佐藤 美希さん ママそら 「今日の輝くママ」No.835



誰かに頼りながらの子育ても大事
今日の輝くママは、佐藤美希さん。産後も頑張らなきゃと家事や仕事をこなし体調を崩してしまったという佐藤さん。今はどんなに子供が愛おしくても、誰かに頼って育児をするのは悪いことじゃないとアドバイスを頂きました。そんな経験から言える優しいメッセージをぜひご覧ください。

【名前】佐藤 美希(さとう みき)

【お住まい】福島県二本松市

【お子様について】長男 0歳4か月

【職業】株式会社佐藤物産(取締役)、元特定非営利活動法人福島県有機農業ネットワーク事務局員

【最近嬉しかったこと】
産後比較的直ぐに息子と同じくらいの月齢の子を持つママ友たちと巡り会うことが出来ました。お互いに子供たちの成長の悩みを相談したり自分たちの身体や心の悩みを相談したり出来る仲で、みんな育休中ということもあり様々なイベントを見つけては一緒に参加して楽しんでいます。料理教室に参加したり、ママのためのクリスマスパーティーに参加したり。先日はママ友のお宅で料理を持ち寄ってホームパーティーもしました。子供が同じくらいママ友が出来た事は、私にとって大切な宝物です。

【輝くママの秘訣】
何より自分が楽しむ事で少しでもリラックスして子供に向き合えることが、子供の成長にも繋がる。

【住んでいる街の好きなところ】
現在住んでいる福島県二本松市にある「岳温泉」が本当におすすめです!某旅サイトの「美肌の湯ランキング」で第3位に輝いた事もある温泉です。酸性泉で、安達太良山にある源泉から8㎞の道のりを湯引きし、麓の岳温泉でとてもまろやかなお湯になります。週に一度は岳のお湯に浸かって、育児の疲れを癒やしながら肌の調子も整えています。岳温泉のお陰で肌質は自信がありますよ~!また冬はスキー、スノーボードシーズンで近くにはあだたら高原スキー場もありますので、ぜひ冬の季節もおすすめ。
img_2110.jpg
また春は温泉街の桜坂、夏は青々とした牧草地広がる高原での避暑、秋は安達太良山の紅葉…岳温泉の周りでも素晴らしい景色です。そして岳温泉は福島県の中央部ですので、裏磐梯や会津方面、浜通り方面へのアクセスも◎。お子様連れにおすすめな旅館も沢山ありますし、今春ボルダリング、スケボー、スラッグライン等が体験出来るインドアパーク『スカイピアあだたらアクティブパーク』が完成しますので是非遊びにおいで下さいね。

そして二本松市は子育て支援が豊富です!子育て世代向けの支援に力を入れているので、とても子育てしやすい環境でこの町が大好きです。

【全国のママ&プレママへのメッセージ】
私は産後、里帰りをせず自宅で過ごしました。床上げ前にお店に立ってしまったり、家事を行っていたところ原因不明の高熱でヘトヘトになり、ストレスも重なりさらに母乳の出も悪くなるという悪循環に陥りました。今は実家に週に一度、2時間程度子どもを預かって貰いリフレッシュしたり、息子と楽しむ事を優先して過ごしています。それからは、何が何でも自分で頼らずに子育てすると意気込んでいましたが、頼ることもするようになりました。誰かに頼って育児をするのは悪いことではありません。子育ては一人じゃ無理なんだと割り切って、誰かに頼りながら子育てしましょう!

【目標・活動 など】
私は岳温泉という温泉街のお土産屋です。お土産店の他にレンタルスキー事業、あだたら山のミルクジャム、ADATARAYAMAジンジャーシロップの製造販売、そして温泉玉子『とろんたま』の製造販売を行っています。ミルクジャムとジンジャーシロップは元コックの夫が手作りし、とろんたまも元コックだからこそ温度管理を研究してとろりとした舌触りを実現できました。これらの商品は夫や仲間と共に試行錯誤したり、意見交換をしながら開発してきました。産後は夫やスタッフの協力で子育てを中心に行える環境になり、得意先にもご理解頂いているところには息子と一緒に伺う事もあります。得意先の皆様にも息子の成長を見守って頂きながら、自分のペースで仕事と育児のバランスが取れているありがたい環境です。

そんな環境から、やっぱりこの「岳温泉」が大好きでたくさんの方に知って頂きたいと思うようになりました。温泉に浸かると全身の疲れや凝りもほぐれてリラックス出来るので、子育てママにこそ是非入って欲しいと考えています。例えば、気心知れたママ友同士で交代で入浴をすることや、保育士さんにお手伝い頂いて温泉を楽しんでもらえるアイディアなど考えています。

また子連れだとなかなか行くのが難しい飲食店や温泉施設など、同じように子どもが小さなママのお友達と一緒に貸切して楽しんだり、夫が元フレンチコックということもあるので、そのシェフのお友達のお店や、知り合いの農家さんが生産した農産物が食べられるお店で子供が少しくらいグズったり騒いだりしても気にしないでお食事会をするのが目標です!色々とママのための楽しい妄想・・・実現出来るように各関係者みなさまにご協力頂けるように行動していきたいので、どうぞよろしくお願いいたします。

☆佐藤物産ホームページ
omiyage-sato.firebaseapp.com

ライター:福島支部 景井愛実(2018.1.5)


コメントや「いいね!」でママ達の応援もよろしくお願いいたします^^
★ママそらFacebookページ
http://www.facebook.com/mamasola1

★ママそらサポーター募集中!
http://www.facebook.com/groups/mamasola.supporters/

★ママそらふくしまFacebookページ
http://www.facebook.com/mamasolafukushima/

★ママそらふくしまFacebookグループページ 【サポーター参加者募集中】!
https://www.facebook.com/groups/mamasorafukushima/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
景井愛実

景井愛実ママそら 福島支部

投稿者プロフィール

二児の母。福島に生まれ育ち、嫁ぎ先も福島。4世代同居。夫両親と農業を営む。『農家=地域に根差した仕事』。地域のママたちと楽しみながら生きていきたい。

【ママそらふくしま】 
https://www.facebook.com/mamasolafukushima/

【Berry's Garden】
https://berrys-garden.com
農業女子 景井愛実プロデュースの福島発アグリブランド。 
「Pocket of “love berry” time:日常のちょっとしたスキマに、愛、実る時間を。」 をテーマに、クオリティや想いを大事にした日常の一息つけるスキマ時間を幸せに感じられるアイテム・イベント・ライフスタイルを提案。農産物・加工品に加え、農産物を様々なシーンで楽しめるアクセサリー、雑貨など、農に関連したアイテムを幅広く展開し、「可愛い楽しい農」を提案。“あなたのスキマに幸せをお届けしたい”という想いを
ブランドを通じて発信している。

この著者の最新の記事

関連記事

minau

Career Design OSAKA

woman-career-design

注目記事

  1. 12688079_963968327016196_6435026725906075980_n

    ママとキッズの意見が詰まった子ども用レトルトカレーが新登場!

    【ママそら PR企画】 ボンカレーから、大人が食べても満足する子ども用レトルトカレーが誕生! …

最近の投稿

  1. 2018-8-20

    松本和美さん ママそら「今日の輝くママ」No.946

    「ママの頑張っている姿を、実際に家族に見てもらったり知ってもらう!ママも家族の応援を一生懸命する…
  2. 2018-8-19

    女性が子育てをしながら自分らしく働くには?その人らしく幸せに元気に生きるには?ママそら高知スマイルラジオ#015 #016

    ☆★☆★☆★☆★☆★☆★ 【メッセージ募集中!】 「スマイルラジオ」では、お子さんとのほっこりエ…
  3. 2018-8-17

    夏休みラジオ2本立て!「繋がる離島・八丈島、新島、ハワイの絆」「こどもアナウンサー体験」

    ママそらラジオColorful Style Labは毎週土曜日10時~11時、多様な人が活躍できる社…

ママそらTwitter

過去の投稿

ページ上部へ戻る