市橋直久さん ママそら「今日の輝くパパ」No.51


「パパ友たちとたまに楽しく飲んだり、学校行事を手伝ったり、それだけでも、コミュニティが生まれ、社会にプラスに働くと思います。」
20170419_082517
今日の輝くパパは、市橋直久さん。
「現実の空間で、ひとり一人の優しさや思いやりを可視化させることは、正のスパイラルを生み出すと思います。」
マタニティの応援を続けておられる市橋さんのメッセージをどうぞご覧下さい☆

【名前】市橋直久(いちはしなおひさ)

【お住まい】東京都江東区

【お子様】1人 長男(12歳)

【職業】会社員

【最近嬉しかったこと】
息子がこの4月に中学校に入学したこと。
妻が係長に昇格したこと。
自分のプロジェクトに共感してくれる人がいること。

【輝くパパの秘訣】
妻が妊娠したころのことや、息子が生まれて間もないころのことを今でも覚えています。
どこの夫婦でも経験はあると思いますが、産前産後の妻はイライラすることが多く、最初は妻のご機嫌を取るために、家事や育児をやるようになったと思います。
「やらされていた」という方が正しいかもしれません。

ただ、実際にやってみると、家事や育児って、ほんとうに大変だな、と気づかされました。
会社に行っているほうが楽だなぁ、と当時感じたのをよく覚えています。

「やらされていた」のかもしれませんが、今思えば、妻のイライラ時期があって良かったとも思います。
おかげで、幼少時代の息子とたくさん接することができましたので。
大変な妊娠時期を過ごし、とても痛い出産を乗り越えて、かわいい息子を産んでくれたわけですから、家事も育児もすべてやるくらいの広い心を持って感謝の気持ちを行動で表す。そんな理想には程遠い私ですが、そんな思いを持っている父親は、輝かしいと思います。

【住んでいる街の好きなところ】
子どもに優しい居酒屋「大吉」。
共働きで二人とも忙しい身だったので、夕食は近所の居酒屋「大吉」でお世話になりました。息子の「おふくろの味」。

【全国のパパ&プレパパへのメッセージ】
息子が生まれてから、思うようになりましたが、自分の子どもを幸せにするためには、いい社会が必要だと感じています。
ただし、何かをより良くすることは、面倒だし、手間も時間もかかる。
一方で、世の中に存在する大半のものは放っておいたら、悪くなる。
オヤジたちよ、闘おう。しかし、ひとりではできない。
なので、パパ友たちとたまに楽しく飲んだり、学校行事を手伝ったり、それだけでも、コミュニティが生まれ、社会にプラスに働くと思います。
自分の子どもの幸せのために社会をつくる。(偉そうにすみません・・・)

【活動】
個人的な活動で、「マタニティを応援するストラップ」というモノを作り、普及に取り組んでいます。
最近、「マタニティマーク」を付けている妊婦をあまり見かけません。
ネットでのネガティブな声が影響しているのか、妊婦にとって肩身の狭い社会になっている気がしています。
なので、妊婦だけがマークを付けるのではなく、周りの人たちが「マタニティを応援するマーク」を付けて、妊婦さんを安心させよう!というプロジェクトを開始しました。

pic3

具体的には、「マタニティを応援するストラップ」を『3万個』作り、行政の両親学級でプレパパに無料配布し、普及させていくプロジェクトです。
妊婦が『マタニティを応援するストラップ』を付けている人に囲まれていたら…
少しだけかもしれませんが、彼女たちが安心したり、子どもを産むことが社会に歓迎されている、と感じたりしてくれるような気がします。

現在、クラウドファンディングを立ち上げ、賛同してくださる方に出資をお願いしております。
なかなか大苦戦しておりますが、ご賛同いただける方は、ぜひご支援ください。

また、無料配布をしていただける団体等も募集しています。
現在、江東区、墨田区、台東区、豊島区、稲城父親の会――等がエントリーしております。

現実の空間で、ひとり一人の優しさや思いやりを可視化させることは、正のスパイラルを生み出すと思います。
ネット上の妊婦や子連れに対するネガティブな批判には、ポジティブな行動で闘う。
​とりわけ、妊娠した女性は、常に闘っていると思います。
さまざまな不安、そして、命がけの出産に向けて。

パパたちも闘いましょう。妻や妊婦と共に。
​社会はそうして良くなる。
そんなムーブメントになればと思います。

マタニティを応援するプロジェクト
https://camp-fire.jp/projects/view/21135

ライター:東京支部 辻亜耶(2017.4.21)


★コメントや「いいね!」でママ達の応援もよろしくお願いいたします^^

★ママそらFacebookページ
http://www.facebook.com/mamasola1

★ママそらサポーター募集中!
http://www.facebook.com/groups/mamasola.supporters/

★ママそら東京Facebookページ
http://facebook.com/mamasola.tokyo

★ママそら東京 サポーター募集中!
https://www.facebook.com/groups/mamasolatokyo/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
亜耶辻

亜耶辻ママそら東京支部

投稿者プロフィール

ママそら東京支部 
親子カフェ il sole マネージャー
小学生男児2人と1歳女児の三児のママ

ママだって、ゆっくりランチやお茶がしたい!ママだって、ゆっくりおしゃべりしたい!そんな子育て期のママの願いを叶える親子カフェを2009年、東京杉並区にOPEN!銀座で腕をふるったシェフの本格イタリアンが楽しめるほか、子連れで参加できるコンサートやおけいこ講座を月20講座以上開催。
食物アレルギー対応において、企業との商品開発や講習会の開催などにも取り組む。
日々、親子さんの笑顔に元気を頂いています。
お母さんの笑顔が家庭を地域を社会をも明るく照らしていけるエネルギーに!
そんなお手伝いをさせて頂きたいと思います^^

親子カフェ il sole FBページ
https://www.facebook.com/oyakocafe.ilsole/

この著者の最新の記事

関連記事

ママそらオリジナル&コラボアイテム

minau

Career Design OSAKA

woman-career-design

注目記事

  1. 12688079_963968327016196_6435026725906075980_n

    ママとキッズの意見が詰まった子ども用レトルトカレーが新登場!

    【ママそら PR企画】 ボンカレーから、大人が食べても満足する子ども用レトルトカレーが誕生! …

最近の投稿

  1. Image-1

    2017-8-18

    ラジオ「カラフルスタイルラボ」プレコンセプションとカラダにいいこと。

    ラジオ「カラフルスタイルラボ」プレコンセプションとカラダにいいこと。 毎週土曜の朝はラジオ「カラフ…
  2. nakajima

    2017-8-18

    中嶋奈美さん ママそら「今日の輝くママ」No.756

    「マイナスをプラスにする力と心からわくわくする感覚を持つこと。」 今日の輝くママは、中嶋奈美さ…
  3. 20403563_1433469433412252_523531914_n

    2017-8-17

    田中仁絵さん ママそら「今日の輝くママ」No.755

    「何事も全力投球すること。」 今日の輝くママは田中仁絵さん。 家族時間をパワーの源に、子…

ママそらTwitter

ページ上部へ戻る