内海まこさん ママそら「今日の輝くママ」No.801



「行きたい場所、やりたいこと、自分が感じたり考えたりしていることを家族や友達に話すようにしています。」

今日の輝くママは内海まこさん。
自分の想いを話すことで、一人の力では不安だったり、実現が難しいことも希望する未来に一歩一歩近づいていけるように感じているという内海さんは、子育てもお仕事も楽しんでいらっしゃる4人のお子さまのママです。ぜひメッセージをご覧下さい☆

【名前】内海まこ(うつみまこ)

【お住まい】埼玉県川口市

【お子様について】4人(男女男女、8才6才4才0才)

【職業】
・子どものこころのコーチング協会 インストラクター
・ママフォトグラファー

【最近嬉しかったこと】
「いつかまた、お父さんと二人でデートしたいなぁ~☆」と言っていたら、上の子たちが「いいよ!お父さん、連れていってあげなよ!」と言ってくれたこと。

そして、しばらくしてから平日休み(夏休みの代休)に、本当にランチデートに行けたこと。
(末っこちゃんは一緒でしたが)

「どうせ無理だよなー(^^;」
なんて一人で諦めず、希望は口に出して言ってみるもんですネ☆

【輝くママの秘訣】
最近、物欲はあまりなくなったのですが(自分専用パソコンが欲しい、など大物はありますが)

最近嬉しかった話にも繋がるのですが、行きたい場所、やりたいこと、自分が感じたり考えたりしていることを家族や友達に話すようにしています。

「今すぐ叶わなくてもいいんだけどネ」と軽いかんじでも、「ママ、○○したいって言ってたな」と思い出してくれたり、一人では自信がなかったり、叶いそうにないことでも「まこちゃん、それ私も興味ある!」「私もやってみたい(行ってみたい)と思ってた!」「できる人、知ってるよ~」など、友達が一緒に参加してくれたり、応援してくれたり、あるいは友達の友達を紹介しれくれたりと、ご縁が繋がることが増えてきました。

私一人の力では不安だったり、実現が難しいことも想いを人に話すことで、希望する未来に一歩一歩近づいていけるように感じています。

【住んでいる街の好きなところ】
私が生まれ育ったのは、寒ブリの有名な富山県氷見市というところです。もしお魚を食べに行かれるのであれば、冬をオススメしたいです。
この夏、立山~黒部ダムに行ってきましたが、あいにくの天候だったのでまたリベンジしたいと思っています。

今住んでいる埼玉県東川口は、さいたまスタジアムに近く、オリンピック開催地でもあり楽しみです。
大きな公園も多いですが、県民健康福祉村には家族みんなで自転車に乗って遊びにいきます。
温水プールもあり、長男長女はパパに教えてもらい泳げるようになりました。

【全国のママ&プレママへのメッセージ】
もしあなたが結婚や旦那さんの転勤について、それまで親しくしていた友達や家族や新しい環境で、孤独な育児をしている方に向けて書きたいと思います・・

生活のほんの些細なこと、嬉しかったこと、びっくりしたこと、不安なこと、淋しいこと。旦那さんのこと、子どものこと。

朝、旦那さんを見送ってから、誰とも会話せずに一日を終える。そんな淋しさを感じているかもしれません。

子どもはまだしゃべらないし、唯一の話し相手の旦那さんに「今日から離乳食、にんじん食べ始めたんだよー」なんて話をしても上の空だったり…。
「私の話なんてどうでもいいんだな」って、思って悲しくなってついキツい態度を取ってしまう。

私もそうでした。孤独で悶々とした子育てしかしない人生が永遠に続くかのように思えるけれど。

実は今まさに、「あなたの枠がガバッと広がっているとき」だと思うんです。

私たちが思っている以上に、親の教えや生まれ育った環境の習慣に、影響を受けています。
外に出てはじめて、今まで当たり前だと思っていたことが当たり前ではなかったんだ、と気付くことって多いんじゃないかな。

一から地盤を固めていくのは、大変ですよね。人間関係もゼロからのスタート。
だけど、地元では知ることのなかった人との出会いや経験、一つ一つがあなたの人生の世界を広げていってるのだと思います。
そんな冒険者、開拓者としての人生を選んだあなたに乾杯。
「笑顔に囲まれている幸せな未来が広がっているよ~♪」私から祝杯をあげたいと思います。

【目標・活動など】
子どものこころのコーチング協会 インストラクターとして、「講座を開催していきます。
私は「怒ってもいい、失敗しても大丈夫。比べる子育てから自分のこころに矢印」をテーマに掲げています。3つの「きく」で、子どもの安心感を育てる講座です。

また、ママフォトグラファーとして
ナチュラルメイク&フォトお茶会、家族フォト撮影会など開催していきます。

埼玉、富山を中心に「こころ×メイク×フォト」で活動していきます。
詳細はブログをチェックしてみてください。
https://ameblo.jp/haruno-panmatsuri/

ライター:高知支部 玉井史織(2017.11.6)


コメントや「いいね!」でママ達の応援よろしくお願いします☆

★ママそらFacebookページ
http://www.facebook.com/mamasola1

★ママそらサポーター募集中!
http://www.facebook.com/groups/mamasola.supporters/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この著者の最新の記事

関連記事

ママそらオリジナル&コラボアイテム

minau

Career Design OSAKA

woman-career-design

注目記事

  1. 12688079_963968327016196_6435026725906075980_n

    ママとキッズの意見が詰まった子ども用レトルトカレーが新登場!

    【ママそら PR企画】 ボンカレーから、大人が食べても満足する子ども用レトルトカレーが誕生! …

最近の投稿

  1. D7E1E1E1-1C43-4DE6-A222-9D43B48F409A

    2018-2-23

    ママそらこども未来館ラジオ「人工知能時代の未来の教育」

    ママそらラジオColorful Style Labは毎週土曜日10時~11時、多様な人が活躍…
  2. recruit_fileUpload1

    2018-2-23

    新宿で東北に出会う! 新しい東北づくりシンポジウム&合同企業説明会

    3月3日(土)「新しい東北づくり」シンポジウム&シゴトフェアで東北の魅力に触れる 東日本大震災…
  3. img_3633.jpg

    2018-2-23

    佐々木 幸子さん ママそら 「今日の輝くママ」No.863

    「自分が”ゴキゲン”でいることが家族にとっても一番」 今日の輝くママは、佐々木幸子さん。双子のお…

ママそらTwitter

ページ上部へ戻る