遠藤千夏さん ママそら 「今日の輝くママ」 N0.575


Facebook-20160718-112043

「今の私がいるのは皆のおかげ。1人で抱え込まず人と比べないことが大切!」

今日の輝くママは、遠藤千夏さん。
辛い時期に支え助けてくれた家族、友人。この時改めて助けてくれる人たちの存在に気づき頑張りすぎていた自分を認めることができたという遠藤さん。子ども達の笑顔と周囲の協力に感謝しながら、家事と育児、お仕事に励まれる遠藤さんからのメッセージをどうぞご覧ください☆

【名前】遠藤 千夏 (エンドウ チナツ)

【お住まい】福島県須賀川市

【お子さんについて】2人の女の子(5歳と3歳)

Facebook-20160718-112116

【職業】
土木測量系会社の事務・CADオペレーター

【最近嬉しかったこと】
子ども達が元気いっぱいの笑顔を見せてくれる事。朝、戦力外の私に代わって主人が子ども達の食事や幼稚園の支度を担当。「幼稚園行事も今しかできない事だから」と積極的に参加してくれる事が嬉しいし子ども達も喜んでいるのでとても感謝しています。
Facebook-20160718-112124

【輝くママの秘訣】
笑顔とありがとうを忘れないことと、子どもに大好きを沢山伝える♡イライラのもとになる不眠、空腹、疲労はなるべく早く解消する!そして自分の意見をしっかり持つこと。

【住んでいる街の好きなところ】
住んでいる地域は緑豊かな田舎で、少し車で走れば公園も沢山ありウルトラマン達が街中にいる所。(須賀川市はウルトラマンの生みの親、円谷英二さんの故郷です)

【全国のママ&プレママへのメッセージ】
私の家族は、主人と2人の娘、私の両親の6人。私は一人っ子で、母親が専業主婦の家庭で育ちました。それもあり、子どもが小さいうちは、ずっと一緒の時間を過ごしたいなぁと思っていましたが、周りの勧めもあり育休を取得し仕事を継続。皆もできているから私もできるはずだ!と思っていましたが、次第に仕事への責任と子育ての狭間でとても苦しくなりました。

自分の不器用さ、三歳児神話に対する後ろめたさ、思い描いていた母親像とかけ離れていて落ちこむ毎日。泣いてばかりで家族や友達にも沢山支えてもらっていた時期、娘の幼稚園の先生と面談があり相談すると、笑顔で『お母さん大丈夫ですよ』と言ってもらえ、とても救われたことを今でも覚えています。
こんな素敵な先生達に包まれていたら子ども達は幸せだろうな…と思ったら、自分自身を見失ってる事に気づきました。そして、笑顔を取り戻す為10年勤めた会社を退職。するとストレスがなくなり半年でとても元気になった私。毎日笑顔で、子ども達と楽しい時間を過ごしました。

この事をきっかけに、甘える事が下手でいつも強気だった私が助けを求める事を学び、周りには助けてくれる人が沢山いることに改めて気づき、今の私がいるのは皆のおかげ!1人で抱え込まない!人と比べない!私は私だ!この子達の笑顔は本物だから私の愛情は伝わっている!とだんだん前向きに考えられるように☆

そして、せっかくだから新しい事に挑戦したい!と、全く未経験の業種に飛び込みました。現在の職場は子育てに理解があり「家庭あっての仕事だよ!」と、休みも取りやすく、子ども達の平日の行事も参加できるようになりました。
Facebook-20160718-112107
仕事も家庭も子どもも大人も、良い関係を築くにはコミュニケーションが取れている事が前提なのでそこだけは丁寧にしています。
幼稚園から帰ってきた娘達は、私の母が見ていてくれています。主人ともほとんど休みが合いませんが、いつも子ども達を優先に考えて主人1人でも買い物や遊びに連れて行ってくれます。家族の協力があり生活できている事を感謝しています。

母親は子どもあっての生活なので、仕事を始めたくても悩む事も多いと思います。まずは、面接でその不安を素直に話したら良いと思います。母親であることは不利ではありません。諦める前にまず行動!周りに協力を求めて勇気を出して一歩踏み出し、少しでも状況を変える事が大事だと思います。

【フリー記述】
母親になってもできる事を楽しむ!自分の気持ちを整理する為にも、気の合う友達と話す事と趣味は最大の息抜き☆子どもとの会話もケンカも、自分の想いをぶつけてくれるのが嬉しい!主人とも親バカトークや、お互いの想いを語り合っています。
趣味は手芸でヘアゴムや移動ポケットなどを手作りしたり、ビーズアクセサリーを子ども達と一緒に作って『かわいいね♡』と女子同士で共感しあえるのは幸せです♪
Facebook-20160718-112134
そして、自分の名前を大切にしたいです。名前を呼んでもらえるって幸せな事、一回でも多く呼ばれる人生でありたいと思うと同時に、子ども達にも名前を好きになってもらえたら嬉しいです。自分らしく生きて欲しいので、それを全力で応援していきたいと思っています。

ライター:福島支部 添田麻美 (2016.7.22)

 


コメントや「いいね!」でママ達の応援よろしくお願いします☆

★ママそらFacebook
http://www.facebook.com/mamasola1

★ママそらサポーター募集中!
http://www.facebook.com/groups/mamasola.supporters/

★ママそら☆ふくしま
https://www.facebook.com/mamasolafukushima/

★ママそらふくしまグループページ(サポーター募集中!)
https://www.facebook.com/groups/mamasorafukushima/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
添田 麻美

添田 麻美ママそら 福島支部

投稿者プロフィール

福島県在住の5歳男の子のママ。赤ちゃんヨガ&ベビーマッサージ、親子向けアロマクラフト講座、マタニティケア等、女性の産前産後のケアサロン【カラコロ~福島の親子ふれあい教室~】運営。ママライフコーディネーターとしてイベント企画、講演等の活動も。
福島の前向きで素敵なママたちにもっと楽しんでもらいたい!学びの場を作りたい!という想いから、2015年ママそら100人プロジェクトの5期生として学ぶことに。
全国に福島の魅力と素敵なママ達の笑顔を届けます☆

この著者の最新の記事

関連記事

minau

Career Design OSAKA

woman-career-design

注目記事

  1. 12688079_963968327016196_6435026725906075980_n

    ママとキッズの意見が詰まった子ども用レトルトカレーが新登場!

    【ママそら PR企画】 ボンカレーから、大人が食べても満足する子ども用レトルトカレーが誕生! …

最近の投稿

  1. 36236440_1681641105284806_4414480009461235712_n-630x473

    2018-8-16

    水上 里美さん ママそら「今日の輝くママ」No.944

    「やりたいと思ったらやってみる! 」 今日の輝くママは…
  2. 2018-8-15

    松田伸代さん ママそら「今日の輝くママ」No.943

    「今は子供たちと人生を!喜怒哀楽を!共有したいと思いながら過ごしてます。」 今日の輝く…
  3. 2018-8-13

    中尾奈津子さん ママそら「今日の輝くママ」No.942

    「子育ては頑張りすぎず、少し肩の力を抜いてなんとかなるさぐらいの気持ちでいることが大事だなと思い…

ママそらTwitter

過去の投稿

ページ上部へ戻る