須藤有紀さん ママそら 「今日の輝くママ」No.593


 

「無理せず。楽しく。私らしく☆」

今日の輝くママは須藤有紀さん。無理せず。楽しく。私らしく。家族や子どもとの暮らしを今よりもっと心地よくという有紀さん。そんな有紀さんから心温まるメッセージをお届けします。

【名前】須藤 有紀(すどう ゆき)

【お住まい】三重県四日市市

【子ども】長女10歳 次女7歳

【職業】
整理収納アドバイザー smile home代表

【最近嬉しかったこと】
家でゆっくり過ごしていた時に、家族みんなが「家で過ごす時間が一番好き」と笑顔で言ってくれたこと。もう一つは、お客様が生活の変化、心の変化を話してくださり、とびきりの笑顔を私に見せてくれることです。

【輝くママの秘訣】
仕事が大好きだからこそ、自分の時間や家族と過ごす時間をおざなりにせず、大切に過ごすということを第一に考えています。そのために子ども達の長期休みには仕事をペースダウンし、子どもと一緒にお休みを満喫したり、いつも私が、大切にしたいモノ・人・私自身を大切にするために何をすべきか、何がしたいのかを考えるようにしています。
smile homeのキャッチフレーズである「無理せず。楽しく。私らしく。家族や子どもとの暮らしを今よりもっと心地よく」というのが、私自身の生きる軸になっているように思います。

【住んでいる街の好きな所】
四季を感じることが出来る南部丘陵公園や、コンビナートの夜景、万古町にある蒸しパン屋「月の温」などスポット的に好きな場所もたくさんありますが、散歩したりドライブしたりした時に山や海を近くに感じられ、この町が好きだなあと一番感じます。

【全国のママ&プレママへのメッセージ】
仕事がら多くのママに出会わせてもらっていますが、皆さん本当に毎日頑張ってみえると思います。でも、ママも失敗することだってありますし、感情的に怒ってしまう時もあります。もちろんやる気が出ない日だってあります。だからこそ完璧を求めるのではなく、そんな自分自身もOKと受け入れてみてください。部分的にいろんなことを見るのではなく、全体を見渡せば心が楽になれることがたくさんあるはずです。

我が娘たちも「お母さんは、怒りん坊だし、忘れん坊だし、寝てばっかり」と笑顔で言い、それでも「お母さん大好き!」と言ってくれるのでそれでいいかなと思っています。子育てをしているといろんな事がありますが、疲れたら「ぎゅーさせて」とぜひ子どもに頼んで抱っこさせて貰って下さい。何よりも癒しタイムになりますよ。

【今後の目標】
元々は整理収納も片付けも苦手だった私ですが、子どもが生まれ子育てと家事に追われ自分の時間が減っていく中で、少しでも家事の時間を短縮し、子どもとの時間を持ちながら自分の時間もしっかりと持ちたいと思ったことが、整理収納に足を踏み入れるきっかけとなりました。現在は、個人のお客様宅に伺いアドバイスや作業をさせて頂いたり、企業様やイベントなどでセミナーをさせて頂いたりという活動を行っていますが、原点にある「子どもとの時間」を意識しながら、お客様にもご理解頂き予約を入れて頂いています。

声を掛けて頂いた仕事をお断りしなくてはいけない時などもっと働きたいと、もどかしく思う時もありますが、仕事を始めたときに自分の中で抱いた「子どもの成長と共に広がっていくイメージ」で仕事の幅を広げ、子どもと共に母としても成長していきたいと思っています。


【smile home HP】 http://sudoyuki.com/

ライター:三重支部 岡田聖子(2016.9.7)


コメントや「いいね!」でママ達の応援もよろしくお願いいたします^^
★ママそらFacebookページ
http://www.facebook.com/mamasola1
★ママそらサポーター募集中!
http://www.facebook.com/groups/mamasola.supporters/
★ママそらみえfacebookページ
http://www.facebook.com/mamasolamie
★ママそらみえサポーター募集中!
http://www.facebook.com/groups/mamasola.mie/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
岡田 聖子

岡田 聖子ママそらみえ支部代表

投稿者プロフィール

三重県鈴鹿市在住。1児の母。ママそら三重支部代表。NPO法人shining代表理事。ゆめのたね放送局パーソナリティ。介護支援専門員。
古代遺跡が大好きでバックパーカーしていた時にタイの孤児院で知り合ったタイ人の親友がスマトラ沖地震で被災し、音信不通となる。彼女と約束した「子育て支援に情熱を注ぐ」を決意する。
老人保健施設で働く傍ら、忙しいママが子育てをしながら輝けるよう2014年6月NPO法人shiningを同じ志を持った仲間と設立。
2015年、出産後より心のよりどころとしていた、ママそらにかかわってみたいと、ママそら100人プロジェクト5期生として学ぶことを決意。
2016年4月よりママそら三重支部代表となる。三重から全国に、全国から三重にママの繋がりを作っていく。
今後の目標は、ママが安心してくつろげ、地域の人々が気軽に交流できる、第3のおうちを作ることに力を注ぐ。そして、書と三重の伝統文化をコラボした商品を全国に発信すること!

この著者の最新の記事

関連記事

ママそらオリジナル&コラボアイテム

minau

Career Design OSAKA

woman-career-design

注目記事

  1. 12688079_963968327016196_6435026725906075980_n

    ママとキッズの意見が詰まった子ども用レトルトカレーが新登場!

    【ママそら PR企画】 ボンカレーから、大人が食べても満足する子ども用レトルトカレーが誕生! …

最近の投稿

  1. 35841614_1008941849261816_27740841577545728_n

    2018-6-22

    ラジオ「こども未来館スペシャル☆プログラミングから宇宙まで」

    【こども未来館スペシャル~プログラミングから宇宙まで】 ママそらラジオColorful S…
  2. img_0608.jpg

    2018-6-22

    菅原瑠美さん ママそら「今日の輝くママ」No.915

    「今日ダメだったら明日、変えよう!」 今日の輝くママは、菅原瑠美さん。お子様は1歳、3歳と…
  3. 35164829_1662382877210629_7782325073557323776_n

    2018-6-21

    中園 恵子さん ママそら「今日の輝くママ」No.914

    「自分自身が何よりも心から「幸せ」と思える自分でいること。」 今日の輝くママは中園恵子さん…

ママそらTwitter

過去の投稿

ページ上部へ戻る