離婚の危機も!?苦手な男性の行動・性格 ラジオ「押切もえのDOKIDOKI DISCOVERY」放送レポ


ママそら代表奥田絵美が文化放送「押切もえのDOKIDOKI DISCOVERY」に出演。放送の様子とママそらのみなさまにご協力いただいたアンケート結果を発表します!

押切もえのDOKIDOKI DISCOVERY

押切もえ

文化放送で毎週日曜日に放送している押切もえさんがパーソナリティの「押切もえのDOKIDOKI DISCOVERY」。
心踊る楽しいこと・興味深いことを探求するラジオ番組です。

8月14日(日)放送のテーマは「苦手な男性」。

今回ご縁と奇跡が重なり、女性の声をまとめて届ける役として私、奥田に声がかかりました。
ご連絡いただいたのが放送2週間前。
アンケート募集期間は3日。
しかもテーマは「苦手な男性」。

できるのか?と一瞬だけ怯みましたが、こんなチャンスは滅多になーーい!押切もえちゃんに会えるならやるしかなーーい!とお引き受けしたのでした。

ドキドキHOTワード!苦手な男性

奥田絵美

押切もえちゃんとアルコ&ピースの平子さん・酒井さん。

男性の前で男性の苦手なところを話すのは勇気いりました。
だってママそらのママたちの回答がリアルだし、厳しいんだもの。笑

でもストレートに伝えてまいりました!

苦手な男 ワースト3

苦手な男
(回答者数 200名)

1位 体臭・口臭がきつい
2位 清潔感がない
3位 食べ方が汚い

20の項目で当てはまるものすべてを選んでくださいとうい設問だったのですが、ママそらのみなさん、厳しい。チェックつけすぎですから( ̄▽ ̄)

上位3位は全体の約70%の方が苦手だと思っているという結果に。
アルコ&ピースのお二人もこの結果に理解を示しながらも、「でも付き合いが長くなってからの安心感や慣れがそうさせることもあるよね」という感想をいただきました。うん。確かに。

この男性無理!と感じたエピソード

・20代女性
私のアパートに来るたびに、必ずどこか一カ所を掃除した元彼。電子レンジの上、洗面台の鏡、洗濯機の洗剤投入口…細い秋ところを見つけて無言でスッと掃除して回る様子が無理で結局お別れしました。

・30代女性
夫のことですが、クチャクチャ音を立てて食べるのは目を瞑るようになりましたが、夫の実家で食事をしていたら家族全員が貧乏ゆすり!なにかのセッションか?と思いました。

80を超える様々なエピソードの中からもえちゃんが2つピックアップしご紹介しました。
アルコ&ピースのお二人からは、「清潔感がない男がワースト2で、綺麗好きな男が嫌とはどういうこと??」と突っ込まれました。
女性によって快適ゾーン・許せるゾーン・無理ゾーンはそれぞれですよね。

夫に対して無理!と思った事柄がある?

夫 無理
(回答者数 178名)

既婚者の52.3%が夫に対して無理!と思ったことがあると回答

意外と多いです!YESと答えた方にさらに聞きました↓

無理!と回答した方へ 離婚を考えたことはある?


(回答数 94名)

結婚後、無理!と思った事柄が原因で離婚を考えたことがある女性は50%

離婚を考えただけではなく離婚したという方もいました。YESと答えた方にもう少し深く聞きます↓

その原因を本人に伝えている?

離婚の原因
(回答数 94名)

無理と思っている原因を伝えられている女性は54.3%

衝撃的な結果が続きました。
結婚して一緒に生活するようになって見えてくる嫌なところってありますよね。それが原因で離婚を考えていたり実際離婚したり。また思っていてもなかなか言い出せないケースも少なくないようです。

これは女性から男性だけではなく、逆もまた然り。

奥田家も「妻は専業主婦でいてほしい綺麗好きな亭主関白の夫」だったのでこんなはずじゃなかったと思ってるはず。。
お互い話しやすい環境を作るのが大切だよねーという話でまとまりました。

ちなみに、愛妻家の平子さん「我が家には当てはまらない。世界で25位、アジアで1位愛し合っている夫婦だから」と定番の愛妻家発言。私も見習います。。

無理!と思った事柄を改善したり乗り越えた先輩たち

・夫の体臭がきになるので、食事で時間をかけて改善しました。
・夫の好きなところや交際時代に魅力を感じていた部分を再度意識するようにしたら乗り越えられました。
・今思えば、産後クライシスだったのかも。。時間が解決してくれました。

他人だったら、極力関わらないようにすればいいのですが、夫や家族だとそうもいきませんよね。無理!と思っても諦めずに改善する方法も併せて考えたいですね。

ママそらアンケート
回答期間:2016年8月9日〜8月11日
回答者:10代〜50代 200名(内既婚者178名)
全回答はこちら → https://questant.jp/s/FCVUITS0

アンケートにご協力いただいたみなさまありがとうございます♡

私が出演したのは10分程度でしたので、上記内容をギュギュッとお伝えしました。
その後もみなさまのアンケートを元に巣鴨の人生の達人方へのインタビューや心理的・科学的視点での解説など興味深い内容で番組は進行しました。

番組でご紹介できたのは一部だけですが、共感する回答や面白い回答、参考になる回答がたくさんありましたのでこちらで公開しています→https://questant.jp/s/FCVUITS0

出演者や番組制作のみなさまも、ママそらのみなさまにアンケートにご協力いただいたおかげでいい番組ができたと喜んでいらっしゃいました。

私たちの経験や思いがこうやって役にたったり、社会に声を届ける機会になったりすることは嬉しいことですよね。

今回は急なお願い&答えにくいテーマだったとは思いますが、ご協力いただけたみなさまに感謝です♡
本当にありがとうございます!

今後もこのような機会が増えて行くと思いますので、引き続きどうぞよろしくお願いいたします!

最後になりましたが、文化放送のいりやまさん、押切もえさん、アルコ&ピースの平子さん・酒井さん、Happyだんばらさん、番組制作のみなさま、素敵な機会をありがとうございます!またご一緒できる日を楽しみにしています!

奥田絵美

もえちゃん、素敵すぎました(≧∇≦)♡

2016年8月15日
ママそら代表 奥田絵美

★番組HPにも放送後記アップされています!併せてご覧くださいね↓↓

押切もえhttp://www.joqr.co.jp/doki/

文化放送

★ママそらの最新情報や人気の記事を週に1度メールでお届けします!

・ママそらの最新情報
・イベント先行案内
・ママそら商品開発部メンバー募集・モニター募集
・最近の注目記事・人気記事
・ママそらスタッフここだけの話
登録はこちら↓
ママそらメールマガジン登録
https://24auto.biz/mamasola/touroku/mamasola_melmaga.htm


奥田絵美代表著「新しいママの働き方」
新しいママの働き方と200名のリアルなママの声がギュッと詰まった1冊。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
奥田絵美

奥田絵美ママそら代表

投稿者プロフィール

夫の転勤により孤独で不安な子育てを経験したことから「不安なママを救いたい」とママコミュニティ「ママそら」を設立、半年後に法人化。

「ソーシャルメディア・ラジオ・リアルイベント」の3つを軸に、育児支援・就業支援を行う。北海道から沖縄まで9つの支部を展開中。3年で2万人のコミュニティに成長。

ママのスキルや経験を生かした商品開発・マーケティングなどで大手企業とコラボレーションをしたり、行政と就業支援を行うなど活動の場を広げている。

現在、毎週土曜日にレインボータウンFM「ママそらモーニングcafe」に総合MCとして出演。2015年6月にママの仕事選びのバイブルとなる「新しいママの働き方」(アチーブメント出版)を出版。

この著者の最新の記事

関連記事

ママそらオリジナル&コラボアイテム

minau

Career Design OSAKA

woman-career-design わかものキャリア・デザイン

注目記事

  1. 12688079_963968327016196_6435026725906075980_n

    ママとキッズの意見が詰まった子ども用レトルトカレーが新登場!

    【ママそら PR企画】 ボンカレーから、大人が食べても満足する子ども用レトルトカレーが誕生! …

最近の投稿

  1. 1

    2017-7-25

    結城実喜さん ママそら 「今日の輝くママ」No.741

    「自分のための時間と、人のための時間をもつこと」 今日の輝くママは、結城実喜さん。 …
  2. 2017-7-24

    五十嵐あゆみさん ママそら「今日の輝くママ」No.740

    「少しの勇気で未来を切り開く!」 今日の輝くママは、ドイツミンデン在住の五十嵐あゆみさん…
  3. 20206217_1391984490884762_578859731_n

    2017-7-21

    ラジオ「Colorful Style Lab」夏本番!旅の必殺技、サマーメーク術

    ラジオ「Colorful Style Lab」夏本番!旅の必殺技、サマーメーク術 毎週土曜日の朝は…

ママそらTwitter

ページ上部へ戻る