山田 久美子さん ママそら「今日の輝くママ」No.876



「笑顔でいることです。常に笑顔でいられるよう心掛けています。」

今日の輝くママは山田久美子さん。輝くママの秘訣は、笑顔でいることです。常に笑顔でいられるよう心掛けていますという通りいつも笑顔が素敵な久美子さんからのメッセージをお届けします。

【名前】山田久美子 (ヤマダ クミコ)

【お住まい】三重県鈴鹿市

【子ども】長女 18歳 次女 12歳

【職業】
ベリーエクササイズ協会の講師兼理事、ベリーダンス講師

【最近嬉しかったこと】
娘にママの事を尊敬していると言われたこと。そして協会の先生達の活躍する姿を見たり聞いたりするだけで嬉しいですし、私のレッスンや踊りを見たり体験して、先生の思いが伝わってくると言ってもらえることです。

【輝くママの秘訣】
笑顔でいることです。常に笑顔でいられるよう心掛けています。

【住んでいる街の好きなところ】
四季折々の良さを感じられるところです。

【全国のママ&プレママへのメッセージ】
子供がいながらも、起業して輝くママのご活躍は素晴らしいですね。もちろん専業主婦で子育てに100%費やすママだって、素敵でカッコいいとおまいます。保育所に預けていても預けなくても、仕事をしていてもしていなくても、起業していてもしていなくても、やりたいことや夢があってもなくても、そんなことどちらでもいいと思います。今、あなたが大切だと思うことに時間を費やしたら、それでいいと思いますよ。

【活動・今後の目標】
私は、長女が5年生、次女が5才の時に離婚をし、実家には帰らずになんとか子育てをやってきました。私一人の収入で、子供二人を育てていくのはとても不安でしたし、生活のために仕事をしていたので、土日や平日の夜も子供だけで留守番させることもありました。子供たちは、きっと寂しかったと思います。反抗期もひどく反発をしていましたし、寂しさと不安から、情緒不安定になっていた時期もありました。今思い返すと、あれはもしかしたら苦労だったのか?と思うこともありますが、私自身は辛くはなかったです。あの頃は、ただ無我夢中で過ごしていました。

そんなときにベリーダンスに出会い、私自身に楽しくて夢中になれることが出来ました。おそらく楽に生活をしてこれたわけではありませんが、私はベリーダンスに出会ってから、今までより生き生きしていたんだと思います。離婚をしてから、あっと言う間の7年。頼りない母親で、子供達には心配と迷惑ばかりかけていますが、長女は”ママの事を尊敬している”と何度も言ってくれるようになりました。ベリーダンスに出会い、私の生き方は確実に変わったと感じています。何よりも、私自身が心から幸せだと感じながら、日々を過ごせるようになったんだと思います。
私の経験のように、ベリーエクササイズ協会の先生方が、講師と言う立場だからこそ感じられる幸せな気持ちを、また生徒さんもベリーダンスを習うことにより夢中になれることがある楽しさを、私だけでなくたくさんのママ・プレママ達にも感じてほしいと考え、協会を設立しました。活動を通して、1人でも多くの方が幸せな気持ちを持てるようこれからも前進していきます。

 

久美子さんのfacebook
https://www.facebook.com/kumiko.yamaha/

ライター:三重支部 岡田聖子(2018.3.22)


コメントや「いいね!」でママ達の応援もよろしくお願いいたします^^

★ママそらFacebookページ

http://www.facebook.com/mamasola1

★ママそらサポーター募集中!

http://www.facebook.com/groups/mamasola.supporters/

★ママそらみえfacebookページ

http://www.facebook.com/mamasolamie

★ママそらみえサポーター募集中!サポーターだけの情報もお届けします!

http://www.facebook.com/groups/mamasola.mie/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
岡田 聖子

岡田 聖子ママそらみえ支部代表

投稿者プロフィール

三重県鈴鹿市在住。1児の母。ママそら三重支部代表。NPO法人shining代表理事。ゆめのたね放送局パーソナリティ。介護支援専門員。
古代遺跡が大好きでバックパーカーしていた時にタイの孤児院で知り合ったタイ人の親友がスマトラ沖地震で被災し、音信不通となる。彼女と約束した「子育て支援に情熱を注ぐ」を決意する。
老人保健施設で働く傍ら、忙しいママが子育てをしながら輝けるよう2014年6月NPO法人shiningを同じ志を持った仲間と設立。
2015年、出産後より心のよりどころとしていた、ママそらにかかわってみたいと、ママそら100人プロジェクト5期生として学ぶことを決意。
2016年4月よりママそら三重支部代表となる。三重から全国に、全国から三重にママの繋がりを作っていく。
今後の目標は、ママが安心してくつろげ、地域の人々が気軽に交流できる、第3のおうちを作ることに力を注ぐ。そして、書と三重の伝統文化をコラボした商品を全国に発信すること!

この著者の最新の記事

関連記事

ママそらオリジナル&コラボアイテム

minau

Career Design OSAKA

woman-career-design

注目記事

  1. 12688079_963968327016196_6435026725906075980_n

    ママとキッズの意見が詰まった子ども用レトルトカレーが新登場!

    【ママそら PR企画】 ボンカレーから、大人が食べても満足する子ども用レトルトカレーが誕生! …

最近の投稿

  1. img_0608.jpg

    2018-6-22

    菅原瑠美さん ママそら「今日の輝くママ」No.915

    「今日ダメだったら明日、変えよう!」 今日の輝くママは、菅原瑠美さん。お子様は1歳、3歳と…
  2. 35164829_1662382877210629_7782325073557323776_n

    2018-6-21

    中園 恵子さん ママそら「今日の輝くママ」No.914

    「自分自身が何よりも心から「幸せ」と思える自分でいること。」 今日の輝くママは中園恵子さん…
  3. 2018-6-20

    清水敦子さん ママそら「今日の輝くママ」No.913

    「ママが好きな事を全力でしている姿を見せてあげたい」 今日の輝くママは看護師をしながら、h…

ママそらTwitter

過去の投稿

ページ上部へ戻る