稲毛千枝さん ママそら「今日の輝くママ 」No.613


img_8337.jpeg
「子供達の居る場所に居る。」

今日の輝くママは、稲毛千枝さん。
なかなかなりたい人が少なく時間や体力が必要な幼稚園や保育園の役員さん。その時間も子どもたちとの時間と捉え積極的に行事に参加してきたそうです。そんな稲毛さんからの前向きなメッセージをぜひご覧ください(*^^*)

【名前】稲毛千枝(いなげちえ)

【お住まい】 福島県福島市

【お子様】長男12才(小6)・長女9才(小3)・次男3才(年少)

【職業】
専業主婦

【最近嬉しかったこと】
3才の息子が、幼稚園に向かって歩いている時に必ず「ママ大好きだよ」と言ってくれます。少し小さく生まれた息子で同級生よりも成長が遅れているように感じますが、マイペースながらにも着実に中身も成長していて言葉も段々覚えてきました。一丁前にお喋りをしていたり、お姉ちゃんと口喧嘩をしているのを聞くと成長が目に見えるようで嬉しくなります。

それと娘がこの冬から、私が子供の頃10年間通っていたダンススクールに入会する事になりました。他のダンススクールや別な習い事なども見学したりした上で、私と同じスクールを見学した時に即決で「ここがいい!」と言ってくれた事、涙が出る程嬉しくなりました。自分の子供と一緒に踊る事が私の密かな夢でした。実は、不慮の事故で私は踊れなくなり夢は叶わなくなってしまいましたが、娘が同じ場所を選んでくれた事がとても嬉しかったです。楽しそうに踊る娘の姿を見る事がこれからの私の楽しみになりました。
img_8339.jpeg
【輝くママの秘訣】
子供達の居る場所に居る。 殆んどの方々が疎遠してしまう幼稚園や学校の役員ですが、私は自らやりたくて今年度で7年続けてやらせていただいています。子供達がお世話になっている場所に居れる事、子供達のお友達が「○○くんのママだ~」と笑顔で集まってきてくれる事、子供達がお世話になっている先生方と会話が出来る事。帰宅後に子供との会話も弾みます。 「今日は学校に居るからね」と言うと長男も長女も必ずニコニコして「わかった」と答えてくれます。

6年男子の長男、私と身長が同じくなり声変わりをしても、私が学校に居る事を喜んでくれる事が何よりも嬉しくてたまりません。 役員のお仕事は沢山あって楽ではありませんが、それ以上に得るものや嬉しい事が沢山あるので辞められないんです。役員をやらせていただけている事が今の私が頑張れている秘訣の1つだと思っています。

【住んでいる街の好きなところ】
自然豊かな福島市はどの方向を見ても山に囲まれていて、少し車を走らせれば四季をたっぷり味わえる遊び場や温泉が沢山あります。 夫婦揃って生まれも育ちも福島市で、きっとこのまま福島市から出る事はないと思いますが、すごく居心地が良い場所なので満足しています。 最近は県内全域や市内の家族で遊べる宝探しイベントをやっていて、数十年住んでいても知らなかった場所などを家族で巡っていますが神秘的なお寺やうっとりするような景色など沢山あって、改めて福島は良い場所だなと実感しています。
14826272_1116553198429384_953754041_n
【全国のママ&プレママへのメッセージ】
初めての子育てはママも敏感になってしまい細かい事が気になってしまったり、「何で泣いているの?」「何で寝てくれないの?何で?何で?」…と子供と一緒に泣きながら試行錯誤でした。育児本を読んでは、「どうしてうちの子は同じくできないのか」とか、雑誌に載っているような綺麗にしているママが羨ましかったり…。1日1日がとても長く感じてとても辛い時期がありました。

でも、それも今思えばほんの一瞬の出来事だったかのように感じます。今は子供達が赤ちゃんだった頃が懐かしく、赤ちゃんを育児中のママが羨ましいです。年齢を重ねる毎に親子で一緒に居れる時間は減ってきます。私は専業主婦なので、3人共3才までは一緒に居て年少から入園しましたが、もっともっと一緒に居たかったなと思います。その当時は早く預けて自由な時間が欲しいと思っていたんですが、今では長男は来年には中学生になります。部活が始まり今以上、一緒に家に居る時間が短くなってしまうのかと思うと・・・今から寂しくて仕方ありません。子離れの準備もしなくてはいけませんね…。 今のその表情やその動作を見るには今この時しかありません。ぜひ!お子さんと一緒に『今』を楽しんでください。
img_8338.jpeg
【目標・活動など】
不器用ながら、2年程前から趣味でピアス・イヤリング作成をしています。年に数回ハンドメイド展に出店させていただいたり教養講座で講師をさせていただいておりますが、まだまだ勉強中の身です。 出店名『Ra♡ぷてぃたんじゅ』は娘と一緒に考えた名前で、3人の名前のお揃いの文字『ら』に『小さな天使』と言う言葉を足しました。出店時には娘も小さな売り子さんとして手伝ってくれるので、今後も細々と親子で楽しんで行きたいと思っております。

img_8340.jpeg

☆稲毛 千枝Fecebook:https://www.facebook.com/profile.php?id=100004162262435&fref=ts
(メッセージとお友達申請をお願いいたします。)

ライター:福島支部 景井愛実(2016.10.28)

コメントや「いいね!」でママ達の応援もよろしくお願いいたします^^
★ママそらFacebookページ
http://www.facebook.com/mamasola1
★ママそらサポーター募集中!
http://www.facebook.com/groups/mamasola.supporters/
★ママそらふくしまFacebookページ
http://www.facebook.com/mamasolafukushima/
★ママそらふくしまFacebookグループページ 【サポーター参加者募集中】!
https://www.facebook.com/groups/mamasorafukushima/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
景井愛実

景井愛実ママそら 福島支部

投稿者プロフィール

二児の母。福島に生まれ育ち、嫁ぎ先も福島。4世代同居。夫両親と農業を営む。『農家=地域に根差した仕事』。地域のママたちと楽しみながら生きていきたい。

【ママそらふくしま】 
https://www.facebook.com/mamasolafukushima/

【Berry's Garden】
https://berrys-garden.com
農業女子 景井愛実プロデュースの福島発アグリブランド。 
「Pocket of “love berry” time:日常のちょっとしたスキマに、愛、実る時間を。」 をテーマに、クオリティや想いを大事にした日常の一息つけるスキマ時間を幸せに感じられるアイテム・イベント・ライフスタイルを提案。農産物・加工品に加え、農産物を様々なシーンで楽しめるアクセサリー、雑貨など、農に関連したアイテムを幅広く展開し、「可愛い楽しい農」を提案。“あなたのスキマに幸せをお届けしたい”という想いを
ブランドを通じて発信している。

この著者の最新の記事

関連記事

ママそらオリジナル&コラボアイテム

minau

Career Design OSAKA

woman-career-design

注目記事

  1. 12688079_963968327016196_6435026725906075980_n

    ママとキッズの意見が詰まった子ども用レトルトカレーが新登場!

    【ママそら PR企画】 ボンカレーから、大人が食べても満足する子ども用レトルトカレーが誕生! …

最近の投稿

  1. 25181671_1958595331070055_1593831280_n

    2017-12-13

    阪口佳美さん ママそら「今日の輝くママ」No.823

    「できない言い訳を考えるより、やってみたい好奇心を楽しみたいですね。」 今日の輝くママは阪…
  2. Facebook-20171207-112647

    2017-12-8

    下田舞さん ママそら「今日の輝くママ」No.822

    「沢山の人の愛と支えが私の輝こうとする原動力」 今日の輝くママは、下田舞さん。 子育ての…
  3. 24796647_1473572012758384_4151824603621840008_n

    2017-12-7

    ママそら福岡 クリスマス&忘年会 ママ’sコラボスペシャルランチ会

    こんにちは、ママそら福岡の古賀順子です! 雪も時折舞い散る中とっても寒い日となった12月5…

ママそらTwitter

ページ上部へ戻る