福田 智代さん ママそら「今日の輝くママ」No.724


IMG_6440「なんともない日常こそが、じつは幸せ」

今日の輝くママは福田智代さん。ある出来事があり、生きていることや歩いていることそして笑っていることは当たり前のことではく、なんともない日常こそが、じつは幸せなのだと気づいたという智代さんからのメッセージをお届けします。

【名前】福田 智代(ふくだ ともよ)

【お住まい】三重県四日市市

【子ども】長男10歳 長女6歳

【職業】
グラスアート教室講師

【最近嬉しかったこと】
イベント後に「ママお疲れさま♪マッサージしてあげる!」と言って子供たち二人で一生懸命にマッサージしてくれたことです。子供たちの成長を実感しました。

【輝くママの秘訣】
やりたいことはやる!。何事にも誠実に!このことを常に胸に置き、日々過ごすよう心がけています。家族やお友達、私の周りの方々に誠実に接するというのはもちろんですが、自分の心にも、誠実にやりたいことをやる様にしています。

【住んでいる街の好きな所】
サンドがおいしくて、店主もスタッフの方もとても優しいMikuです。種類も豊富で、月替わりサンドや、ランチBOX、オードブルなどもあります。オードブルは運動会などに利用される方もみえますし、私の教室でもご希望があれば、ランチにMiku.さんのサンドをご用意しています♪車で10分ほどの場所なので、レッスン後にイートインすることもできます。

【全国のママ&プレママへのメッセージ】
子供たちにウソをつかない人に成長してもらいたいから、私もウソはつかないように心がけています。例えば病院で注射をするとわかっていて、子供に「今日は注射する?」と聞かれた時は、私は「する。」と答えます。ただ同時に「優しいウソはいいよ。」ということも伝えています。「これ、かわいいでしょ?」と聞かれた時に、自分はなんとも思ってなくても「かわいいね。」と言うことで相手はイヤな思いをしないはずです。あとサンタクロースのプレゼントとか。まだ理解はできていないかもしれないですが…。違いがわかる人に成長してくれたらうれしいと思います。
そして、日々当たり前に思っていることが、じつは当たり前のことではないということがあります。それまで健康そのものだった娘が1歳の時に突然病気になり、命を落としかけました。それまで健康そのものだった子がある日突然にです。その時に、生きていることや歩いていることそして笑っていることは、当たり前のことではなく、なんともない日常こそがじつは幸せなのだと気づきました。忘れがちだけど、毎日を大切にして過ごしていけたらと思っています。皆さんも当たり前に感謝しながら子育てを楽しんで下さいね。

【活動・今後の目標】
私の主な活動はグラスアートの講師です。グラスアートとは、ステンドグラスの雰囲気をそのままに手軽に安全に作品を作ることが出来るクラフトです。女性ならステンドグラスに憧れたことが一度はあるのではないでしょうか。色とりどりの光が素敵ですが、ステンドグラスに挑戦するのはハードルが高いです。そんな女性の憧れをグラスアートで表現出来たら、自分も周りも笑顔に出来るのではないかと思い、日々グラスアートに向き合っています。これからもお教室に来て下さるお客様や、作品を手にして下さるお客様の笑顔に繋がる教室作りをしていきます。

IMG_6441

 

グラスアート&クレイチュール ブログ http://ameblo.jp/glassart-cherie

 

ライター:三重支部 岡田聖子(2017.6.22)


コメントや「いいね!」でママ達の応援もよろしくお願いいたします^^
★ママそらFacebookページ
http://www.facebook.com/mamasola1
★ママそらサポーター募集中!
http://www.facebook.com/groups/mamasola.supporters/
★ママそらみえfacebookページ
http://www.facebook.com/mamasolamie
★ママそらみえサポーター募集中!サポーターだけの情報もお届けします!
http://www.facebook.com/groups/mamasola.mie/ かと

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
岡田 聖子

岡田 聖子ママそらみえ支部代表

投稿者プロフィール

三重県鈴鹿市在住。1児の母。ママそら三重支部代表。NPO法人shining代表理事。ゆめのたね放送局パーソナリティ。介護支援専門員。
古代遺跡が大好きでバックパーカーしていた時にタイの孤児院で知り合ったタイ人の親友がスマトラ沖地震で被災し、音信不通となる。彼女と約束した「子育て支援に情熱を注ぐ」を決意する。
老人保健施設で働く傍ら、忙しいママが子育てをしながら輝けるよう2014年6月NPO法人shiningを同じ志を持った仲間と設立。
2015年、出産後より心のよりどころとしていた、ママそらにかかわってみたいと、ママそら100人プロジェクト5期生として学ぶことを決意。
2016年4月よりママそら三重支部代表となる。三重から全国に、全国から三重にママの繋がりを作っていく。
今後の目標は、ママが安心してくつろげ、地域の人々が気軽に交流できる、第3のおうちを作ることに力を注ぐ。そして、書と三重の伝統文化をコラボした商品を全国に発信すること!

この著者の最新の記事

関連記事

ママそらオリジナル&コラボアイテム

minau

Career Design OSAKA

woman-career-design

注目記事

  1. 12688079_963968327016196_6435026725906075980_n

    ママとキッズの意見が詰まった子ども用レトルトカレーが新登場!

    【ママそら PR企画】 ボンカレーから、大人が食べても満足する子ども用レトルトカレーが誕生! …

最近の投稿

  1. 22310398_1446958995351244_5228742286968613340_n

    2017-10-18

    大森早苗さん ママそら「今日の輝くママ」No.791

    「子どもの育つ力を信じて、楽しんで子育てをしていきましょう!!」 今日の輝くママは大森早苗…
  2. 2017-10-17

    矢野剛さん ママそら「今日の輝くパパ」No.60

    「子育ては一瞬一瞬が一度きりのことなのでそれを楽しみたいですね。」 今日の輝くパパは、矢野…
  3. 22311936_1118592731605710_907883130_o

    2017-10-16

    中川英里さん ママそら「今日の輝くママ」No.790

    「誰にも代わることのできない人生を 彩りあるのものにしていきたいです。」 今日の輝くマ…

ママそらTwitter

ページ上部へ戻る