ママが活躍できる社会は、多様な人が活躍できる社会へ繋がる


第3回JDNシンポジウムに参加してきました

こんにちは!ママそら代表の奥田絵美です。
昨日は第3回JDNシンポジウムに参加し学びを深めてきました。

「ダイバーシティは何を変えたのか」

JDN代表理事の内永ゆか子さんの冒頭の挨拶ではモノカルチャーからダイバーシティへのビジネスオペレーションの変化の話がありました。

情報収集・情報発信・コミュニティ、多様な価値観から生まれる新しい発想と価値。
ヒューリスティックモデル。

ママそらはまだまだ小さな会社ですが、これを実現しています。

私が先読みしていたわけでなく、そのビジネスモデルを理解していたわけでもないのですが、夫の不定期な転勤と子育てがあり企業で働くことを諦めなければいけなかった状況から行き着いたんです。

だから話を聞いてとてもワクワクしましたし、ママそらができることまだまだいっぱいあるなーって。

そして何より、内永さんのパワーに圧倒されました。
かっこいい女性です。

内永さんと野田聖子衆議院議員の特別対談や、角界トップの方のパネルディスカッションも興味深く、難しい話もありましたが、そこをどうママたちに応用できるのか、伝えられるかを考えながら聞いいていました。

つながっていきますからね。

政界・経済界の方々が集う懇親会では、私が理事として参画しているウーマンイノベーション協会代表理事のまきさんが登壇。

国や企業のトップに伝わりにくい、女性の声をしっかり届けていくことが私たちの役目だと思っています。

加藤一億総活躍担当大臣にもその想いを伝えてきました^^

私の両親は聴力障がい者です。
多様な人材が活躍できる社会になることを強く願いますし、ママそらがその一助になれるよう頑張ります♡

大臣

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
奥田絵美

奥田絵美ママそら代表

投稿者プロフィール

夫の転勤により孤独で不安な子育てを経験したことから「不安なママを救いたい」とママコミュニティ「ママそら」を設立、半年後に法人化。

「ソーシャルメディア・ラジオ・リアルイベント」の3つを軸に、育児支援・就業支援を行う。北海道から沖縄まで9つの支部を展開中。3年で2万人のコミュニティに成長。

ママのスキルや経験を生かした商品開発・マーケティングなどで大手企業とコラボレーションをしたり、行政と就業支援を行うなど活動の場を広げている。

現在、毎週土曜日にレインボータウンFM「ママそらモーニングcafe」に総合MCとして出演。2015年6月にママの仕事選びのバイブルとなる「新しいママの働き方」(アチーブメント出版)を出版。

この著者の最新の記事

関連記事

私らしい生き方・働き方 LIVLA

LIVLA

minau

Career Design OSAKA

woman-career-design

注目記事

  1. クロスえりなさん <韓国>ママそら「今日の輝くママ」NO.1202

    「子供たちとその時その時を思いっきり楽しみ、一緒に成長する!」 今日の輝くママは、韓国にお住いのク…

最近の投稿

  1. 2020-8-13

    ママそらこども未来館 夏休みスペシャル★博士に直接きいてみよう!こども科学電話相談

    ママそらラジオColorful Style Labは毎週土曜日10時~11時、多様な人が活躍できる社…
  2. 906817DB-2D55-4AE6-8F46-785B58C6F48D

    2020-8-12

    山本えいこさん<三重県>ママそら「今日の輝くママ」NO.1249

    「三方よしの精神で出会いを大切に。」 今日の輝くママは山本えいこさん。
あなたにとって…
  3. 812

    2020-8-12

    高橋茜さん<大阪府>ママそら「今日の輝くママ」No.1248

    「ありのままの自分を受け入れてくれる家族の存在。」 今日の輝くママは自己肯定感コーチと…

ママそらTwitter

過去の投稿

ページ上部へ戻る