浅野ユウさん ママそら「今日の輝くママ」No.838



「家族から、ママって毎日楽しそうだね。と言われる女性になる。」

今日の輝くママは浅野ユウさん。自分らしく生きる事。そして家族から、「ママって毎日楽しそうだね。」と言われる女性になる。そんな風に笑顔でお話しを聞かせてくれたユウさんからのメッセージをお届けします。

【名前】浅野ユウ(アサノ ユウ)

【お住まい】三重県鈴鹿市

【子ども】長男23歳 長女20歳

【職業】
一般社団法人 日本スケジュール協会代表理事 ワークライフバランス認定コンサルタント オリジナル手帳の制作・出版

【最近嬉しかったこと】
子供達と主人と、久々に4人揃って食事をしていた時に、私が仕事の話をしていたら、社会人2年目の長男に、思いがけず「なるほど!」と思うアドバイスをされたことです。いつのまにか、こんな話もできるようになったんだなと 嬉しかったです。

【輝くママの秘訣】
“自分らしく!”生きる事。そして家族から、「ママって毎日楽しそうだね。」と言われる女性になる!生きがいや趣味を持っているママさんって、素敵ですよね。

【住んでいる街の好きなところ】
テニスコートが多いところです。私の街の鈴鹿には、たくさんのテニスコートがあります。ワンコインで借りられる市民テニスコートもあるんですよ!家族や友人とテニスをするのに、気軽にレンタルできるのでありがたいなと思ってます。

【全国のママ&プレママへのメッセージ】
自分のやりたい事や 好きな事をしている人って、キラキラしていて素敵ですよね!育児や家事、仕事も趣味も、ぜんぶ、あなたが選んだやりたい事で、好きな事のはずです。完璧でなくてもいいんです。自分のペースや自分のサイズを見つけ、お子さんと笑顔で過ごす毎日を作っていってくださいね。

【活動・今後の目標】
私自身30歳の時に子育てをしながら始めたテニスでは’手帳を使った時間管理’で子育てとテニスを両立させ、日本マスターズ3位そして全国レディス代表になりました。。その後、テニスコーチとして15年、述べ2000人の優秀な選手を指導、育成しています。テニスレッスンに来ているお子さんの親御さんに、「ねぇコーチ、ウチの子ってセンスありますか?テニスに向いていますか?」と聞かれることがよくあります。大人は、結果の出ないムダな時間を省こうと考えてしまうけれど、無限の可能性がある子供達には、上手くできなくても’好きだからやりたいこと’を大切にしてほしいと思っています。だから、「センスより、テニスが本当に好きな子のほうが、最後は強くなりますよ。」と答えます。”上手くできることがいい”そんな世の中になるのは つまらないと私は考えています。

私は、自分自身が、本当にやりたい事をする時間を確保するために、やらなければならない事を どうやって時間短縮できるのかを考え、タイムマネジメントに興味を持ちました。そして深めていくうちに手帳術に行きついたのです。”手帳”というツールは、スケジュールや時間管理だけではなく、自己実現に向かって目標達成するにも全てに有効な”相棒”となります。予定を書くだけの記録ノートではない手帳の使い方を知っていただき、”時間の使い方”を考えるキッカケにしてほしいと、全国で講座を開催しています。たくさんの方々が自分らしく生きる事のお手伝いをしていきます。

時間の使い方ナビゲーター 浅野ユウ ブログhttps://ameblo.jp/everydaynewday7

ライター:三重支部 岡田聖子(2018.1.11)


コメントや「いいね!」でママ達の応援もよろしくお願いいたします^^

★ママそらFacebookページ

http://www.facebook.com/mamasola1

★ママそらサポーター募集中!

http://www.facebook.com/groups/mamasola.supporters/

★ママそらみえfacebookページ

http://www.facebook.com/mamasolamie

★ママそらみえサポーター募集中!サポーターだけの情報もお届けします!

http://www.facebook.com/groups/mamasola.mie/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
岡田 聖子

岡田 聖子ママそらみえ支部代表

投稿者プロフィール

三重県鈴鹿市在住。1児の母。ママそら三重支部代表。NPO法人shining代表理事。ゆめのたね放送局パーソナリティ。介護支援専門員。
古代遺跡が大好きでバックパーカーしていた時にタイの孤児院で知り合ったタイ人の親友がスマトラ沖地震で被災し、音信不通となる。彼女と約束した「子育て支援に情熱を注ぐ」を決意する。
老人保健施設で働く傍ら、忙しいママが子育てをしながら輝けるよう2014年6月NPO法人shiningを同じ志を持った仲間と設立。
2015年、出産後より心のよりどころとしていた、ママそらにかかわってみたいと、ママそら100人プロジェクト5期生として学ぶことを決意。
2016年4月よりママそら三重支部代表となる。三重から全国に、全国から三重にママの繋がりを作っていく。
今後の目標は、ママが安心してくつろげ、地域の人々が気軽に交流できる、第3のおうちを作ることに力を注ぐ。そして、書と三重の伝統文化をコラボした商品を全国に発信すること!

この著者の最新の記事

関連記事

minau

Career Design OSAKA

woman-career-design

注目記事

  1. 12688079_963968327016196_6435026725906075980_n

    ママとキッズの意見が詰まった子ども用レトルトカレーが新登場!

    【ママそら PR企画】 ボンカレーから、大人が食べても満足する子ども用レトルトカレーが誕生! …

最近の投稿

  1. 47685511_518448068653650_3790295710868439040_n

    2018-12-14

    幸田宗市朗さん〈福島県〉ママそら「今日の輝くパパ」No.76

    「自分のできることを精一杯やること」 今日の輝くパパは幸田宗市朗さん。 父親の役割とは何…
  2. 2018-12-12

    山村未央さん<兵庫県>ママそら「今日の輝くママ」No.998

    「一瞬一瞬を大切に!子どもと一緒に感動体験をたくさんする事がわたしの子育ての基本」 今…
  3. 887DE57A-D86A-4E2F-9EB8-9145B87EBE48

    2018-12-12

    清水加奈さん <三重県> ママそら「今日の輝くママ」NO.999

    「子育てしながら自分も日々勉強ですね。」 今日の輝くママは清水加奈…

ママそらTwitter

過去の投稿

ページ上部へ戻る