トーマス オスブルグさん ママそら「今日の輝くパパ」No.61



「奥さんの本当のパートナーになってあげてください」

今日の輝くパパは、ドイツ、カーストにお住まいの、トーマスオスブルグさん。ドイツ人パパの視点から、子育てやパートナーシップについてお話し頂きました。日本語と英語二ヶ国語のインタビュー、是非ご覧ください。

【名前】トーマス オスブルグ
【Name】Thomas Osburg

【お住まい】ドイツ、カースト
【Residence】Kaarst Germany

【子ども】2人、長男8歳、長女5歳
【children】2 Kids, one boy (8) and one girl (5)


【職業】国際日系企業の営業部長
【Profession】Sales Manager for an international Japanese Company

【最近嬉しかったこと】
数学とドイツ語でいい成績をとった息子の誇らしい顔を見た時。
というのも、実は夏休み後のテストの成績が良くなかったんです。
彼は半分日本人なので、夏休みの間日本の小学校を見たり、祖父母と過ごす時間を通して日本文化に触れ合って欲しいという思いから、夏休みを日本で過ごさせました。

彼にとってこれは素晴らしい経験となり、前よりも自立してくれたと思いますし、日本語も上達しました。ですがドイツの学校の勉強は全くしませんでした。その結果、夏休み後の最初のテストの成績が落ちてしまいました。

私たちは一緒に座り、この問題を解決する為にはどうすればいいか考えました。
息子はどうすれば良い勉強ができるか、いくつかの素晴らしいアイデアを提案してくれました。
問題は私がいつも夜の7時まで働いており、一緒に過ごせる時間が少ないとゆう事でした。

ですが、彼はそれを乗り越えて、結果として素晴らしい成績を取る事ができました。
彼の誇らしげで幸せそうな顔を見て、泣けるくらい嬉しかったです!

【What made you happy recently?】
Seeing the proud face of my son when he showed me his good grade at the math and German test in school. Background to this was, that he messed up his last tests after the summer holidays.

He is half Japanese so we thought it would be a good Idea to let him visit elementary school in Japan and also meet his grandfather etc.
This was an amazing adventure for him that made him more independent than before. Also his Japanese improved amazingly. But he did not do anything for German school.

Hence the first tests were pretty bad. So we sat together and thought of a way to solve this. He came up with some pretty good ideas to learn better. The problem is just that I am working always until at least 7pm so we always had only limited time to learn together.

But he went through with it and the result were those good grades. Seeing his proud and happy face made me almost weep a little bit out of joy. I said almost!! :).

【輝くパパの秘訣】
いい質問ですね、私もよく分からないのですが…
自分自身の中の子供の部分を忘れないとゆう事でしょうか。

私はずっと大人になるのが嫌で、いつも遊んでいたいと思っていました。
今は子供がいるので、公園にいても変な目で見られずに遊ぶことができます。笑
子供達が自分が幼少期にした同じ間違いをするのを見たり、自分ができなかった事を出来る姿を見る事ができるのは素晴らしい事です。

私の子供はまだ小さいので、まだまだパパっ子です。家に帰って、彼らが自分の腕の中に飛び込んできてくれて、一緒に遊べる時間が一番幸せな瞬間です。
この状態が少しでも長く続いてくれる事を願っています

【The secret of shining papa】
Really no idea but i think the best is to be aware of the child in yourself.
I never wanted to grow up and always wanted to play. Now that I have kids I can do this with my playground partners and not being looked at strangely:)

It is amazing seeing your kids grow up and doing the same stupid mistakes you did yourself when you were that age, and it is even more amazing to see that they even do it better sometimes.
My kids are still young and they still love Papa a lot so it is the best feeling to come home and see the kids running up to me jumping in my arms and start playing instantly. This gives me the power to do my best everyday. Lets hope it will stay like this just a little bit longer.

【住んでいる街の好きな所】
私は南ドイツの小さな町で生まれ育ちました。
カーストはデュッセルドルフ郊外にあるとても魅力的な街です。
デュッセルドルフとケルンからも近く、それでいて緑豊かで自然とも触れ合える街です。

子供達が通う学校も幼稚園も歩いて数分のところにあり、子供達だけでも安全に通学、通園する事ができます。ご近所さんにも恵まれ、生活に必要なものは何でも揃いますし、それと同時に安全な田舎町に住んでいるとゆう感覚です。

【Favorite places in the city you live】
I was born and raised in the south of Germany in a rather small city. So I am not really fond of big cities.

Kaarst is the suburban area of Düsseldorf that makes it so attractive. We have the big cities of Düsseldorf and Cologne very close but in the same time have a nice and green environment around us. The school and kindergarten are just a few walking minutes and the kids can safely go to school on their own. We have great neighbors and everything you need to live but in the same time the feeling of living in the safe countryside.

【全国のパパ&プレパパへのメッセージ】
奥さんに全てを任せるのはやめてください。
それは簡単な事ですし、国によっては普通とゆう場合もあると思いますが、そうする事によって一生の記憶に残る思い出を逃してしまっていると思います。

私は息子が初めて自転車に一人で乗れた時の事、泳げた事、娘が初めてダンスを始めた時の事、パパの似顔絵を描いてくれた日の事を決して忘れません。
これらの出来事をただ写真だけの思い出にしたいですか?仕事の方がもっと大事だから?

私は素晴らしい時間をもっと自分の子供達と過ごしたい。
そして自分の父親よりももっと素晴らしい父親になろうと、競争してみるのもいいかもしれません。

最後に大事な事を一つ言い残しましたが、奥さんの本当のパートナーになってあげてください。
奥さんが家事をしたり、子育てをするのを “助ける”とゆう感覚ではなく、パートナーシップの中でのあなたの当然の役割だとゆう感覚でやってください。なぜママが働いて、家事もして、子育てもして、料理までしなければいけないんですか?

あなたが時々自分が汚した場所の片付けをパートナーを”助ける”為にしているのなら、それを幸せな事だと思ってください。
自分の役割を果たして、そしてこの言葉を忘れないでください、”ハッピーワイフ、ハッピーライフ”

【Message to fathers and fathers to be】
Guys, don’t just leave everything to your wives. I know that is easy and in some societies it is normal but you are missing out on so much. All those small moments that will stay in your memory forever and even more all those big ones.

I will never forget the first time he rode his bike alone, or swam on his own, the moment she started to dance for the first time her first self drawn picture of Papa etc.
Do you really want to remember those events just from pictures because work was more important? I rather spend some more quality time with my kids.
Also,why not try to see it as a competition with your own father and become better than him.

And last but not least, be a real partner for your wives. Not “help” her doing the housework and child raising etc. do your part as it should be natural in a partnership. Why should the mama do her job, do the household, take care of the kids, cook etc and be happy when you sometimes “help” her with cleaning up after you.

Do your part and remember the saying: ”Happy wife happy life”

【目標・活動など】
自分の子供達が社会の役に立てるように成長していく姿を見たいです。

【Feel free to share your goals, activities or anything about yourself】
I would like to see my kids grow up into valuable members of our society.


ライター:山崎葉月(2017.12.25)


コメントや「いいね!」でママ達の応援もよろしくお願いいたします^^

★ママそらFacebookページ
http://www.facebook.com/mamasola1

★ママそら サポーター募集中︕
http://www.facebook.com/groups/mamasola.supporters/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
山崎葉月

山崎葉月

投稿者プロフィール

Everyday Origami 代表。
カナダ留学後に結婚し、現在はドイツ、ハンブルグ在住。
「折り紙で人生を楽しく」をモットーに、ワークショップ、デザインワーク、イベント出展を通して、ドイツで折り紙の魅力を伝える活動を展開。
新しい折り紙のカタチとして、折り紙を使ったバイリンガル教育、折り紙遊び、ラッピングなど、日常生活でも使える斬新なアイデアを, ワークショップやソーシャルメディアを通して発信している。
2015年生まれの女の子のママ。

Everyday Origami HP http://everyday-origami.com/

この著者の最新の記事

関連記事

minau

Career Design OSAKA

woman-career-design

注目記事

  1. 12688079_963968327016196_6435026725906075980_n

    ママとキッズの意見が詰まった子ども用レトルトカレーが新登場!

    【ママそら PR企画】 ボンカレーから、大人が食べても満足する子ども用レトルトカレーが誕生! …

最近の投稿

  1. 2018-8-20

    松本和美さん ママそら「今日の輝くママ」No.946

    「ママの頑張っている姿を、実際に家族に見てもらったり知ってもらう!ママも家族の応援を一生懸命する…
  2. 2018-8-19

    女性が子育てをしながら自分らしく働くには?その人らしく幸せに元気に生きるには?ママそら高知スマイルラジオ#019 #020

    ☆★☆★☆★☆★☆★☆★ 【メッセージ募集中!】 「スマイルラジオ」では、お子さんとのほっこりエ…
  3. 2018-8-17

    夏休みラジオ2本立て!「繋がる離島・八丈島、新島、ハワイの絆」「こどもアナウンサー体験」

    ママそらラジオColorful Style Labは毎週土曜日10時~11時、多様な人が活躍できる社…

ママそらTwitter

過去の投稿

ページ上部へ戻る