れ目のない総合的な支援体制」を充実させ、

・厳しい環境にある親子へのリスクに応じた支援
・子育て家庭の不安の解消
・働きながら子育てしやすい環境づくり

などにつなげていきたいとのことでした。

そのために、

・妊娠期からの総合相談窓口となる「子育て世代包括支援センター」
・地域の子育て支援拠点となる「地域子育て支援センター」

の計画的な設置を進めてもらえよう市町村を支援しているそうです。

高知県の出産・育児応援サイト

県では、出産・育児応援サイト「こうちプレマネット」を運用しているそうです。

こうちプレマネットの中では、地域子育て支援センターや、地域のサークル情報について掲載されているそうです。

また、高知県児童家庭課のFBページでも、県の子育て専門員の助産師さんによる、子育て家族に向けた情報を掲載しているとのこと。
ぜひご覧になってみてください。

高知県児童家庭課FBページはこちらから

地域子育て支援センターについて

地域子育て支援センターについて、

・どういったところなのか
・どんな人が利用されているのか

について、加藤さんに聞いてみました。

「子育て家庭の皆さまに、子育てに関する情報提供を行ったり、様々な悩み事のご相談に乗ったり、また、子育て家庭同士の交流の場や子育てに関する学習機会の提供などを行っています。

利用者同士が交流を通して学びあい、支え合うことで子育てへの不安や孤立感の解消につながっているのではないかと思います。

また、産後の子育ての不安などにもできるだけ早い段階で支援していけるよう、妊娠中の方にも気軽に利用していただけるような取り組みを行っているセンターも増えてきています。」(加藤さん)


0~2歳児の保育所や幼稚園に入所・入園する前の親子の方が多いとのことですが、
妊娠中でも気軽に利用できるそうです。

センターによっては土曜日も明けている場所もあるとのこと(こうちプレマネットにも情報が掲載されています)。

私も下の子を妊娠中、近くの支援センターに毎日のように通っていました。

夫婦とも県外出身で、近くに子育てについて相談できる人がいない私にとって、子育ての不安が和らぐ場所であり、気分転換になる場所でした。
支援センターで、ママ友達もできましたしね。

子育てで悩んでいる方、同じ年頃の子供を持つお友達が欲しい方、ぜひ一度「地域子育て支援センター」をご利用ください。

今週のお出かけ情報

今週は、香美市土佐山田町の「ほっと平山」をご紹介します。

土佐山田の中心部から車で15分ほど。
静かなダム湖のほとりにある「ほっと平山」は廃校となった平山小学校の木造校舎を利用して、今から11年前にオープンした体験型宿泊施設です。

お部屋は、教室を改装した和室が3部屋と、以前は校長室だったベッドのあるお部屋、さらに、1、2年生が使っていた教室は食堂に、図書室は会議室に生まれ変わっています。

そんな「ほっと平山」で人気なのが、四季を感じられる「田舎体験」!

春には 田植え体験、夏には バーベキューに川遊び、秋には お芋掘りや稲刈り、そして冬には 昔ながらの石臼でお餅つきと、子供も大人も楽しめる体験メニューです。

 
またもうひとつ大人気なのが、本格的な石窯を使った「ピザ焼き体験」!

地元の新鮮食材を使って、みんなで焼きたてのピザを味わってみてはいかがでしょうか?

料金はピザ1枚が1,500円で、4枚分から体験可能となっています。
申込は先着順で、準備の都合上、3日前までのご予約をお願いしているということです。

ご紹介した田舎体験、ピザ焼き体験については、「ほっと平山」のHPをご覧ください。

今週の1曲

♪家族になろうよ/福山雅治

加藤さんご夫妻が結婚式でも流した曲なんだとか。その時は「これから結婚して家族になっていくんだな」と思って聞いていたそうです。数年後子どもが生まれ、改めてこの曲を聞いてみると「この子の親として家族になっていく」という風に、状況によって感じ方が変わってきたそうです。

来週のスマイルラジオ

来週のこの番組では、今週に続いて、加藤さんと一緒に子育てトークをするほか、高知市一ツ橋町「こさい耳鼻咽喉科」の小佐井先生に、子供の中耳炎について伺います。

来週もどうぞお楽しみに!

ロゴ

ラジオのご視聴方法

Hi-Six FM高知 81.6MHz
http://www.fmkochi.com/index.html
毎週水曜日 お昼11:30~11:55ON AIR!
ママそら高知支部 玉井史織が、子育てに役に立つ色々な情報を、ゲストの方と共にご紹介していく “子育て応援番組” です。子育ての喜びや不安を共有し、ママやパパが笑顔で子育てできるような、そんな番組にしたいと思っています♪

☆スマホでラジオが聞ける無料アプリ【WIZ RADIO】もご利用ください。
https://www.wizradio.jp/


コメントや「いいね!」で応援よろしくお願いします☆
★ママそら☆こうち
https://www.facebook.com/mamasola.kochi/

★ママそらこうちグループページ(サポーター募集中!)
https://www.facebook.com/groups/mamasola.kochi/

★ママそらFacebookページ
http://www.facebook.com/mamasola1

★ママそらサポーター募集中!
http://www.facebook.com/groups/mamasola.supporters/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この著者の最新の記事

関連記事

minau

Career Design OSAKA

woman-career-design

注目記事

  1. 12688079_963968327016196_6435026725906075980_n

    ママとキッズの意見が詰まった子ども用レトルトカレーが新登場!

    【ママそら PR企画】 ボンカレーから、大人が食べても満足する子ども用レトルトカレーが誕生! …

最近の投稿

  1. 2018-11-16

    都市に暮らす子供と家族の時間を もっと豊かに、記憶に残るものに  11/17ラジオゲスト ブランコ・カンパニー株式会社 代表 市原真理子さん

    都市に暮らす子供と家族の時間をもっと豊かに、記憶に残るものにするには? ママそらラジオColo…
  2. 46104335_1916111225146353_4724598788788846592_n

    2018-11-16

    ありま まりえさん<東京都>ママそら「今日の輝くママ」No.988

    「後で後悔しないように、悩んだらとりあえず挑戦!」 今日の輝くママは、ありま まりえさん。 …
  3. 44060330_1882022031851011_3143531064098553856_n

    2018-11-15

    宮本葵さん <福岡県> ママそら「今日の輝くママ」No.987

    「自分自身を知り、まずは日頃から自分を満たす選択を繰り返すこと」 今日の輝くマ…

ママそらTwitter

過去の投稿

ページ上部へ戻る